2016年夏は豊洲のあみゅ博に注目

water
adrit1 / Pixabay

今年の豊洲に期間限定お出かけスポットが出現!

その名も「あみゅ博」!!

夏限定スポットいうだけあり、あみゅ博では涼しくなれるアトラクションが盛りだくさん。

なんてったって、ずぶ濡れテーマパークと銘打つくらいの気合いだ。

様々な大型遊具で来場者を楽しませてくれる事間違いなし、アトラクションリストを見るだけでもドキドキするだろう!

この夏を満喫するためにも、あみゅ博を欠かさずチェックしよう!

スポンサードリンク

いつからやってるの?あみゅ博の開催期間!

まずはあみゅ博の開催期間からご紹介!

——————————
『あみゅ博開催期間』
2016年7月16日(土)~8月31日(水)
10:00~18:00
——————————

まさに夏真っ盛りの期間限定開催。

バッチリお子様の夏休み期間をカバー、それどころか夏休み前にフライングスタートも可能だ!

時間は10時から夕方6時までとなっており、後述するフリーパス制度もあるため、一日中遊びまくることもできる。

アクセスは?あみゅ博への行き方!

詳細の場所はこちらの会場アクセスを参考にしてほしい。

あみゅ博へのアクセス方法はこちら

公式HPによると、ゆりかもめ「新豊洲駅」より徒歩2分。

もしくは東京メトロ有楽町線「豊洲駅」徒歩15分。

ゆりかもめなら家族でお出かけ気分を満喫できるし、有楽町線豊洲駅からの場合、ららぽーと豊洲にもアクセス可能なためショッピングも楽しめる。

また、駐車場は周辺の有料駐車場を使用する事になるため、事前に確認しておくとよいだろう。

スポンサードリンク

気になるお値段は?あみゅ博入場券について

さて、「じゃあお高いの、入場券?」という話になるわけだが、入場券自体は下記の通り。

入場券のみであれば、映画代と同じくらい、しかしこの場合、中で遊ぶアトラクションに別途料金がかかる事になる。

それに対しフリーパスは園内の特別な遊戯を除いて、アトラクションやり放題との事。

なので、滞在時間とアトラクションをどれくらいやるかを考えて選ぶといいだろう。

ちなみに小学生以下のお子様は無料という太っ腹設定!

また、ディズニーのアフター6チケットのように、時間限定当日販売のみの「夕方3時間券」もあるぞ!

『入場券』
大人(中学生以上):1,500円(前売り1,400円)
子供(小学生):1,000円(前売り900円)

『フリーパス』
大人(中学生以上):4,800円(前売り4,400円)
子供(小学生):3,800円(前売り3,600円)

『夕方3時間券』
大人:(中学生以上):2,800円
子供(小学生):2,600円

ちなみにお得に楽しむための考察はこちら!

夏は親子で豊洲あみゅ博へ!入場券はフリーパスの方がお得?前売り券もあり!

目玉アトラクション、注目大型遊具は?

さて、本題となる、あみゅ博のアミューズメントは?

あみゅ公式HPには、こちらのアトラクションリストが掲載されている。

詳細はこれから明かされていくようだが、どれも期待させるに十分なものばかりだ!

『あみゅ博アトラクション』
・ハイドロボール
・ハイドロスライダー
・ジップライン
・ゼロショック
・ブレイブジャンプ
・お城スライダー
・ウォールクライマー
・エアウォーカー
・ハイパージャンパー
・ボールハウス
・ウォーターバウンダー
・パドルボート
・アニマルライド
・水鉄砲エリア
・キッズアートボード

一部、公式HPでアトラクションの様子も掲載されているので、気になれば是非チェックを!

あみゅ博公式HPはこちら

今までにありそうでなかった、期間限定の注目お出かけスポット、あみゅ博。

まさに夏の思い出作りにうってつけだろう!

濡れる準備をバッチリしてあみゅ博での夏を満喫しつくそう!

スポンサードリンク