子供の花粉症対策、どうしてる?

kahun_00

花粉の気になる季節、子供の花粉対策をどうしようかと神経質になっている方も多いのでは?

今回はみんなの花粉対策子供版についてまとめました。

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

みんなの花粉対策子供版

・ジュニア用の花粉対策用メガネを着用と高性能のノーズフィッター入りマスクさせています。上着は家の外で脱ぎ、払ってから家の中へ入ります。なるべく花粉を体の中に入れないように、入ってしまっても発症が最小限で抑えられるように甜茶をいつも飲み、シーズンに入る前から毎日1本のバナナを食べさせています。

・ひどくならないうちに、耳鼻科に点鼻薬と飲み薬をもらいに通院します。完全には治りませんが、症状を抑えることができています。

・家を建てた時に家全体に全巻空調システムを導入しました。もちろんフィルターはPM2.5対応のものです。外にいる時はどうにもなりませんが、飛躍的に子供の負担が減りました。

・花粉症予防にいいということで毎日ヨーグルトを食べさせています。あと、花粉の季節は洗濯物は室内で干すようにしています。

・花粉症のシーズンは家の中に花粉を入れないために洗濯物は家の中で干していて緑茶に効果がある解いたので毎日飲むようにしています。

・予防には「体内に花粉を入れない」がポイントなので、洗濯物は外に出さない。空気清浄機と加湿器を置く。布団も布団乾燥機を使うか、外に干したいなら布団の外側に布をかぶせて短時間だけ干すなどして花粉がつかないように工夫します。

・マスクと、手洗いうがいと、点鼻薬、空気の入れ替え、鼻うがい、外であまり遊ばせない、鼻毛をこまめに切る。

・外出時はマスクをさせるようにしています。アレルギーがあるのもありますが定期的に耳鼻科へ行って鼻洗いをしています。

・花粉症の症状予防にヨーグルトを食べさせています。外出時はマスク着用、帰宅時には服をはたいてから部屋に入ります。手洗いうがい。病院で予め薬ももらっておきます。

スポンサードリンク

・外出の際には目や鼻のまわりにワセリンを塗って花粉の侵入を防いでいます。他にも、毎日布団に掃除機をかけたり、空気清浄機を窓のそばに置いて稼働させています。

・空気清浄機を利用しています。外に出かける時はマスクをさせたり、花粉がつきにくい素材の服を着せるようにしています。

・マスクをするのと、花粉予防で毎日ヨーグルトをだしています。効果はある気がしますし、健康にもいいので一石二鳥です。

・帰ってきたら、手洗いうがい、髪の毛をブラッシングする。洗濯物、布団は室内に干す。体調管理をする。身体、髪の毛を丁寧に洗う。

・空気清浄機をもちろん置いています。花粉の季節は洗濯物は部屋干しで、外で干すときは取り込む前によくはたいています。

・花粉がひどいときは、マスクをつけさせる。また、花粉を防ぐカーテンの使用。花粉の時期のアウターはツルツルの素材のものを着用させる。

・帰宅時、必ずファブリーズをしてます。子供がまだ1歳でマスクの着用ができないので、スプレータイプのマスクを使用してます。

・外ではマスク着用、家に帰ってきたら即お風呂(シャワー)+着替え。家の中では空気清浄機+加湿器を使用しています。あと毎夕食後にヨーグルトを食べさせて、布団も毎日レイコップをかけています。

・マスクを付けています。あと、外出後に帰宅した際は、服をはらって家に入るようにしています。いくらかマシなような気がします。

・花粉用のマスクと帰宅時に着替えとシャワー・うがい・歯磨き・目薬をしています。子供なのでしないと鼻水が出たりします。最近のマスクはかなり効果あります。目は眼鏡しか効果ありませんでした。

・毎日朝と夜はヨーグルトを食べています。また、外出の際は、必ずマスク、家に帰って来たらまず玄関に入る前に服をはたいてから、花粉用のスプレーをするルールを徹底しています。

・子供は外遊びが大好きですがマスクを着用するのは嫌いです。なので花粉が付きにくい上着を着る、玄関に入る前に払う、手洗いうがいは必ず!を心がけています。

・空気のきれいな場所に住むことが一番ですが、どうしようもないのでうがい手洗いとマスクを徹底させています。

・鼻づまりを解消するため綿棒にベビーオイルをつけて鼻水を取り除いています。予防としてガーゼマスクをしています。

・天気予報を見て、花粉が多い日には必ずマスクを着用させる。杉やブタクサなどが生えている場所の近くにいかせない。

・予防策としては、毎朝ヨーグルトを食べています。自分自身がランニングを始めてから花粉症の症状が楽になったので、それを見た息子が中学入学後に陸上部に入り、長距離を走っています。効果のほどは、今年の花粉症の時期にならないと分かりませんが。できるだけ花粉の付きにくい衣服にし、帽子やメガネ、マスクで花粉をシャットアウトすること、玄関で叩いて衣服などはリビングや部屋に持ち込まないこと、空気清浄機を使うことで、花粉症の症状を少しでも楽にしようと実行しています。

・外出時にはマスクを着用し、家に入る時には全身の洋服をブラッシングさせ、必ず鼻をかませ、うがいをさせています。基本的なことばかりですが、最低限の花粉防御策です。

・外出時にはしっかり効果のあるマスクをすること、家に帰ったらすぐ入浴して花粉をおとすこと、市販の薬を使わず医師の診断を受けた上で処方箋をもらうこと。

・キメの細かいマスクを使用。目の洗浄液で花粉を洗い流す。外から帰ってきたら服を払う。もちろん手洗いうがいもする

・病院から、処方された薬を飲んだり、目薬をしたりしています。あとは、ひどいときには花粉症専用のめがねをするようにいいます。

・ありきたりかもしれませんが、やはりマスクをすることや、少しでも症状を軽くするために、病院にかかり、薬を処方してもらうのが良いと思います。

・花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎とぜんそくも伴った、いわゆるアレルギー体質でした(主にハウスダスト)。種々の治療、投薬を試しましたが、花粉症に関しては、布団のケア(花粉症用のシーツとか)に気を使いました。

・私が花粉症の為、子供も遺伝なのか花粉症です。子供の花粉症対策はマスクです。朝から学校に行く時に必ず付けさせます。洗面器に水を汲んで、鼻と目を洗うのもさせています。

・寝室に空気清浄機を設置して花粉が飛び始める2月から常に稼働させている。リビングにも同じように置いて、花粉を除去するようにしている

・マスクは必須ですが、あまり薬などを飲ませたくはないので、普段の食事の方を気にしています。どれほどの効果があるのかは分かりませんが、レンコンをよく食べるようになりました。

・外出時は花粉症対策用のマスクを付けて外出。外出から帰って来たら、手洗いうがい。洋服に付いた花粉を粘着テープクリーナーで取る。

・公園遊びのあとにすぐにお風呂に入って花粉を流しています。外遊びにはシャカパンを履かせて少しでも花粉が付かないようにしています。

・我が家では、帰ってきた時にうがい、手洗いをして、体についている花粉を落とすようにしています。そうすると、アレルギーとなる原因のものも必然的に少なくなるので、花粉症の症状も和らぎます。

・花粉の飛散時期になると、必ずマスクを着用させます。マスクの下の鼻周りにはワセリンを塗り、花粉が鼻に入らないようにしています。

・ヨーグルトが良いと聞き通年で積極的に摂るように心がけています。一度発症するとダメだて聞いたので、なるべく花粉が体内にとどまらないように上着などのブラッシングはまめにしています。

・病院で薬を処方していただく、マスクを着用させるなどの対策をしています。あとは洗濯ものを外で干さず、室内干しで花粉がつかないようにしています。

・外出する時は、マスクやメガネなどをつけ帰宅時にはドアの前で衣服をはたき花粉を落とすようにする。 こまめに天気予報をチェックして花粉情報を知っておく。

・家の各部屋に空気清浄機をフル稼働させて家の中では花粉を最大限取り除くようにしています。あとは、乳酸菌サプリを毎日飲ませるようにしています。

・数年前までは、マスクや花粉用の眼鏡の上からかけれるゴーグルなどで対応させていました。最近では、乳清飲料が免疫を鍛え、花粉症に対抗できるともっぱらの評判なので、L-92乳酸菌入りの飲料を服用させています。

・子供用マスクを大量に購入して、毎日のように付けさせています。習い事でも付けさせるようにしています。空気清浄機も付けています。

・毎朝、ヨーグルトかヤクルトなどの乳酸菌を取り入れるようにして対策をしています。帰宅後のうがい、手洗いも欠かせません。

・花粉が飛ぶ一か月前ぐらいから、病院からもらった薬を飲ませています。花粉が飛ぶピークの時は、外出する時は、必ずマスクを着用させ外から帰ったらうがい手洗いをさせる。

・花粉が多く飛ぶ季節にはマスク着用で外出すること以外に夜寝る前には鼻うがいと花粉をブロックするスプレーを顔にかけて花粉をブロックしています。

・乳酸菌が花粉症にもよいと聞いて毎日ヤクルトを飲んでいます。学校に水筒を持参しているのですがなたまめ茶が花粉症によいと聞きなたまめ茶を飲むようにしています。

スポンサードリンク

・外に出すときは必ずマスクをさせます。あと空気清浄機を使ったり、家に上がる前にはコートに付いた花粉を落とすためブラシで払います。

・マスク、手洗いうがいです。家に入る前に上着を脱いでパタパタして花粉を落とす、外で遊ぶ時は帽子を被るなど簡単に自分で出来ることをさせています。後は外から帰ってきた時の服で寝室に行かないことです

・外から帰ってきたらすぐにうがい手洗いをしっかりとさせる事、マスクをさせて花粉を吸わないようにする事、

・子供はまだ1歳10か月なので、毎日ヨーグルトを食べて、腸内環境を整えたり、家の中では、花粉も除去する空気清浄機を使って予防しています。

・まず外出時は必ずマスクを付けさせます。また、衣類をはたいて花粉を落としてから屋内に入るようにしています。症状が重くなるようなら、医療機関で舌下免疫療法も考えます。

・毎年行っていること
①外出時には必ず『マスク』を使用しています。マスクの中が、自分の呼吸で湿ってくると嫌がるので、外出時は複数枚の『マスク』を持ち歩いています。
②アレルギー体質の子供なので、通年で『アレルギーの薬』を病院から処方してもらってます。

・目の充血とまぶたの腫れは目が痒いことでこすってしまい悪化してしまうので市販の花粉症の目薬か、耳鼻科へ処方箋を出してもらったほうが早いと思います。

・誰しもがやることですが、マスクの着用です。花粉になるべく触れさせないことが症状を抑えるには一番だと思います。また規則正しい生活や、バランスの良い食事等健康面に気を使うことで免疫力を高めることも重要だと思っています。

・免疫力を強化すれば花粉症にも負けないという話を聞いて、乳製品を積極的に食べさせるようにしています。ヤクルトやR1といったものを摂るようにさせるとだいぶ症状が軽くなるようです。

・ハーブティーを飲ませる、(カモミール、ローズヒップなど)アレルギー反応の検査をする(食べ物などで体質改善し比較的抑えられる可能性がある)

・洗濯物は外に干さないことや、外出時はマスク必須で帰宅したら即、ゴミ箱に捨てる。部屋は空気清浄機をフル回転。病院で処方された薬をきっちり飲ませる。

・花粉症対策のためにまずやっていることはきちんと内科医から薬を処方してもらってます。やはり薬も合う合わないありますので室内は空気清浄機を使い、花粉が室内にたまらないよう心がけてます。

・普段よりはなるべく外出を少なくさせるか、花粉予防用のマスク、目薬等を使うようにしています。メガネもあるんですがそれはちょっと躊躇しています。

・外に出るときはマスクさせています。その他には、布団は外に干したいけれど、花粉が気になる時期には控えたり、布団乾燥機を使っています。

・もともとアレルギー体質の子なので、空気清浄機を年間通してフル稼働しています。花粉の多い春、秋の空気の入れ替えは早朝だけ行い、昼間は窓を開けないように対策しています。

・耳鼻科に早めに行って薬を服用。生姜などの、体を温める食べ物を食べる。マスクを手放さず、外出時は着用する。

・毎日デザートにヨーグルトを食べさせています。お腹の調子もよくなるし、いろんな味があるので飽きずに続けられます。また外出するときはマスクをつけます。

・まずマスクをつけること。外遊びのときは、ツルツル素材のアウターを着させて花粉を付きにくくする。家に入るときに洋服を払う。手洗いうがいのときに顔も洗わせる。ヨーグルトを食べる。

スポンサードリンク

・マスクで鼻と口に花粉が入るのを少しでも防ぐようにして、さらに病院で処方してもらったアレルギーの薬を飲ませています。

・主人も私も花粉症なので子供もなる可能性が高いため、花粉を家に持ち込まないように、外出先から帰ったら服をポンポンと叩いて落としたり、花粉の時期は洗濯物を部屋干しするようにしています。空気清浄機もこの時期はフル稼働です。
花粉の時期は空気も悪いためか、外に出ると子供は目がかゆくて鼻がムズムズすると言うので、外出する時はマスクをして、目がかゆい時は子供用の目薬をさしてあげています。

・帰ってきたら、必ず玄関で着替えさせて、洗濯をします。家の中に花粉を持ち込まないためです。短時間でも外出時には、必ずマスクをします。

・出来るだけ外出時にマスクを着用するように勧めています。甜茶のキャンディーやお菓子も摂るようにしています。

・外出するときはマスクをつける。外から帰って来た時は玄関に入る前にブラシでほこりを払い落す。うがい手洗いをする。

・鼻の穴の内側の粘膜に花粉がくっつかないように、ワセリンを薄く塗るようにしています。教えたら幼稚園年中くらいで自分でできるようになりました。それにマスクをかけるとさらによいです。これをするだけで鼻水やかゆみをだいぶ抑えられたのでおススメです。

・花粉症に効くと言われる食べ物を食べさせたりしていましたが効果はなし。結局花粉症の時期だけでも病院に行って適切な薬を処方してもらい症状を抑えることが即効性があり本人も楽です。

・子供にはヨーグルトを毎日食べさせています。そうすることによって腸内環境を良くし、アレルギーを抑制し、花粉症を軽減させるのが狙いです。

・花粉症の症状は目のかゆみだけなので、JINSで購入した花粉予防眼鏡を外出時や学校にかけさせています。かゆいときは市販の目薬を使っています。またヨーグルトが花粉症予防になると聞いたので、毎日ヨーグルトを摂取させています。

・腸内バランスを整えることが免疫力を高めて花粉症予防になると聞いたので、本格的シーズン前からヨーグルトを毎日食べさせて腸内環境を整える手助けをしています。

・うちはまだ子どもが幼いため、薬には頼りたくなくなるべく食べ物などで対策しています。お手軽なのは、鼻の周りにワセリンを塗ること。花粉を防ぐ水際作戦のようです。

・外出時はマスクと同時にイオンブロックのスプレーをさせます。上着はナイロン製のジャンパーなどを着て、帰宅時に玄関前で服に付いた花粉を落とすようにします。洗濯物も外に干すのを控えるか、外に干した場合もよく叩いてから取り込むようにし、室内に花粉を入れないようにします。食べ物は、レンコンが免疫力アップにいいと聞いたので、食べるようにしています。花粉症は、体内の容量がいっぱいになったら発症すると聞いたので、できるだけ体内に入れないよう心掛けるといいと思います。

・R-1ヨーグルトは花粉症予防になると聞いたことがるので、飲ませるようにしてます。あとは花粉シーズンは洗濯物は外に干さず、乾燥機で乾かすようにしてます。

・花粉症の症状を抑える方法として、花粉が飛散するシーズン(2月下旬~)の前からバナナを食べると、食べていない時よりも明らかに鼻水とくしゃみの症状が減りました。自分はスギ花粉症を持っていて春になると鼻水とくしゃみがとてもひどくて困っていたのですが、風邪ひいた時に少し栄養を取るような感覚でバナナを食べるようにしたら意外と効果があってとても良かったです。ただ、あくまでも個人差があるので効くかどうかは言い切れないところですね。あとは家の外から中に入るときに衣服にも花粉がついてくるので空気清浄機をつけて常に空気をきれいにしておくということもしています。

・子供なのでなるべく薬を使わないようにします。洗濯物はなるべく室内干し、布団もあまり干さず2日に一度は掃除機などでほこりを吸い取る、外出から帰ったら玄関前で洋服をよく払う。部屋のランプシェードなどの埃も常にふき取る、それでもダメなら鼻スプレーや花粉用目薬を少量使いました。

スポンサードリンク

・外から帰宅した際には、玄関に入る前に服に付いた花粉を手で払うように言い聞かせています。天気予報をチェックして、花粉が多く飛びそうな日は出かける前にマスクを着用させます。

・ヨーグルトが花粉予防に効果があると聞きましたので、年明けくらいから食事にヨーグルトを出す頻度を上げています。また、花粉の時期に外出する際は、子供用のマスクをさせています。

・我が家は杉並木に隣接している為に、花粉の季節は屋外に洗濯物を干しません。日当たりの良い室内にはします。布団は、布団専用掃除機を使います。あとは外出時には必ずマスクをさせています。手は二度洗いします。

・マスクをすること。あとは、サプリメントでアレルケアというサプリメントをのんで、症状が軽減されるようにしています。

・マスクやメガネをさせたいのですが、子供は息苦しくて動きにくいと嫌がります。そこでスプレータイプのエアマスクを利用しています。お出かけ前に顔にさっと吹きかけるだけでその成分が花粉を排出してくれるので口や鼻からの侵入を防いでくれるそうです。

・1年くらい前から、RIのヨーグルトを家族で食べています。ちょっと高いけれど、少しでも花粉症が楽になれば、いいと思って食べ続けています。寒いせいもあるかとは思いますが、毎年2月になると、少しずつ、花粉症が出てくるのですが、今年はまだ、出てきていません。

・マスクをして登校させます。アレルギーを抑える薬を花粉の季節の前から飲ませます。空気清浄機を寝室に置きます。

・子供の花粉症対策は鼻の中にワセリンをサッとひと塗りするといいと聞いたので私もしてますが子供にも一緒にしています。あとはマスク!

・必ず外出時はマスクをさせて、帰宅時は手洗いうがいを徹底しています。上着も玄関に置くようにして、室内に入る前に花粉を落とすようにしてます。

・家に入ってくる前に必ず服を払ってあげてから家に入れてあげ服を着替えさせてあげて手洗いうがいをさせます。マスクも少し高めのマスクを使い花粉症用の目薬も用意してあげます ヨーグルトもよく食べさせます

・まず家庭に花粉を持ち込まないように自分自身が気を付けています。子どもと外出するときは、花粉が多そうなところは避けます。花粉に耐性がまったくないのも困りますので、マスクやゴーグルのような装備はさせません。

・ダイソーで子供用の花粉よけメガネを買って付けさせてます。マスクは必須。他にもヨーグルトや納豆、キノコを食べさせてます。それでも症状が強いので病院で処方された薬も服用しています。

・花粉の季節には玄関にブラシを置いておき、帰宅時に洋服についた花粉をブラシで払ってから部屋に入るようにさせている。

・アマニ油が良いと聞いたので、毎日のヨーグルトやお味噌汁にスプーン一杯入れて摂らせるようにしています。特に味も変わらず抵抗なく続けられています。

・家に入る前に必ず服をはたくこと、外で乾かした洗濯物も同様です。帰宅時に洗顔(可能であればお風呂)などもして念押しを。家の中や布団に花粉が付いてると24時間苦しむことになってしまいます。

・マスクと花粉対策用グラスをつけさせている。空気清浄機を置いている。野菜(食物繊維)と発酵食品をバランスよくとるようにして腸内環境を整えてアレルギー症状を抑える。

・「アレルケア」というアレルギー対策の薬を飲ませたが症状が改善しなかったので中止した。外出時は防護メガネ、マスクをさせる。

・外に出た時はマスクをし、帰ってきたら服をはらう事だと思います。自分も花粉症なので実践していますがけっこう違います

・小学校2年生の娘ですがマスクや眼鏡は嫌がるので断念しています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が花粉症の緩和に役立つようなので飲むヨーグルトを毎朝飲ませています。