北斗の拳ネタバレあらすじ感想まとめ

北斗の拳のネタバレあらすじ感想についてまとめました!

comic_19

今回ご紹介するのは『北斗の拳』。

日本を代表するハードボイルドアクション、男の漫画ですね。

原作は武論尊、漫画は原哲夫、1983年から1988年まで週刊少年ジャンプで連載されました。

1980年代のジャンプを牽引した漫画の一つです。

「北斗の拳」あらすじ

舞台は西暦199X年、核戦争後の荒廃した地球。人類は飢餓に苦しみ、国家は死に絶え、暴力が支配する世界。

一子相伝の北斗神拳の伝承者であるケンシロウは、シンという男に許嫁であるユリアを奪われ、胸に七つの傷跡を残されてしまいます。

ユリアを取り戻し、最大のライバルである実兄ラオウを倒すべく、ケンシロウは仲間であるリンやバットとともに旅へ出る…というお話。

厳密にいうと、これは第一部のあらすじです。ラオウを倒した後も話は続くのですが、物語的に第一部がピークではと思うので、のちのあらすじは割愛します。

北斗の拳の魅力

この漫画の魅力はまず、世界観でしょう。

核戦争後ということで、地球は荒廃しまくっているわけですが、そのハードボイルドな感じが、なんだかかっこいい。

登場する乗り物なんかも、やたらとケバケバしいんですが、魅力的なんですよね。

この世界観はあの「マッドマックス」にもオマージュされたことで有名ですね。

そして、なんと言っても魅力的なキャラが見逃せません。

ケンシロウとユリアの身代わりになって被ばくしてしまうトキ。

そして悪役として描かれてはいますが、本当はとてもいいやつなラオウ…。

北斗の拳って読んでみるとわかるんですが、ラオウにしてもサウザーにしても、悪役が本当はいいやつだった、というパターンが多いんですよね。

その設定が、悪役たちをさらに魅力的にしています。

意外とギャグ色が強い北斗の拳?

また、隠れたギャグ性が強いのも魅力の一つです。たとえば、悪役たちの断末魔。

死ぬときに「ひでぶ」とか「あべし」って叫んで死んで行ったりします。

なにそれと突っ込みたくなるセリフですよね笑

そして、私の一番のお気に入りが、トキがケンシロウとユリアを爆風から守るために、人がいっぱいになったシェルターに2人を押し込めて扉を閉めるシーン。「

もうシェルター内はパンパンで、2人しか入れない」と言われて、トキは自らが犠牲になるわけですが、よーく画を見てみると、明らかに隙間がある。

絶対にトキが入ることの隙間があるんですよ笑

ほかにも同じような突っ込みどころが多々あります。そんなギャグ性も、北斗の拳を名作たらしめる所以かもしれません。

連載終了から約30年を経てもなお愛され続ける名作、北斗の拳。

最近では少なくなった劇画調の作品なので、逆に新しささえ感じます。

ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

その他の注目関連情報はこちら
ピッコマは超おすすめ無料マンガアプリ!「待てば¥0」やコミックのチケットについて!

進撃の巨人漫画ネタバレ感想あらすじまとめ!実写化やアニメ化もされた超人気コミック!

新宿セブンのドラマ原作コミックが無料!ピッコマであらすじと感想、少しネタバレ!

ピッコマ 待てば0円のオススメコミックはこれだ!無料でたくさん読めるマンガアプリ

寄生獣 漫画のあらすじネタバレ感想!アニメ・映画化もされたコミック!ミギーは人気?