4歳の子供へのお年玉、みんないくらあげてる?

otoshi

4歳の子供へのお年玉、みんなはいくらあげているのでしょう、という情報をまとめました!

ちなみにアンケートはwebでご回答頂いた100人の方の結果を集計したものです、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

実際にあげているお年玉の金額は?

・あげない(0円)・・・19%
・1000円・・・55%
・2000円・・・8%
・3000円・・・9%
・4000円・・・5%
・5000円・・・4%
・6000円・・・0%
・7000円・・・0%
・8000円・・・0%
・9000円・・・0%
・10000円・・・0%
・10000円以上・・・0%

各金額の理由

さて、ここからは各金額の理由についてご紹介していきます。

あげない(0円)の理由

・兄弟で話し合って金額を決めています。
・お金の価値が分からないからです。
・項目がなかったですが500円をあげます。さすがに1000円はあげないです。
・あげても両親に取り上げられてしまうと思います。
・あげても、おもちゃと同じ感覚でわかってもらえないので。それならばいっしょにスーパーなどに行ってお菓子を買ってあげたほうがいいかなと思う
・まだ、お金をあげる年齢ではないと思う。その代わり、お菓子とか小物をプレゼントする。
・まだ必要ないかなと思うので。
・お年玉は小学生になってからと決めています。
・500円くらいで十分。おやつやプレゼントがあれば喜ぶと思う。
・おませな人間になってほしくないため。
・4歳の子供にお金をあげるのに抵抗があります。
・お菓子やオモチャの方が喜ぶ
・あげるには早い
・4歳では、まだ金銭の概念がないと思います。紛失してしまう危険が大きい。
・親に何かあげればよい。
・500円を渡します。
・使える年ではないから
・まだお金を持たせる必要がない。
・お金をあまり必要としていないと思うからです。

1000円の理由

・就学前は1000円にしています。
・実際は500円です。未就学500、小1~2が1000、小3~4が2000、小5~6が3000、中学5000、高校10000と決めているからです。
・小学生になるまでは1000円
・身内による暗黙の了解
・あまり多くを挙げると今後が大変そうだから
・好きなおやつを7個購入する金額とほぼ同じ、7個は1週間分。
・お年玉で欲しいと思えるようなものがありそうだから
・お金を使うことを少額から教えるのに妥当な金額だとおもうので。
・お菓子代になるぐらいが丁度良いと思うので
・小学校までは千円で十分
・絵本や幼児向けの雑誌の購入代金
・子供が多いので親戚同士で決めました。
・誰に対しても1000円のお年玉をあげることにしているから。
・ちょうどよいと思うから
・小学校にあがるまでは、あまり大金を渡したくはない。
・1500円あげる。
・親戚間では小さい子には少額でいい風潮なので、1000円と共に1000円程度の物を合わせて渡しています。
・小学生は3000円なので。2000円は割れる枚数なのでお祝いに不向きのため。
・まだ自分でお金を使う年齢ではないので気持ち程度でいいと思うから。
・1000円もあれば大金かと思うので
・お菓子を買ってくれればいいなと思って。
・物が買えるということがわかってくるから
・学年でお年玉額をきめてるから
・500円でも良いかと思うのですが、何かちょっとした欲しいものがあれば千円くらいあれば十分かなと思います。
・お札を覚えて欲しいから
・2000円は多い気がするので1000円がちょうど良い金額だと思うから。
・それくらいが妥当だと思うので。
・未就学でまだお金の使い方をしらないので
・建前としてあげないわけにもいかないので1000円。
・親戚と話し合った
・まだもらえるだけで喜んでくれる
・一番少額の紙幣なので
・妥当な金額と思うから。
・幼稚園児はお年玉の意味がわかるからあげますが、500円でいいと思います。
・1000円未満(300円程度)
・補足になりますが僕の時は500円でした。
・幼稚園年少で初めてのお年玉なので最低限。
・一番小さい額の札でちょうどいい。
・小さい子は硬貨の方が喜ぶかもしれないので500円くらい
・1000円と選択しましたが、年齢が小さいのでワンコインの500円をあげます。お菓子などを買うのにも良いし、貯金箱に入れる楽しみもあると思うので。
・金銭感覚を狂わせないためにも1000円が丁度いいと思います。
・気持ちだけでもあげたいから。
・家族と相談した結果この金額にしました
・小学生以下は1000円で十分。
・未就学児の甥姪は1000円と兄弟で決めています。
・気持ち程度の額でいいから。
・貯金に
・気持ち程度だから。
・妥当だと思ったから。
・その値段が妥当だと思った
・4歳なら幼稚園に入って、友達同士で貰ったお年玉の金額を披露し合いたいお年頃だから。1000円なら4歳でも何とか勘定出来る数だから。
・その子がお年玉を貰えそうな縁者の数にもよりますが、教育的な意味でもあまり多すぎず、4歳児に与える一般的な額の範疇に収まるように、軽く示し合わす程度はした方が良いかと思われます。
・親戚同士でそのように決めている
・本来は500円くらいかと思うが、この中では1000円程度が妥当と思うため

2000円の理由

・4歳児であればお金の概念が多少理解できる年齢と予測される。本、小さなおもちゃ、文房具を買うことができる金額を渡すのが望ましいと考える。”
・5歳の子が2000円。未就学児は同じで考えているのでその金額にしました
・二千円が妥当だと思う
・そのぐらいが相場だと思ったから
・枚数が1枚より喜びそうだから。
・小学生以下は二千円と決めている。
・値段が少し高いオモチャを欲しがる年だから
・もらった金額に合わせました。

3000円の理由

・幼稚園や保育園に行き始めるので、友達と話が出た時にもらったと言えるようにあげます。お札1枚だと少ない感じがあるので3枚にします。
・これくらいの歳になるとそろそろお年玉というシステムも理解してきて直接子供に手渡す時期になるが、子供本人が直接使うというよりも親に預けて欲しいもの買って貰ってという形になるので何かオモチャでも買える金額
・丁度良い金額だと思ったから
・子供自身に金銭の価値がわからず、親が管理する年齢だからです。
・キリのいい金額だから
・本当は、1000円にしておきたいが、世間体を気にして。
・親戚同士でそのように決めている
・あまり気を使わせない金額にします
・5歳までは一律3000円が妥当だと思ったから

4000円の理由

・歳の数×1000円です。
・年齢。4歳だから4000円
・どちらも4の文字がつくので
・小学生未満は年の数掛ける1000円にして、小学生以降中学生未満は5000円にしています。
・4歳だから

5000円の理由

・一律で決めている
・きりのいい金額だから。
・ちょうどよいので
・欲しいものを少なくとも一つは買えそうな値段であるため。

スポンサードリンク

4歳だと千円という回答が半数

4歳にもなると、お年玉をあげていないという回答はかなり少数派になり、あげているという回答が多数を占めるように。

金額的には1000円という回答が約半数。

まだお金についての理解が薄いから、今後増えていくから、周りに子供が多くて一人あたり多くできないから、親同士で決めているから、というのが主な理由のようですね。

ただ、上の兄弟がいると、お金については理解が進んでいる可能性もあるので、その点は気にしておいた方がいいかもしれませんね。

是非周りに4歳のお子さんがいる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク