電車好きな子供におすすめ絵本「せんろはつづくどこまでつづく」

電車好きな子供におすすめな絵本「せんろはつづくどこまでつづく」についてご紹介します。

ehon_007

「せんろはつづくどこまでつづく」は鈴木まもるさんの絵本で、「せんろはつづく」「せんろはつづく まだつづく」に次ぐシリーズ3作目です。

電車好きの息子が、ちょうど「連結」という単語を覚え始め、プラレールを自分で作り始めた3才くらいにどハマリした絵本になります。

電車好きにおすすめの一冊です、お子さんが電車好きなら絶対気に入る絵本です!

スポンサードリンク

「せんろはつづくどこまでつづく」あらすじ

絵本「せんろはつづくどこまでつづく」のあらすじは線路と線路をつなげて列車を走らせていき、ページをめくるたびに出会う新しい列車たちをどんどんつなげて、どんどん走っていく、そんなお話です。

出てくる列車は機関車、新幹線、貨物列車、ディーゼル、ブルートレインなど、子供が大好きな列車ばかりで、現実的には機関車と新幹線は連結しないだろう、とか貨物とブルートレインが連結はおかしくない??などと大人脳では一瞬違和感を感じるのですが、読んでいるうちに、子供がいつも遊んでいるプラレールの景色と重なって見えてきて、だんだん違和感がなくなってしまいました。

そういう意味では「せんろはつづくどこまでつづく」は非常にうまくできた絵本だと思います。

また、それぞれの列車の特徴がお話の中に上手に盛り込まれていて、適材適所に力を発揮する列車たちが愛おしくなります。

息子はこの絵本がお気に入りの時は、自分の持っているプラレールを出してきて、同じように連結させて遊んだりしていました。

風景の中に描かれる野原や動物、花も丁寧に描かれていて、絵本の本筋とは関係ないのですが、ついつい「ウサギさんも走ってるねー」などと話ながら読み進めてしまいました。

電車以外にも色々描かれているのは親子で会話のコミュニケーションをとるにあたってもいいと思います。

スポンサードリンク

見どころがたくさんある「せんろはつづくどこまでつづく」

中盤、レールが途切れてしまい、線路工事をする所があるのですが、ここが息子のお気に入りページで、いつまでもこのページを開いては空想の世界に入って、線路工事を楽しんでいました。

この線路工事は鉄橋、トンネル、駅、分岐、ふみきり、とプラレールで見たことのあるアイテムが盛りだくさんなので、いつまで見ていても飽きなかったようです。

また、線路工事の完成したページでは、指をつかって、何週も何週もぐるぐるぐるぐる電車を走らせているごっこをして上機嫌で遊んでいました。

最後、列車はターンテーブルに入ってきて、回転台をつかい車庫に入って終わるのですが、列車ひとつづつ、それぞれ切り離して車庫にいれる、というのが本当に電車好きの子の気持ちをわかっているなぁ、と感じました。

電車好きの子の夢がめいっぱい入った絵本です。

本当にやさしい穏やかな色彩で描かれた絵本で、すみずみまで丁寧に描かれているので、大人が読み聞かせていても、ついうっとりと見入ってしまうページもあり、おすすめです。

子供だけでなく大人も惹きこむよくできた絵本の「せんろはつづくどこまでつづく」、是非おすすめです!

スポンサードリンク

その他の絵本情報はこちら
1歳2歳のお誕生日プレゼントにおすすめの絵本「おさかなちゃんのぴんぽ~ん」世界中で愛される名作!

親子のコミュケーションにも役立つ絵本「ゴリラのおとうちゃん」感想あらすじ!パパへのおすすめ作品!

管理人超絶賛名作おすすめ絵本「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」何度も読める仕掛け絵本!

1歳からおすすめロングセラー絵本「しろくまちゃんのほっとけーき」色々学べる素敵な作品!

バムとケロのそらのたび 2歳から読める大人も楽しい絵本!学びと発見がたくさん!