タワー・オブ・テラー身長制限や限定ツアーまとめ!

ディズニーシーのタワー・オブ・テラーの身長制限や限定ツアーについてまとめました!

dis_033

ディズニーシーの大人気アトラクションのタワー・オブ・テラー。

このタワー・オブ・テラーの舞台となる時代は1912年のニューヨークのとあるホテル「ホテルハイタワー」。

1899年に起きたオーナーの謎の失踪事件より閉鎖され、恐怖のホテルと呼ばれたホテルハイタワーで開かれたニューヨーク市保存協会開催の見学ツアーにゲストの皆さんは参加し、さまざまな超常現象を体験する、東京ディズニーリゾート唯一にして最恐のフリーフォール型アトラクションです。

スポンサードリンク

タワー・オブ・テラーのエリアは?

アトラクションは入り口からほど近いアメリカンウォーターフロントにあります。高い建物なので地図を見なくてもすぐに見つけることができるかと思います。

dis_032

常に混雑していますので、園内に入ったら早めにファストパスを取ることをお勧めします。

タワー・オブ・テラーの身長制限について

残念ながらタワー・オブ・テラーは102cm未満のお子様と妊娠中の方、お年寄りは乗れません。

ただ、上記の方や、更に細部まで見たい方向けに30分ほどのタワー・オブ・テラー見学ツアーも実施されています。

タワー・オブ・テラーのキャストに直接聞くと予約ができますが、人気のため、休日は受付終了となることもあるので、ご興味がある方は早めに予約を取るとよいと思います。

タワー・オブ・テラー概要

ホテルの入り口に入ると最初に目に入るのがロビーにある無残に壊れたエレベータです。

その横を通り、ホールのようなところに通され、ホテルの創業者であり行方不明となったハイタワー3世について説明を聞きます。

当時のオーナーハイタワー3世は世界中から貴重な骨董品を収集することが趣味であり、呪いの偶像と呼ばれる「シリキ・ウトゥンドウ」を手に入れる。その呪いを軽視したため、ハイタワー3世が乗ったエレベータは落下。

しかし落下したエレベータからハイタワー3世は見つからず、その後ホテルは閉鎖。

恐怖のホテルと呼ばれるようになったとのこと。

入り口で見た壊れたエレベータは正にそのエレベータということでした。

その後ホテルの中のコレクションを見て周り、最後にエレベータに乗って頂上のハイタワー3世の部屋に向かいます。

エレベータの中では様々な不思議なことが起こりますので是非ご自身で体験してください。

スポンサードリンク

絶景を拝めるタワー・オブ・テラー

なお、タワー・オブ・テラーの頂上では一瞬ですが園内を見渡すことができ、天気がいいとスカイツリーまで見ることができます。

昼間も良いですが、夜のライトアップされた園内がとても幻想的で綺麗なのでお勧めです。

運が良いと花火も見ることができるという噂ですが、チャンスは5分ほどのようです。もし機会があればチャレンジして下さい。

いかがでしょうか。タワー・オブ・テラーは今ではセンター・オブ・ジ・アース、インディージョーンズ・アドベンチャーと並ぶ東京ディズニーシーの看板アトラクションです。

ディズニーシーに行かれる際には勇気を出して是非足を向けてください。

スポンサードリンク

プーさんのハニーハント攻略・待ち時間!初心者や親子連れ向けディズニー情報!

ミッキーのフィルハーマジック概要・待ち時間!初心者や親子連れ向けディズニー攻略情報!

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター攻略・待ち時間!初心者や親子連れ向けディズニー情報!

ウェスタンリバー鉄道の待ち時間や汽車の種類まとめ!身長制限など!家族向けディズニー情報!

スティッチ・エンカウンターで会話しやすくするには?待ち時間など!ディズニー情報!