Misfit Rayのアプリで何ができる?

misfit_ray2

活動量計のMisfit Ray(ミスフィットレイ)で使うアプリは、どのようなことができるのでしょうか?

ここでは、活動量計のMisfit Rayで使うアプリができることについてご紹介しましょう。

販売が日本においても始まった活動量計のMisfit Ray は、LEDがダブルタッチで反応し、インジケーターでこの時点における運動量を表示します。

当日の運動量の達成度合いに応じて、単色→4色→7色と点滅具合が変わるというものです。

さらに、機能の便利なものとして、別のMisfit Link というアプリでトリプルタッチによる動作を割り当てすることができます。

Misfit Rayアプリで運動を測定することができる

さて、では実際にMisfit Rayのアプリでできる事を見ていきましょう。

ミスフィットレイのアプリでは測定した運動量(カロリー・運動ポイント)を確認する事ができます。

このMisfit Rayアプリの運動の評価、消費カロリーをポイント化して行うというもの。

Misfit Rayアプリ独自のポイント換算機能のため、最初は慣れが必要かもしれませんが、すぐに感覚がつかめると思います。

また、Misfit Rayあぷりでは日ごとの目安運動量にあとどれくらいポイントなのかを、歩くなら何分、走るなら何分、泳ぐなら何分、といった具合に表示してくらます。

misfit17

Misfit Rayでアプリに記録したものは、編集をそれぞれ行うこともできます。

また、手入力で新しく追加したり、削除したりすることもできます。

ちなみに運動量の目標ポイントはMisfit Rayのアプリ設定で変更する事もできます。

スポンサードリンク

Misfit Rayのアプリで睡眠を測定することができる

Misfit Rayアプリでは睡眠の記録もしてくれます。

しかも浅い睡眠と深い睡眠をそれぞれ計測してくれるので、実は浅い眠りばっかりだった、とか、意外な自分の睡眠状況を知る事もできるかもしれません。

misfit12

これは個人的になのですが、たまにMisfit Rayアプリで睡眠の測定がぶれたりします。

寝てる時間が測定されていなかったり、あまりにも動いていない時間が睡眠として測定されていたり(笑)

そういう時のために、睡眠記録もMisfit Rayアプリで手動編集できるようになっています。

misfit14

また、睡眠の記録は自動でもできますが、より正しく測定したい場合は、アプリの設定で睡眠モードに切り替えすることもできます。

スポンサードリンク

Misfit Rayアプリでアラームを鳴らすことができる

アラームを目覚ましのバイブレーションで鳴らすことが、Misfit Rayアプリのマイデバイスからできます。

リピート機能は、「リピート」(毎日)か「設定しない」のみ設定できます。

misfit9

停止する場合はこれはMisfit Rayアプリではなく、Misfit Ray本体を3回タッチすると止まります。

長い時間動かなければ知らせてくれるMisfit Rayアプリ

MISFIT MOVEという長い時間動かなければライトとバイブで知らせてくれる機能がミスフィットレイアプリにあります。

misfit8

仕事中ずっと座ってする場合などに通知してくれる機能ですね。

Misfit Rayアプリでスマホの簡易操作ができる

Misfit Linkという別のアプリと連動させて、スマホの簡易操作を設定することができます。

Misfit Ray本体をを写真リモコン、音楽リモコンとしても使用できるようになるというもの。

アプリ内でトリプルタッチの際にどの機能を発動させるかを選べばOK。

例えば写真リモコンに設定した場合には、設定後にカメラを起動して、Misfit Ray本体をトリプルタッチで写真を撮る事ができます。

ミュージックプレーヤーのリモコンとしての機能は複数あるため、どの機能をトリプルタッチを設定するかなどアプリで選択する事もできます。

misfit16

Misfit RayアプリでGmailとも、LINEとも、Skypeとも連携する

Misfit Rayアプリの連携・通知機能は、Gmailとも、LINEとも、Skypeとも連携します。

それぞれ新着があった場合に振動で通知してくれるというもの、特にそれらの機能を使う場合には嬉しい機能ですね。

シンプルながら使いやすいMisfit Rayアプリ

Misfitシリーズ共通のアプリは、本格的な活動量計のアプリと比べると、できる事は限られているイメージもあります。

しかし、それはシンプルで使いやすいというMisfit Rayアプリの長所にもつながっていると感じます。

これから活動量計を使ってみようという方には是非おすすめの活動量計、およびアプリです。

関連記事はこちら

活動量計「MISFIT RAY(ミスフィットレイ)」を選んだ理由と使用した感想!

人気の活動量計MisfitRAY、アプリダウンロード方法と設定!他のミスフィットシリーズとアプリは一緒!

まずはMisfit Rayで活動量計になれ、その後ハイエンドの活動量計を試してみる、というのもいいかもしれませんね。

個人的には買ってよかったと思えるオススメ活動量計です。

その他関連記事

活動量計「Misfit Ray」を2ヶ月使ってみた感想をレビュー!ダイエットには役立つのか!

dTVのアプリ設定、ここにだけ気を付けよう!ダウンロードと初期設定について!アクアラインマラソンで大失態!マラソン大会初心者が気を付けた方がいいこととは?

スポンサードリンク