コストコの「カルビーポテト じゃがいも」感想・味・保存方法、値段まとめ

コストコの「カルビーポテト じゃがいも」の感想・味、保存方法や値段についてまとめました!

costco_385

今回はちょっとかわったじゃがいもをご紹介、コストコのカルビーポテト じゃがいもです。

スポンサードリンク

コストコのカルビーポテト じゃがいもってどんな商品?

カルビーポテトと聞くとポテトチップスで有名な「Calbee」を思い出すのですが、このカルビーポテトは、まさにCalbeeのポテトチップスの原料となるじゃがいもを作っている会社だそうです。

Calbeeが販売しているポテトチップスには、ほとんどの原料にこのカルビーポテトのじゃがいもを使用しているとのことだったので、なんとなく品質管理などがきちんとしているようなイメージを持ち、購入してみました。

コストコのカルビーポテト じゃがいも何個入り?重さは?

何より驚いたのはじゃがいも1つ1つの大きさです。

普段私たちがスーパーなどで目にするじゃがいもと比較すると、一回りも二回りも大きくて重みがあります。

袋の中を数えてみたところ全部で15個入っていました。

内容量は3kg、重量で袋詰めされているため個数には多少のバラつきがあると思います。

コストコのカルビーポテト じゃがいも 品種は?

袋にじゃがいもの品種が書かれたシールが貼られていて、私が購入したものは「ニシユタカ」という品種が使用されていました。

このニシユタカは、非常に煮崩れしにくいという特徴を持つため、カレーやシチューなどの煮込み料理に向いているとのことでした。

また、炒め物などに使用する場合は下茹でしてから使用するとネットリシャキシャキとした食感を楽しむことが出来るそうです。

春に九州地方から新じゃがとして出荷されるものの多くがこの「ニシユタカ」だといわれています。

今回購入した「カルビーポテト じゃがいも」は「ニシユタカ」でしたが、時期によって「メークイン」や「ホッカイコガネ」、「デジマ」や「トヨシロ」などなど…。様々な品種が取り扱われているようでした。

コストコの「カルビーポテト じゃがいも」感想・味、おすすめ使い方!

コストコの「カルビーポテト じゃがいも」は煮込み料理に最適とのことだったので、早速定番のカレーを作るのに使用してみました。

皮が薄く芽が浅いため、皮ごと大ぶりにカットして加えてみたのですが、シャキシャキネットリの食感が活かされて普段家で作るカレーとは違った印象になりました。

また、油との相性も良いとされているので、じゃがいもを6~8等分に切り分けたものの表面に油を塗って、タマネギやピーマン、カボチャなどの野菜と一緒にグリルで焼くと、油によってまろやかなコクがプラスされ、美味しさが増したように感じられます。

ただし、揚げ物にしてしまうとベタつくことがあるのであまりオススメは出来ません(汗)。

スポンサードリンク

「カルビーポテト じゃがいも」保存方法と値段は?

3kgという大容量ゆえに、芽が出てきてしまうのではないかと心配だったので、「乾燥しないように新聞紙で包み、ビニール袋に入れて軽く口を閉めて野菜室で保存する」という方法をとったところ、1ヶ月は余裕でもちました。

お値段は568円で、比較的手に取りやすいと思います。

じゃがいもは割と何にでも使えますし、季節ごとに旬の品種が販売されるのでオススメです!

スポンサードリンク

 

 

↓知らないでは済まされないお得情報↓
costco_384

 

 

その他のコストコおすすめ商品情報はこちら
コストコ「大豆まるまる おっとうふ」感想・味、オススメの食べ方・賞味期限まとめ!値段の秘密は?

コストコ叙々苑 焼肉のたれがやっぱりお得!値段・感想・味まとめ!アレンジもできるおすすめ人気商品!

コストコ「伊藤ハム チキンナゲット kiriクリームチーズ入り」食べ方・感想まとめ!子供大好きおすすめ商品!

コストコ「アイデル チキンミートボール ハワイアンスタイル」食べ方や感想・保存期間まとめ!お弁当にもおすすめ!

コストコ「ドクターブロナー マジックソープバー」肌が気になる人におすすめ!感想まとめ、子供にも安心!