育児パパの手探り奮闘記

家事・育児について、素人同然(それ以下)の管理人が、役立った情報や失敗談などをお伝えしていきます!

バンド経験もある、写真撮影が趣味の綾野剛!デビュー経緯とドラマ出演歴は?

多才な才能で存在感を示す、綾野剛

ayano

綾野剛さんといえば、ドラマのなかでも個性的な役を演じることで有名ですよね。

大ヒットした主演映画 「日本で一番悪い奴ら」 の主演でも話題になりました。

真面目な警官がやがて裏社会に入り込み、堕ちていくまでを見事演じ切りました。

俳優としても名をはせている綾野剛さんですが、実はバンドでボーカルやギター、作詞作曲をしていたことも。

mr.a (ミスター・ドット・エー)というバンドで、残念ながら現在CDは販売されておらず、非常に入手が難しいようです。

また写真を摂るのが趣味とのこと。

雑誌で掲載していた事もあるそうです。

色々な活動を通して、演技の幅も広がっているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

綾野剛のデビューのきっかけ

そんな綾野剛さんの、デビューのきっかけとはというと。

綾野剛さんは岐阜県出身。

高校卒業と同時に上京、その後モデルなどを経て、2003年に仮面ライダー555で俳優デビューしました。

最初俳優になるつもりは無かったようようなのですが、きっかけはスカウトされたこと。

オーディション合格後、監督と真剣に向き合っているうち、俳優にのめり込んでいったそうです。

スポンサードリンク

綾野剛、今までの主な出演ドラマ(テレビ作品)と視聴率

<2003年>
仮面ライダー555(澤田亜希役)11.6%

<2009年>
 Mother(浦上真人役)12.9%

<2011年ー2012年>
 カーネーション(周防龍一役)19.1%

<2013年>
 八重の桜(松平容保役)14.58%
 最高の離婚(上原諒役)11.78%
 空飛ぶ広報室(空井大祐役)15.3%

<2014年>
 S-最後の警官ー(蘇我伊織役)14.2%

<2015年>
 コウノドリ (主演)鴻鳥サクラ役11.4%

様々な役を演じ切る綾野剛

デビューのきっかけはスカウト、オーディション合格など、イケメン俳優の王道といった感じですが、その後、ドラマや映画で脇を固める重要な役で、綾野剛さんに注目された方も多いかと思います。

2009年のドラマMotherでは、芦田愛菜ちゃん演じる女の子を虐待するという怖い役で話題になりました。

その後、NHK連続テレビ小説カーネーションで、尾野真千子演じる主人公の恋の相手で一気にブレイク。

このことをきっかけに、映画・ドラマへの出演が相次ぎ、注目株として世間に認知されましたね。

ここ最近では、園子温監督の新宿スワンでAVスカウトマン役、64-ロクヨン-、ヘルタースケルター、GANTZ、クローズZEROⅡ、日本で一番悪い奴らなど、話題の映画に次々と出演されています。

特に、日本で一番悪い奴らは、ピエール瀧・リリーフランキー主演で話題を集めた映画、凶悪の監督、白石和弥とタッグを組んだ主演作品。実在の人物をモデルした警部役で注目されました。

真面目な警官が、周りの悪徳刑事などに巻き込まれ、次第に自らも堕ちていく様を見事演じ切り、綾野剛さんの代表作になりました。

声優としても活躍の幅を広げる綾野剛

実は大のファイナルファンタジーファンの綾野剛さん。

そんな大好きなファイナルファンタジーの映画で声優もつとめています。

大好きな作品だからこそ、いつも以上に役に入り込めるよう努力したそう。

色々な一面を持つ綾野剛さん、今後、どのような活躍をするのか目を離せませんね!

スポンサードリンク

-芸能人