魔法使いの嫁 アニメみんなの感想・評価まとめ!

魔法使いの嫁について、みんなの感想・評価をまとめました。

maho_

原作のコミックも人気の魔法使いの嫁。

さて、皆さんの感想はどんな感じでしょうか。

スポンサードリンク

「魔法使いの嫁」感想

・魔法使いの嫁は背景美術が美しく、画面が綺麗なのは良い。ファンタジー要素が盛りだくさんで、いろいろな生物・キャラクターを見ることができる。ただ、周囲のキャラが主人公に無条件に優しいのが解せない。人外×少女だがコレジャナイ感。2人の精神的な絡みが少ないからか?

・もともと魔法使いの嫁の原作をよんでいたので、ちせとエリアスが動いてしゃべっていてうれしい。声にも違和感なく、初めて見る人にもおすすめです。

・微妙に暗いトーンと、所々にはさまれる小ネタのギャグっぽい場面など、シリアスなのか軽めなのかどっちつかずのところが面白いと感じませんでした。

・異種カップルと言う独特なジャンルなのですごく不思議な世界観で物語が進んで行きます。とある人に本を届ける話はせつなかったです。

・魔法使いの嫁原作は未読。主題歌アーティストのJUNNAが好き、という理由で観始めたのですが、すぐに物語の美しい世界観に引き込まれました。各話綺麗にまとまっていて、飽きません。また人外の魔法使いエリアスに惹かれていくチセがとても可愛らしく、ぜひ素敵なお嫁さんになってほしいと思います。

・チセの声が、大仰な演技ではなくキャラクターにとても合っていると思う。世界観や様々な魔法の描写が美しくて、ストーリーと相まって絵的にも楽しい。

・人外の魔法使いと、どこか壊れた少女の、心の交流を細やかに描いた作品。穏やかな日常と、そこに潜む危険が、うまく描かれている。こういうダークファンタジーも悪くはない。

・魔法使いの嫁はイギリスの田舎が主な舞台なので、映像が全般的に美しい。個人的にも好みの世界観のアニメなので、今後の主人公の成長を期待しながら楽しんで見ています。

・私は魔法使いの嫁原作ファンなので正直アニメ化が決まった時どうなのよ!?って思っていたんですが勧められ渋々見てみるとビックリ。結構クオリティ高かったです。チセの声が私的には無しでしたが、それを差し引いても魔法使いの嫁の世界観が素晴しいほど反映されていて大満足でした。もし第二期決定になってもこのまま美しい世界を保っていただきたいですできればチセの声優チェンジでお願いします

・全体的に茶色い紗のかかった絵で始まるのが、もはや魔界ということでしょうか。ヒロインの目の色も緑で人間ではないという意味なのでしょう。ストーリーや色々な行動描写も含め魔法使いの嫁は大人向けアニメと感じました。

・キャラクターの可愛らしい一面が、とても丁寧に描かれていて良かったです。ストーリーに進展もあり今後が楽しみです。

・奴隷を連想させるから、好きになれません。日本だと農村から売られた娘が、嫁として迎えられる事例がありましたが、そんな事を彷彿させます。

スポンサードリンク

・深夜アニメとして今季一番のアニメだと思う。自分はアニメ好きではなく、原作や漫画好きです。それも最初は萌え系と思って見ると、マジなファンタジー作品で劇中歌も泣けます。

・妖精や魔法使いや現実の世界が入り混じていて、怖いシーンもあるけれど全体的には優しいムードが流れています。チセはこれからどんどん強く、エリアスは人間らしくなっていくのでしょうね。エリアスが何者なのか早く知りたい気がします。

・魔法使いの嫁は主人公が暗いし、怖そうな魔法使いにいきなり買われてしまうし、どうなっちゃうの?って思った。でも、それゆえに心の動きや二人の関係性の変化を見ているのが楽しい。魔法を使うときの映像も綺麗。毎回のめり込んでみているので、あっという間に終わってしまう。

・作画等の表面だけを見ると良作ですが、内容が薄いのでそれ以上を期待している人にはちょっと物足りないかもしれない。

・こんな嫁が実際にいたらいいなと思いながら見ています。妄想が膨らんでしまうアニメです。羽鳥 智世が好きです。

・スレイベガの命がどう短いのか吐血ドバーッで見せつけられる展開になってきましたね。映像の美しさと合わさってなかなか壮絶です。

・放送以前からCMで魔法使いの嫁のタイトルを目にしたことがあり、気になって視聴した。テーマ的には謎が多いところに興味を惹かれたが、主人公が暗すぎて感情移入できず、途中で見るのをやめた。

・魔法使いの嫁の映像の良さに驚いた。恋愛とダークファンタジーが混ざって独特だと思った。でも美しく、暗い感じの出来事が多く次も見てみたい。

・魔法使いの嫁の主人公、チセはスレイ・ベガという貴重な体質ゆえ度々危ない目に遭うのですが、エリアスやルツをはじめ色々な妖精や精霊との出会いでチセが成長していくのが面白いです。背景やBGM、挿入歌も素晴らしく、作品の世界観をより一層深めてくれていると思います。

・初めて魔法使いの嫁の表紙を見た時、なんてタイトルなんだろうと目に留まったのを覚えています。興味があったので、アニメの第3話くらいしか見ていません。第一話は話の展開がワクワクする感じだったけど、ハリーポッターに似ている感じがして、結局第3話までしかみませんでした。

・エロゲ声優の頃からずっと応援していた声優さんが主役で出演されておりまして贔屓目で見てしまうのですが、それを除いても面白かったです。原作のあの独特の雰囲気もそのまま映像化されていて安心しました。ただ、1クールまでしか放映しないのならかなり中途半端なところで終わるので、アニメオリジナル展開か尻切れ蜻蛉になるのか、少し不安です。

・最初のOPが好きで見始めました。作画やキャラクターは好みですが、ストーリーが上手く繋がっていないと感じる時があり、見ていて違和感を感じることがあります。あと、場面の表現ももっと魅力的にできたのでは・・・と思う時も。(ドラゴンの国から帰ってくる時とかネヴィンと空を飛ぶシーンとか)ちせのピンチもやたらと水難が多いのも新鮮さがあまりないなーと思います。

・自己肯定感が低い主人公が、徐々に世界の素晴らしさに気づいていく物語。人生において何が大切なのかを気付かさせてくれる。

・ヤバい匂いがします。生きることを棄てた少女。その理由が本人の持って生まれた凄まじい能力を家族が疎んだということは哀しいことです。そして「生きる」、ということを他人任せにしたというのことは、事実上の人身売買ということになりますから。幸いなことに奴隷志願(首輪等の拘束具を装着されています)も同然のヒロインを買い上げたのは獣人のような青年紳士でした。形の上では弟子入り、ということになりますが、金銭で若い花嫁を手に入れた、ということです。多くのファンタジーが純粋に異世界での物語展開、という構図ですが、本作は実在する土地が舞台となっていますし、それが現代であるというのも特色です。前述の紳士は金髪の青年にも変身出来るのですが、その容姿は死神か邪心のような外観をしています。でもその振る舞いは紳士そのもの。19世紀からの伝統ありそうな中流家庭そのものの館に住み、別にメイドも仕えていますが、外観を除けば理想的な人物のよう。本人が望めはヒロインはどのようにも扱えるのですが、弟子にしてから妻とするというのははたしてどれだけ本心なのやら。ヒロインは男子のような女子なのですが、女であることまでは棄てはいません。でも、やっと自分の居所を見つけられたのだからと言って、淫魔のような女妖精達の仲間になることを断りました。そちらの方が確かに楽に生きられるでしょうのに。伝統ある文化を誇る英国ですが、その闇はマザー・グースを代表とするようにグロい側面もあるのです。個人的には、不味いとされる英国風の食事の描写が気に入りました。2クール目に入ったこの後の展開が楽しみですよ。あとこれは蛇足ですが、かなり古いアニメである『吸血姫美夕』のヒロインと下僕を連想しました。ヒロインの性格も、主従関係も逆ですが、可憐であるという点では一致していますな。

・キャラクター、作画、世界観が好みです。まだこれからだと思っていますが、ストーリーよりもチセとエリアスなど人間関係に注目しています。

・原作がすごく素敵で、この作品は紙媒体で、文字があるからこそ映えるものだと思っていたのでアニメは反対派でした。やっぱ原作が好きだな。とは思いますが、アニメも充分素敵です。

・魔法使いの嫁は毎回とても楽しみにしている大好きなアニメです。特に8話のチセがルツと契約を結ぶシーンは何度見ても感動します。

・映像が美しかったです。OPも好きでした。内容としては「一時期こういうのめちゃめちゃ流行ったよなぁ」という感じ。

・最初のちせと最近のアニメのちせで表情が明るくなって今は前より幸せなのかと思いました。帰れる場所があると言えるエリアスの家シルキーのちせを思う気持ちが本当に良いと思い、毎週楽しみに見ています。

スポンサードリンク

・2年くらい前にCMを見て気になっていたので、TVでアニメをやっているのを知ったときは、すかさずチェックしました。
最初の方は楽しく見ていましたが、だんだんグロテスクなシーンが出てきて、続けられませんでした。エリオスが好きなキャラクターだったのに残念です。

・最初はめちゃくちゃ重い設定なのに、綺麗な庭のある家や魔法を初めとした幻想的な世界での生活が始まって、その世界観に憧れを持ちながら楽しく見てます。

・魔法使い系のアニメは好きなのですが、このアニメは他の魔法使い系と違って物語が他のにないような感じですごく興味をそそられます

・萌え系アニメの影響でアニメが全般的に苦手でしたが、たまたまなんとなく観た魔法使いの嫁が面白かった!泣ける話が多いのでよく泣きながら観てます。早く続きが観たい!これからも楽しみにしてます!

・始めは買われただけの主人と奴隷のような関係だったチセとエリアスの仲が少しずつ深くなっていくのがわかって、次第に応援したくなった。

・最近流行の作風を思わせる女性向けのファンタジーですが。世界観を奇麗にまとめて見せてくれるので雑念を捨てて楽しめます。

・元々魔法使いの嫁原作のファンでアニメ化を楽しみにしていました!原作の世界観もすてきに表現していて、アニメ化もとても満足しています。イングランドの世界も雰囲気がとてもよく出ていて見るたびにうっとりしてしまいます。アニメ化されてもまほよめの静かな空気感が伝わってきて、魔法使いのエリアスの声もイメージ通りです。スピンオフショートアニメの「まほよめ」がすごく可愛いんですよ~。こちらの2頭身キャラはアニメだけの特権だと思います。アニメは第一クールが「これからは何でもお互いに話し合っていこうね」的な感じで終わり、第二クールに入っているのですが「今のあなたとは一緒にいられない」というPVの予告が入っていてます。第一クールもそうでしたがけっこうこの2人って切なくすれ違うんですよねぇ。
どうやら第二クールでは原作では未公開部分がアニメ化されるとのこと。これからエリアスとちせの2人はどうなってしまうのか心配でもあり楽しみです。

・ファンタジーが好きなので魔法使いの嫁も見てみましたが、とっても話が面白く主人公の女の子がいつも危険な目にあうのが視聴者としてどきどきします。映像も美しく音楽も素敵で毎回見てます。

・主人公の女の子チセを中心にとても心の中までジーンとして、今生の切なさなどいろんな感情が湧いて来ました。また、登場する魔法使いのエリアスの声がかっこよくて、内面もとてもイケメンでした。

・はじめは暗いアニメなのかと思っていましたが、見ていくうちにチセの心情の変化などで徐々に引き込まれています。今後の展開が気になります。

・魔法使いの嫁原作読んでからアニメ見たので、ちょっと雰囲気の違いが気になりましたが、まあ面白いかなと思います。エリアスはイメージ通りでした。

・生きる気力をなくした主人公に実はトンデモな特殊能力が備わっていて・・という超能力系にはありがちですがチセとエリアスに流れる空気感が好きなので結局見てしまってます。不器用な付き合いから信頼に変わる話大好物です。

・あー世界には自分の知らない世界も広がっている、のかもしれないな、と新しい視点を与えてくれたアニメです。怖いのかな、と思ってみていると怖くなく、ゆったりした気分でみていると、急に怖い(精神的に)シーンになったりするので、毎回ハラハラしています。もう少しエリアスとチセの恋愛シーンがあるとうれしいです。

・つらい目にあってきた主人公の女の子チセが魔法使いのエリアスに出会ったことで彼女の世界が変わっていく様を見るのが楽しいです。ファンタジー世界の綺麗な映像が美しいです。

スポンサードリンク

・風景描写がきれい。何も持っていなかったチセがエリアスとの出会いでどう変わっていくかを見ていましたが、エリアスの方にもいい変化がありそうで楽しみです。今一番好きなキャラはルツ。人姿も犬(?)姿も好きです。

・主人公が不幸体質過ぎるというか、みていてしんどくなるというか、わたしにはあまり合いませんでした。絵はすごく綺麗なんですが・・・

・魔法使いの嫁は作画が素晴らしく、風景の美しさに圧巻されました。また音楽も美しく、シーンに合った曲がピッタリはまっていて、まるで自分がその世界にいるような感覚になります。

・作画が安定していて絵柄は原作に忠実なまま綺麗です。30分の枠のなかに話を収める為、展開が早いので原作を読んでいない人にはやや不親切かも知れません。

・絵による表現力がとても素晴らしく思わず作業の手を止めてしまった程です。オープニング曲も心に響く曲で涙しそうになりました。ストーリーも毎回という程泣いてしまいます。間違いなく今期一の作品だと思いました。

・派手な戦闘や劇的な変化がないので、落ち着いて見られるアニメです。主人公の感情の描写に共感が持て、応援したくなります。音楽も美しいと思います。

・ODAから魔法使いの嫁を見ていたのですが。TVアニメは原作を読んでしまっているせいで、いい意味でも悪い意味でも想定内の作品だと思いました。

・原作での幻想的な雰囲気を損なうことなく、作画においても良い出来だと感じました。ストーリー展開も面白く見れる作品です。

・漫画で描かれていた「魔法使いの嫁」の世界観が、アニメでの映像や音楽、キャラクターの動きや声でもしっかりと表現されていて、毎週アニメを観させていただくのが楽しみです。アニメで放送される「魔法使いの嫁」の今後の展開に期待しています。

・チセが絶望的な状況の中オークションで救ってくれたエアリスチセを延命させるためにいろいろな努力をするエアリス。エアリスありきでこそチセは輝けるキャラだと思いました。リャナンシーとじいさんの話もよかった。純粋に泣ける作品に久々に出会えてうれしかったです

・魔力が可視化されて、碧のオーロラのように煌めくシーンがとても美しくてうっとりした。登場する吸血鬼は、イギリスの妖精・ラナンシーのオマージュだと分かり、民俗学的にもなかなかコアな所を突いてくる面白い作品だなと感心した。

・とにかく背景が美しいです。エリアスの声も落ち着いてあってると思います。原作よりも二人がラブラブしていて観ていてほっこりしました。

スポンサードリンク

・自分の存在価値を見出せない少女の不安が異形の魔法使いとの出会いにより和らいでいく過程がよく描かれていて面白いアニメだと思います。

・主人公の悲しい生い立ちなどを考えると、どうしてこうも純粋でいられるのだろうかとたびたび思います。
そんな彼女を温かく包み込む新しい環境は、とても見ていてほっとします。

・エリアス・エインズワースが主人公の羽鳥チセを抱っこするシーンが謎に包まれたマスクを被りながらも、紳士的な印象を与え、どこか好感を抱きました。

・作画が綺麗で感動した。ストーリーも引き込まれる。自分が見た秋冬アニメで一番面白かった。毎週楽しみに視聴させてもらっている。前クールのJUNNAのOPがイメージに合っていてよかった。