BG〜身辺警護人〜第2話感想まとめ!

BG〜身辺警護人〜第2話の感想についてまとめました!

bg_00

「BG〜身辺警護人〜」の第2話、みんなの感想です。

皆さんの感想はどんな感じでしょうか。

スポンサードリンク

BG〜身辺警護人〜 第2話感想

・普段触れることのないSPという仕事に対して、深く知ることができ、木村拓哉さんの演技がより仕事の難しさかっこよさなどを表現している

・1話の評判が良く2話から見始めましたが、すぐにハマれて続きが見たくなりました。落ち着いたキムタクが良いです。

・裁判官が狙われるような話自体が珍しいので、かなり新鮮でした。

・面白かったです。もともと木村拓哉が好きですが、好感が持てる役で夢中で見ていました。

・一般の主婦と言いながらある程度階級の主婦の警護でやっぱり警護つけるにはそれなりに狙われる理由もある人だな!と身辺警護してるひとなんて庶民には縁がないから木村君みたいな人もいるわけではないのに夢を見てしまう。でも観察力が半端ない役で恋をしてしまわないのかと今回も思ってしまいました

・木村拓哉さんのお姫様抱っこがとにかく羨ましすぎて、「私も抱っこされたい!」という感じです。ますます目が離せなさそうです。

・最後の木村拓哉が謝っていてその人が立ち去ってから一声かけられていたシーンが印象的でした。

・間宮祥太朗‏くんのスーツ姿が格好良かったですし、キムタクもずっと男前で、2話もハラハラ展開楽しかったです!

・武器を持った犯人と素手で挑むキムタクのスタントがとてもかっこ良かったです。

・お姫様抱っこをして脱出するシーンは「絶対に守る」という感情が強く伝わってきた。

・前回よりもカメラワークの迫力が増していてとてもよかったです。特に木村拓哉さんと大塚寧々さんのアップがどちらもとても綺麗でした。エレベーターのシーンだけ、空間が狭くてやりようがないのかカメラワークに冴えを感じませんでした。

・今回のBGも最高でした。確かに硬い仕事を支えている家族は大変そうだと思いました。しかしそれよりも気になるのは、主人公の過去です!!来週もドキドキしながら見たいと思います。

・犯人がわかったときのドキドキ感がよかったし、キムタクの大塚寧々に対する心遣いにキュンときました。特に高い靴を履いて家に帰りましょうと差し出したところがよかったです。

・民間の身辺警護の対象者が、裁判官の家族という設定は現実味がありました。ボディーガードが、実際に襲ってきた相手と格闘になるかどうかには、疑問を感じましたが、それなりに面白かったと思います。

・人の事情に立ち入りすぎ。ドクターXくらいの自分の仕事のみに徹するという感じの方がいいと思った。

・主演の木村さんがクールでかっこよくて、菜々緒ちゃんがかわいくてかわいくてあー私も守られたい!って感じでした!

・キムタクって結構短足なんだな~と思いました。でも、エレベーターの中で、犯人と闘うシーンは格好良かったですよ。

・第2話は、裁判官が狙われるという内容でした。その裁判官の警護ににつくのですが、調べていくと実は狙われているのが奥様ではないかということで、裁判官の過去の判決で、被害者の逆恨みで奥様が狙われたということでしたが、裁判官という仕事とその奥様の孤独とストレス、ご主人の仕事で、実際にこのような悩みがありそうな気がしました。最後は夫婦の絆を取り戻したのもよかったです。また、民のSPという仕事も理解できますし、キムタクさんと奈々緖さんのコンビが今後楽しみです。また、斎藤工さんも戻ってくることになったので、今後の展開も楽しみです。

スポンサードリンク

・裁判官の妻の警護、スリリングな展開で楽しめました。今後SP江口との関係性の変容が楽しみです。

・派手なアクションはないが、ドラマが面白くキムタクの押さえた演技が光る。これからが楽しみ。

・身辺警護を必要とする対象者にはいろんなパターンがあるということがわかって勉強になった。また、ストーリーも予想外の展開でとてもおもしろいです。また、役者さんに安定感があり、1日の終わりに見ていても安定感があり、のんびりとストーリーをたのしみながら見られるのがいいです。

・斉藤工がかっこよすぎる。特に声がかっこよすぎて、次回も見てしまうと思います。

・1話を見て、江口洋介さんと石田ゆり子さんは1話だけのゲスト出演なのかな、と思っていましたが、今回も出てきました。最後に石田ゆり子から個人的な相談も受け、今後、もっと絡んでいくのかな、といった雰囲気でした。木村拓也さん演じる主人公の過去も謎がたくさんなので今後が気になります。

・アクションシーンやっぱりかっこいいですね!第六感を働かせ、事件を読んでいく工程もドキドキしながらもなるほど!と感動しています。斎藤工さんが帰ってきましたね!これからどうなっていくのか、第三話楽しみにしています。

・俳優陣が豪華で、脚本もしっかりしていて、落ち着いて見られました。

・裁判官の家庭内であり得ることが凝縮・誇張されて描かれていたような気がします。あの生活は耐えられないですね〜。

・閉じ込められたエレベータから、ハンマーを持った犯人と対面したときはドキリトしましたが、やっぱりキムタクはかっこいいです。ビシッと相手を捕まえてくれました。

・今回の2話は、依頼者側の心情が細かく描かれていたのが良かった。1話と比べて、毎回の登場人物像が徐々に明かされていきそうだったが、まだまだ謎が多く裏ストーリーも気になるので1話完結とはいえ毎回見逃せない感じです。

・「いつ死んでもいいように部屋は片付ける」という最後のセリフ、民間といえどBGの方達の仕事に対する真剣さを痛感しました。

・裁判官の夫婦の話でしたが面白かったです。ラストのエレベーターの中の格闘シーンは迫力があり、連行される犯人に島崎が「その人も被害者なんだよ」と言うセリフに島崎の人間性が現れていました。ボディガードは硬いイメージですが人間味があり、木村拓哉さんの迫力ある演技に魅せられました。

・1話同様面白い内容であった、親とも一緒にみて楽しんでいます!

・寡黙で世間体を気にする敏腕弁護士の夫。従順に生きることに窮屈さを感じている妻。お互い心が離れ、すれ違っているかのようだが、事件が解決するときお互いの本当の弱い姿を知る。ラストシーンの涙を流す大柄な夫を愛しそうに抱き締める妻の姿が印象的だった。

・1話を見逃してしまったが、1話完結だったのでみていておもしろかった。豪華なメンバーで今後の展開がどうなっていくのかが楽しみ。

・普通に面白かったです。木村さんのくたびれた感じの演技も違和感なかったです。

・裁判官の妻という立場はもっと華やかだと思っていのでイメージと違って興味をもちました。今回も一話完結の要素がありとても見やすくてよかったです。

・警察権力でも対処できない巨大な力もあるのかな、というのが率直な感想です。木村拓哉さんの髪型に戸惑いも最初は感じましたが、イメージチェンジに成功したと言えるのか、徐々に慣れて来ました。従来の警察物とは違ったアクションに、期待が大いに持てるようですね。

・1話よりはテンポも良く楽しめました。島崎さんの誠実さも大分出てきた感じです。まだ過去がさっぱりわからないので、その辺りも今後に期待しています。

・1話の方が大規模なマラソン大会の犯行予告で迫力があった気がしました。木村拓哉さん演じる島崎の洞察力、観察力はすごく、今後もどのように警護していき事件を解決していくのかは楽しみになりました。

・けっこう身体張って頑張っていますね。なかなか鋭いキムタクがとても面白いです。

・キムタクがカッコよかったです。話も展開がコロコロ変わり面白かったです。

・とにかく「キムタクはカッコイイ」という、さすがプロのアイドル俳優の面目躍如という感じでした。

・一話完結ながら、裁判官である依頼人夫婦の警護、SPや大臣、同僚との絡みが絶妙に絡み合い、第3話以降も期待のもてる内容でした。

スポンサードリンク

菜々緒とキムタクののコンビも見どころ

1話目は高い期待がハードルになってた感もありましたが、そういう事を気にしなくなった分、2話目からは肩の力を抜いて見れていた気がします。

個人的には菜々緒さんと木村拓哉さんのコンビが見どころかと。

二人の会話がなかなか面白いですね、というか菜々緒さんが大好きなのでかなりひいき目に見ていますが(笑)

第3話以降にも期待です!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

BG〜身辺警護人〜ドラマ感想まとめ!面白い?つまらない?木村拓哉・キャスト評価は?ネタバレあり!