テーマがいっぱい詰まった「ねこのピートだいすきなしろいくつ」

絵本「ねこのピートだいすきなしろいくつ」についてまとめました。

ehon_009

子供にも身近でわかりやすい存在であるねこが登場する絵本です。

色んなテーマが詰められている本なので、色んな事を考え想像する事ができると思いますよ!

スポンサードリンク

「ねこのピートだいすきなしろいくつ」あらすじ

ピートと言う名前のねこがいて、ピートは真新しい白いスニーカーを履いて、いろんな場所にお出掛けします。

しかし、いちごの山に登ったり、ぶどうの山に登ったり、泥んこ道を歩いたり、水びたしになってしまったりして、ピートの大好きな白いスニーカーは、赤や青、泥だらけやびしょぬれにと、次々に汚れたり色がついたりしてしまいます。

でも、ピートはいつも前向きで決して泣いたり、諦めたりと悲観的な気持ちをいっさい持ちません。

それどころか、お気に入りの歌をうたって、どんどんと前に進んで行くと言うストーリーです。

スポンサードリンク

「ねこのピートだいすきなしろいくつ」に込められたテーマ

この絵本はさほど長いお話ではありませんし、文字数も少なく大きくて読みやすいですが、伝わるもの、感じ取るものがたくさんあります。

絵本の中では大切にしているものを”白いスニーカー”で表していますが、人それぞれに大切なものがあり、その大切なものが汚れたり、自分の進む道をはばむ出来事があっても、いつも前を向いて”これはこれで、最高なのだ”とプラス志向に考えれば、毎日が楽しいと言うメッセージを実に分かりやすく、そして楽しく伝えてくれている絵本です。

また、絵本のページを開くごとに、同じリズムの歌の歌詞が書かれています。

絵本の最後のページには、”ねこのピート だいすきなしろいくつ”と題された歌の楽譜が載っています。

曲はとても簡単な音で構成されているので、ピアノがちょっと苦手な方でも、片手で十分に音がとれますし、ピアノじゃなくても、おもちゃの楽器やピアニカでも親子一緒に歌えます。

メッセージ性が高いので大人でも感動しますが、幼稚園児から小学生の低学年向けの絵本かなあと思います。

子供はまずねこのピートの絵に興味を持ちます、味があってストーリーにぴったりです。

そしてピートのスニーカーが汚れてしまうたびに、”かわいそう”と言う気持ちになりますが、そこで絵本の問いかけがあり”ピートは泣いてる?”と言う問いかけに、子供は必死で答えようとします。

そこで、歌のメロディーに合わせて親子一緒におきまりの歌を歌うと言う、一冊の絵本の中に、視覚、聴覚、想像力を刺激してくれる要素が盛り込まれていて、子供は絵本に釘付けになっています。

また幼いながらも、くじげずに前向きでいる事の大切さを感じ取ってくれて、子供が失敗したり落ち込んでいる時には、この”ねこのピート”のお話をすると、また笑顔になって歌を口ずさんでいます。

いろんな事を親子で一緒に考えながら読める絵本、「ねこのピートだいすきなしろいくつ」、気になった方は是非読んでみてください。

色々なことを感じて考えるように育ってほしいという方には特におすすめです。

スポンサードリンク

その他の絵本情報はこちら
いろんなパンに子供大喜び!2歳3歳におすすめ「からすのパンやさん」40年愛されている絵本!

電車好きな子供への絵本プレゼントなら「せんろはつづくどこまでつづく」 たくさんの列車が登場!

1歳2歳のお誕生日プレゼントにおすすめの絵本「おさかなちゃんのぴんぽ~ん」世界中で愛される名作!

親子のコミュケーションにも役立つ絵本「ゴリラのおとうちゃん」感想あらすじ!パパへのおすすめ作品!

管理人超絶賛名作おすすめ絵本「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」何度も読める仕掛け絵本!