コストコのプルコギ保存方法まとめ!美味しく食べるには?

bulgogi2

コストコ不動の人気商品、プルコギビーフ!

ただ気になるのは保存方法、その大容量故に賞味期限内に食べきるのが難しいですからね。

ということで、今回はみんながやっているコストコのプルコギ保存方法についてまとめてみました。

是非ご参考ください!

ちなみにコストコの人気商品関連情報はこちら

スポンサードリンク

みんなのコストコプルコギ保存方法まとめ!冷凍・解凍について!

・コストコのプルコギは味がよく染み込んでお肉が柔らかいのが、とても魅力ですよね、私は冷凍はせずに冷蔵庫の真空チルドにて保存しています。

・プルコギとしてそのまま食べる分を2回程度それぞれラップで小分け。それで余った分を、肉じゃが用やお弁当用に小さくラップで小分け。

・コストコのプルコギを買ってきたらラップに一食分を包みます、この時に出来るだけ平らに薄く包みます。包んだらその包んだ物をアルミホイルで包み、冷凍庫で保存します。そうすると、一気に凍るため傷みも防げ、最後まで美味しく食べれます。

・私は一気に全て焼いてから小分け冷凍で保存しています。焼かずに保存しても良いのですが、焼いてから保存すればあとは、レンチンで丼にしたりお弁当のおかずの足しにしたり使いやすくなります。

・いま食べれない分は小分けにして冷凍。保存後は、そのまま焼いても美味しい!また、焼くだけではなく、サンチュにはさむのも美味しいです(´∀`)

・「プルコギ」は箱ごといっぺんに冷凍するのではなく、一回量をラップで小分けにし保存しています、丸めるように包むのではなく、平たく包むと解凍するときに均一に解凍され、時間短縮につながります。

・小分けにして冷凍保存しています、食べる時はオーブントースターで焼き上げてたべています。味付けは粉チーズなどをかけるとバリエーションも豊富になり、飽きずに食べる事ができます。

・1日目は炒めて食べます。2日目は一度炒めたものを春巻きの皮に包んで揚げていただいています。子ども達も大喜びで食べます。

・比較的液ダレしないので、買ってきたら小分けしてラップに包み冷凍庫に入れます。解凍後もフライパンでプラスで野菜を入れ炒めるとおいしくオススメです。

・小分けにするときに少量お酒をかけて置くと、解凍して焼いても味が落ちなくて美味しいです。だいたい50グラムずつのものも作って置くとお弁当にも使えます。

・200gずつ小分けしてラップに包み、冷凍保存しています。解凍して肉じゃがの味出し用に使うと、霜の匂いも気にならずに美味しく食べられます。

・購入後すぐに小分けにして冷凍します。一気に使い切ることは基本的にはしません。食べる時は一回分を解凍して長ネギ等のお好みの野菜を入れて炒めると美味しくいただけます。

・コストコのプルコギをジッパーに3つに小分けして、冷凍しています。1か月持つので、レンジで解凍してキャベツ、ピーマン、しめじなど一緒に炒めて食べています。

・4人家族の我が家は、だいだい4つくらいに小分けして一食分として分けて冷凍します。味は濃いめなので子供も食べる事を考慮して、使う時はタマネギを炒めてから解凍したプルコギをフライパンで一緒に炒めています。

・一番のおススメは箱から取り出し、一枚一枚並べてシート状にしてから2重にラップをすることです。こうすることですぐに解凍出来、味も損なわず保存できますよ。

・いったん半解凍状態にして(6時間くらいはかかったかな?)4センチぐらいにスライスし、蒸気口付きのレンジ使用OKな保存容器に保存しています。完全に解凍したらそのままレンチンしてすぐ食べられるので、この方法が楽です。

・コストコのプルコギはたくさん入っていて一回では食べきれないので、分けて冷凍しています。家でよく手巻き寿司をするのですが、火を通したプルコギも手巻き寿司の具として巻いて食べるととても美味しいです。酢飯にもよく合います。

・コストコのプルコギは最高に美味しいです。なので余ったら全て冷凍保存しています。ピザと合わせても美味しいですよ。

・取りあえず一食分は冷蔵庫に取りおいて、その他も一食分ずつ小分けにしてラップに包み、冷凍庫で保存しています。その後は解凍後、タマネギやニンジンなどの野菜と一緒に炒めて食べれば、かさ増しにもなるしバランスも良いと思います。

・小分けにして冷凍しています。解凍は電子レンジで温めるだけです。解凍後に肉じゃがのお肉として使うのがオススメです。

・生のまま小鉢サイズでラップに包んで冷凍です。朝お弁当のおかずを作る時に、適当な野菜と炒めると簡単にすむので助かります。

・プルコギは1度に食べる量をラップに包んで保存してます。食べる日に冷蔵庫で解凍して使うといつでも美味しく食べられます。

・友達とシェアできない時は、三等分に分けてからラップに平らに包みます。(解凍時間が均一になる)ジッパーに入れ冷凍します。我が家は、玉ねぎとコストコのプルコギのたれを少し足して焼いて食べます。

・プルコギは基本的にラップをかけて冷蔵庫で保存します。そのあとはもう一度フライパンやレンジにて温め直してご飯の上に乗せて食べます。

・プルコギの保存方法として一般的なのは冷凍です。保存後に惜しく食べる方法のお勧めとしてはチャーハンの上に載せて、半熟卵と絡めることをお勧めしますよ。コツは一緒に焼かないことですね。あとは溶かしたチーズを加えて、チシャで巻いて食べることです。野菜不足も解消出来ますよ。

・コストコで売っているプレスンシールで何個かに小分けしたプルコギを挟み、密封した後にハサミでカットして一つずつバラバラに冷凍している。

コストコのプルコギ、冷凍方法で美味しくなる?

meat_1543494778

冷凍法をちょっと工夫すると美味しくなる裏ワザも!

是非ご参考ください。

・買ったプルコギをまず三つのチャック袋を入れて、一つ目の袋はショウガ入り、二つ目の袋はニンニク入り、三つ目の袋はガーリック入りで冷蔵庫に入れて保存します。食べる量だけ取って、炒めるだけでおいしいです。

スポンサードリンク

コストコのプルコギの保存・タッパーで冷凍派

コストコのプルコギですが、タッパーで保存する派も。

・1回ごとに分けてタッパーに入れて冷凍保存しています。食べる前の日の夜に冷蔵庫に戻してから食べます。
手巻き寿司の具にしたり、パンに挟んで食べます。

・コストコのあの量は一度に食べられないので、タッパーに小分けにして冷凍保存をしています。冷凍保存しても美味しく食べられます

スポンサードリンク

コストコのプルコギ保存はジップロックが人気

Meat

やはりコストコの保存法の王道はジップロック!

プルコギでも利用している人は多い様子。

・150gぐらいごとにラップで包んで、さらに小さいジップロックに入れて冷凍保存しています。食べるときは、自然解凍し、玉ねぎやニンジンをさらに加えてカサ増しして食べます。

・コストコでプルコギを買ってきたらすぐに一人分をラップに包んで入れて、ジップロックにいれて冷凍保存します。春雨とからめて炒めるとすごくおいしいです。

・コストコのプルコギは500グラムぐらいずつラップで包んでからジップロックに入れて、冷凍庫で保存します。一回の食事で使用する分を目安に小分けにすると便利です。

・小分けにしてジップロックに入れて保存しています。キノコや野菜を少し追加して食べたり、春雨を加えてチャプチェにしたりして食べています。炒めたプルコギが残ったとき、カレーに入れてみたら美味しくなりました。

・コストコのブルゴギは、買ってきたらすぐにお弁当用に小さくサランラップで包み、まとめてジップロックに入れて冷凍します。解凍後一度火を通して、朝、パンの上に乗せて、チーズを振りかけてトースターで焼くこともあります。

・コストコのプルコギはジップロックで小分けにして冷凍保存をしています。野菜と一緒に焼いたり、春雨を入れたり、ディナーロールに挟んだり、ご飯にのせたりして食べています。

・コストコのプルコギを4当分くらいにラップでつつみ、さらにジップロックに入れて保存しています。そのまま焼いて食べるのではなく焼きうどんに入れたり、チャプチェなどにしてアレンジすることが多いです。

・商品が大量なので1回分に分けてジップロックに入れて空気を抜き取り冷蔵しています。解凍後フライパンで焼いて食べています。これだけでおいしいです。

・小分け冷凍して保存しています。約1カ月保存できます。冷凍する時にジップロックを使うとタレでベタベタになってしまい経済的ではないので、ラップ二枚がけで包んでいます。

・ジップロックに汁ごと保存しています。一食分ずつ分けて冷凍します。解凍はなるべく自然解凍で行います。解凍後は、炒めた玉ねぎやもやしを追加したりしてカサまししたりします。

・1食分に小分けをして、ラップで2重に包みジップロックに入れて冷凍保存します。食べるときは常温で解凍してから加熱して食べます。

・プルコギを4分の1ぐらいずつに分けてジップロックに入れ、冷凍庫で保存しています。食べる時は最初にレンジでチンして、そのあとフライパンで焼いています。

・だいたい1/6ずつジップロックに入れて冷凍します。基本的には凍ったまま調理し、チャーハンやスープ、パスタソースに使用します。

・トングでジップロックに何個か分けて入れて冷凍保存します。ジップロックを使いすぎていて家にない時はラップを2重にしたラップにプルコギを入れ、包んで冷凍保存しています

・出来るだけプルコギのたれをきりラップを大きめに切って2回分に分けてラップで包みそれをジップロックに入れて冷凍庫で冷凍しています。食べる時は自然解凍か冷蔵庫に数時間入れて解凍しフライパンかホットプレートで焼きますが冷凍して味が薄くなっていたら市販の焼き肉のたれをかけて味を調整しています。

・コストコのプルコギは300グラムに分けてジップロックで冷凍保存しています。保存後も自然解凍すれば普通に美味しく食べることが出来ます。

・買ってきたらすぐにジップロック(これもコストコで買ってくる)に小分けにします。4人家族で2~3回分に分けています。1食は冷蔵、残りは冷凍です。

・プルコギを少量ずつ小分けにして、ビニール袋に一つずつ入れて、それをジップロップにまとめて入れて冷凍室に保存しています

・小分けにしてラップにに包み、他の食品ににおいが移らないようにジップロックに入れて冷凍保存します。食べる時は前日から冷蔵庫で解凍しておいて食べます。同じくコストコで売っていイングリッシュマフィンにサンドして食べるのがお気に入りです。

・一人前に取り分けて、ジップロックにいれて冷凍保存してます。食べるときは電子レンジで500wで2分加熱して食べます。

・我が家では買ってきたプルコギはすぐに一回分ごとにわけてジップロックバッグに入れて平たくしてそのまま重ねて冷凍室に保存しておきます。使う日の前日に冷蔵庫でゆっくり解凍させてから油を敷いたフライパンで焦げ目をつけながら焼けば美味しい焼肉のできあがりです

・長期の保存の場合、ジップロックに入れて、冷凍庫に入れるのが一番ですが、冷凍保存はどうしても味が落ちます。1週間くらいなら、チルド室に入れるのが一番です。

・定番ではありますが、我が家ではコストコのプルコギを冷凍保存しています。野菜を入れることを考えて、1袋300グラム程度にしてジップロックに詰めています。

・ジップロックに入れ一度に使うぶんの量に分け冷凍庫で冷凍保存しています。ジップロック直接入れる方法とラップに包んでからジップロックに入れ保存する仕方もあります。

・コストコのプルコギは、一回ぶんをジップロックの袋に詰めて、良く空気を抜いてそのまま冷凍庫で保存します。食べる時には前の日から冷蔵庫にうつして解凍させて、普通に焼いて食べます。

・ジップロックのフリーザーバッグに直接入れ小分けにして冷凍しています。保存後にはよくユッケジャンスープの具材として利用していますが、既に韓国風の味付けにされているので下味をつける手間が省け、焼肉店で食べるような本格的な味になるので美味しくいただけます。

・買ってきたら一回分に分けて、サランラップで包み、さらにジップロックなどに入れてから冷凍庫に保存します。

・ジップロックに小分けして冷蔵保存します。パンに挟んだり肉じゃがにしたり、パスタやチャプチェにして食べます。

・コストコのプルコギはジップロックの袋に小分けにして冷凍庫で保存します。保存後は味に飽きないようにいろいろなスパイスをかけて食べます。

・コストコのプルコギを買ってきたら一人前をサランラップで包みます。そして、ジップロックに入れて空気を抜いて冷凍保存しています。解凍するときは、冷蔵庫に入れてゆっくり解凍します。

・小分けにして、ジップロックに入れて冷凍すると使う時に便利です。自然解凍でおいしく食べれます。消費期限は2日なので、いつも冷凍しています。プルコギをフライパンで炒めてうどんにのせて、肉うどんをよく作ります。

・コストコのプルコギはジップロックで小分けに冷凍保存してます。コストコ販売員さんも作る、プルコギ+うどん=焼きうどんや、プルコギ+マッシュポテト+ピザ用チーズ=プルコギマッシュポテトのオーブン焼きでいつも美味しく食べてます。

・一人暮らしで一度に全部食べ切ることができないため、4回分に小分けにジップロックに分けて、一回分を冷蔵庫に残りを冷蔵庫に入れてます。解凍は自然解凍させてから炒めて食べてます

・3回分に分けて、1つはその日に、2つはジップロックに入れて冷凍保存しています。キャベツや玉ねぎ、人参など冷蔵庫に残っているお野菜と一緒に弱火でグツグツ煮焼きにして食べています。

・すぐ食べない分は小分けにしてラップに包んで、それをジップロックにいれて冷凍しています。食べるときは自然解凍して、フライパンで焼きます。具材も入っていますが、それに玉ねぎを加えて炒めても甘味が増して美味しかったです。パンに乗っけても意外と合いました。

・ラップで小分けしてからジップロックにいれて冷凍保存しています。食べるときは軽く解凍してキャベツや玉ねぎを足して一緒に炒めて食べるのがおすすめです。

コストコのプルコギポークも人気

ちなみにコストコで新発売されたプルコギポークも人気。

プルコギビーフは甘口の味付けですが、プルコギポークは甘辛、でも子供でも食べられる辛さなので家族で楽しむ事ができます。

気になる方は是非お試しを!

その他関連記事はこちら