グレイテスト・ショーマン感想評価!面白い?

grat_00

グレイテスト・ショーマンが2/16の上映開始以降、ずっと注目を集めていますね。

ヒュー・ジャックマンの演技も話題になっており、また、本作品はラ・ラ・ランドファンも楽しみにしているよう。

そこで今回はみんなのグレイテスト・ショーマンの感想をまとめてみました。

スポンサードリンク

ヒュー・ジャックマンが素晴らしい!オープニングも印象的?

・まず建物や風景等が古風な感じがしました。仕事でなかなか稼ぐ事の出来無い主人公が申し訳なさを感じていても、妻と子供達がとても幸せそうに楽しく暮らしているのを見てとても心が癒されました。主人公がサーカスで成功してからは、一人で突っ走り、一番近くにいる存在であろう家族がとても寂しい思いをしているのが、心痛みましたが、最後はハッピーエンドとなり心が温まる映画です。また、悲しい時も嬉しい時も色々な表現を使い、音楽とダンスを楽しむ事ができる映画です。

・ヒュー・ジャックマン演じるP・T・バーナムが転落から成功の道を歩んでいく物語。仕事もなくなり何事もうまくいかなくて落ち込んでる彼は見ていられませんでしたが、興味を持ったことに突き進んでいくことは凄いことだと思いました。落胆から成功への変化が目まぐるしく、でも自分が信じた道を突き進む彼の姿に尊敬さえ覚えました。ショーの場面はとても華やかで豪華で楽しく、思わず見ているこっちまで身体が動いてしまう様な感じでした。実際にサーカスを見ているみたいに引き込まれていき、とても感動しました。

・バーナムが前半の貧しい生活の中でも創意工夫をして、一風変わったショービジネスを思いつく。しかし、彼のアイデアは革新的で、はじめのうちは世間から受け入れられなかった。この辺りは現実世界とも近しいものを感じます。そんな状況であったが、仲間たちの協力もありビジネスは成功に向かっていきます。しかし今度は人間関係の問題が発生してきてしまい、、、最後までドキドキハラハラの繰り返しでした。全体を通して楽曲にノリノリになれちゃう、まるでミュージカルを見ているかのような映画でした。

・映画グレイテストショーマン、まず簡単に表すなら感動の一言です。ミュージカル作品としての繊細さを残しながらもそれでも映画としての壮大さ、映画ならではのダイナミックさが際立っています。ララランドを上回る感動でした。基本的には原作を壊さずきちんと作り込んでいます。ここはやはり製作陣流石だな、としか言いようがありません。ミュージカル部分もさることながら楽曲の使い方がすばらしいです。これは目を瞑っていても感動できるのでは?と感じるほどです。ご自宅で見るのなら是非良い音響環境で見て欲しい作品です。

・音楽はもちろんのこと、ストーリーもしっかりしていて、とても見応えのある映画です。なんといっても、ヒュー・ジャックマンの歌唱力!映画だけでなく、舞台もこなしている俳優さんだけあって今回も圧巻でした。映画の世界観もとても素敵で衣装や装飾などをみているだけでも、とてもワクワクします。映画を終わった後、もう一度サントラで聴きたくなるほど音楽も素敵です。この映画は、ミュージカル好きにはたまらない一本でした!

スポンサードリンク

・30代(男性です)以前、レ・ミゼラブルを観て、音楽の魅力と壮大さに感動したため、当作を観に行きました。やはり音楽の力、情熱を込めた人間の声に圧倒され、そして人々の心に突き刺さるものだと思いました。ストーリーも主人公の紆余曲折の人生をうまく曲調が掴んでおり良かったと思います。個人的な意見としては主人公が結婚し貧しい家庭状況にある際の描写と曲がより悲壮的であれば、クライマックスに向けて抑揚が出てインパクトのあるものになっていたのでは・・と思います。

・映画「レ・ミゼラブル」でヒュー・ジャックマンの演技と歌に魅せられ、とても楽しみにしていた映画です。やはり、主演のヒュー・ジャックマンは歌も演技も良かった!ゴージャスな映像と素晴らしい楽曲が紡ぎ出すミュージカル映画で、とにかく楽曲がどれも良いのが魅力です。どのナンバーも心を打つ輝きがあります。人の栄枯盛衰を描く展開は王道で先が読めるものですが、その安心感が逆に良くて、ミュージカル映画として作り出される映画の世界にたっぷり浸ることが出来ます。

・映画の冒頭、ヒュージャックマンの歌からスタートする場面で一気にこの映画に引き込まれた。人生がうまくいかないところから、成功、失敗を経て最終的に大成功に繋がるというとても面白い映画だった。序盤の家族で歌うシーン、ザックエフロンとゼンデイヤの歌うシーン、レベッカファーガソンの歌うシーンは涙無しには見れないとても感動する作品である。どの曲も全て気持ちがこもっていて、キャラクターの表情や関係性を考えるとさらに楽しめる映画であると感じました。

・ストーリーも歌もパフォーマンスも私は好きでした。ヒュー・ジャックマン頑張ってました!わかりやすくて、ミュージカルなどを普段見ない方にも、子供さんにもオススメできる映画です。途中飽きることもなく、映像や衣装もキレイです。主人公以外のそれぞれのキャラクターも個性的で味があり、ザックエフロンの恋も気になりました。ちょっとDVDが欲しいです。見ていて楽しい気持ちになれる映画なので、落ち込んだときなどにも元気が出そうです。

・主演のヒュージャックマンは元々アベンジャーズのウルヴァリンの印象が強くガツガツしてるイメージでした。しかし彼は本当にすごい役者です。ウルヴァリンの役とは180度違う役柄を演じていて映画館で感動しました。さわやかな役です。映画のストーリーもなかなかよかったです。ララランドのようにミュージカル要素が強すぎず、ちょうどいい具合にミュージカル要素が含まれていました。様々な人種や貧富などの差別を超越してサーカスを展開していく映画、いろいろ考えさせられる部分もありとても魅力的な映画だと思います。

スポンサードリンク

・「The Greatest Show」のミュージカルシーンから映画が始まるのですが、圧倒的な迫力に目が釘付けになりオープニングから一気に心を掴まれました。時には全てを失い絶望することもありますが仲間たちが手を差し伸べ、再び復活へと歩む姿に心が温かくなります。どのミュージカルシーンも素晴らしく曲が流れると気分が高揚しました。「This Is Me」ではありのままの自分に自信を持っていいのだという力強いミュージカルシーンに自分が重なり涙が止まりませんでした。他にも心を打たれるシーンが多くあり、興奮と感動を味わえるだけでなく、観終わった後には元気になれる映画です。

・音楽が非常に素晴らしくて感動しました。ヒュージャックマンの作品はすべて見ていますが、今回もとても素晴らしいものでした。いろいろと現代に通ずるものがあるなあと作品をみて思いました。ただ、歌はすばらしいわりに物語は、現実味がないなと思いました。ミュージカルとしてはいい作品だと思うので、映画館じゃなくてもよかったなあと思います。とにかく歌がいいので、サウンドトラックを買って帰りました。音楽好きは絶対みるべきです。

・久しぶりに観終わった直後にもう一度観たい、と思える作品でした。映画なのに生の臨場感があってまるで舞台を観ているかのようでした。歌が終わる度に思わず拍手してしまいそうになるほどの臨場感なので、DVDではなく映画館で観たくなる作品です。同監督の前作、ララランドは前評判の割に期待外れでしたが、グレイテストショーマンは役者も曲もストーリーも良い。前評判以上の出来。「敗者」「負け犬」が「勝ち組」を打ち負かしていく姿がスカっとする。富や名声よりも家族や愛を選ぶことの大事さを改めて心に刻まれました。