ドラえもん のび太の宝島 面白い?つまらない?感想は?

dorae_00

毎年注目のドラえもん映画、今年は「ドラえもん のび太の宝島」!

本当にドラえもんの映画のタイトルにはワクワク要素が込められていますよね、大人になった今も惹きつけられます。

これから親子で見にいこうという方も多いはず、皆さん及び私の感想をまとめました。

スポンサードリンク

大人も感動!やっぱりドラえもんは親子おすすめ映画の鉄板!

・ドラえもんの映画は毎回欠かさず見ているのですが、今回も安心・安定のドラえもんクオリティーでした。今作はいつも以上に演出や作画、音楽、キャラクターやそのキャラクターの関係性・感情などがしっかり作りこまれているように感じました。子供はもちろん、大人が見ても楽しめるアニメ映画というのはとてもありがたいです。いつも以上に家族愛だったり、友情が深く描かれているように感じて、涙なしには見れません。正直、満席の映画館で大人一人号泣してました。最初は大人の立場で見て、次は子供のころの気持ちを思い出して見てみると、感じ方が変わっておもしろそうだなと思います。子供のころの純粋な目で見てみると、こんなきらきらした映画ないと思います。もう1度、見に行ってきます。

・ドラえもんだから子供連ればかりなのかなと思って映画館に足を運ぶと、以外にも大人同士しかも年輩の男性連れという方が多くてビックリしました。かと言ってシリアスなものかというとそうではなく、アニメの王道を地で行くような構成で、他のアニメ映画でよくある妙な説教臭さはまったくありませんでしたね。とりわけ最初の方は、これでもかというくらい、矢継ぎ早にアニメのおもしろさを見せつけられ、声を出して笑ってしまいます。そして後半はのび太の感動のセリフで思わずホロッとしてしまうという子供向けだけにしておくのはもったいないなと思わせてくれます。小さいお子さんの付き添いで仕方なく見に行く親御さんも多いと思いますが、十分期待していいですよ。ハッキリ言って楽しめます。

・大山のぶ代さんのドラえもんで育った世代ですが、今年の映画ドラえもんは予告映像から面白そうだったので久しぶりに映画館に足を運んでみました。公開初日に観に行ったのですが、親子連れのお客さんで席がほとんど埋まっていました! さすがドラえもん。内容は、今のドラえもん映画を思い切り楽しむことができるかな…少々不安に思いながら行ったのですが、全くの杞憂でした。とても正統派で、わくわくする冒険物語でした!いつものメンバーの活躍も勿論ですが、ゲストキャラクターであるフロックとセーラ、海賊船船長シルバーの関係(ここは序盤で大体予想がついてしまいますが)、その背景も見どころでの一つで、特にクライマックスでは年甲斐もなくほろほろ泣いてしまっていました…。マスコットキャラなだけかと思ったオウム型ロボットのクイズの役割が、終盤涙腺に効いてきます。サブキャラクターも憎めない印象の人物が多く愛嬌があり、とてもよい雰囲気の作品でした。もう一回観に行こうかな、と現在検討中です。

・このたび、6歳になる姪っ子とともに、この映画を観にいきました。子供向けのアニメのため、気持ち的には付き添い感覚で行きました。が、いざ観てみると冒険や友情、わたしも気づいたときには食い入るように見てしまいました。普段とは違うのびたのかっこよさや、ドラえもんが出す秘密道具の数々、もともと漫画やアニメ自体好きなのですが、この冒険、船をテーマにした内容には、少年の頃を思い出させられ、ああ。こんなことしていたなあ。と自身の幼少期の振り返りもさせていただきました。
大人でも楽しめる、懐かしめる。こどもはもっと楽しめる内容でした。姪っ子も映画鑑賞後、またこよーね。と笑顔いっぱいでした。家に帰ってから、ダンボールで船のまねをして遊んでいます。とてもいい映画でした

・いつものメンバーがいつものように冒険に出るわけですから、良くも悪くも安定感があります。設定に既視感はいなめませんが、これがドラえもんの映画だよねと思わせてくれます。全体的には楽しかったです。最後にちょっとだけ残念だったのは、セーラとフロックとドラえもんたちがお別れするシーンです。とても感動したものの、ほかの海賊たちはどうなったのかなという思いがわきました。海賊たちがどういう表情をしているのか、ちらっとでもうつってもよかったんじゃないかなあと感じました。エンディングの歌の時に、海賊たちの後日談の絵は見られるのですけれどね。星野源の挿入歌がしっとりしていて良かったです。映画の宣伝には主題歌の方が大々的に放送されていますが、挿入歌も気に入りました。

スポンサードリンク

・子供が楽しみにしていたので、初日に行ってきました。「宝探し地図」から始まる冒険は、うちの子供にはたまらない組み合わせだったようで、あっという間に引き込まれていきました。海賊チックなコスチュームもとても可愛いです。また、前半のキャラ達の動きの良さ、掴みのキャッチーさも、子供の心を掴むのに一役買っている気がしました。作画が良くてキャラクターたちの動きが生き生きと見えるのです。親として一緒に見ていても、のび太とジャイアン、スネ夫の普段よりも強固な友人関係やのび太とドラえもんの関係の深さ、そして何より親子関係の深さを表現する脚本は、一緒に見ている子供と自分の関係と重ねて感動しました。途中、ダレ場になっているかな? と思う部分もありましたが、やはり子供の娯楽として作られている映画、見終えた後には満足感と幸福感が残り、観て良かったと感じられました。

GDJ / Pixabay

・初めはいつもどおり、のび太の見栄を張るとこから始まり物語が進むにつれのび太がかっこよくなっていきました。途中で海賊連中と遭遇ししずかちゃんが海賊に連れ去られてしまいました。連れ去られしすかちゃんは泣くかなと思いましたが同い年の女の子がいて意気投合し仲良くなりました。そこからしずかちゃんはその女の子と一緒に海賊船を出ようと計画をしてますと海賊船のボスが出てきまして地球を滅ぼそうとしてましてそれを阻止するためにのび太たちとしずかちゃん達がタッグを組み何とか阻止を使用としますがそのボスはしずかちゃんが仲良くなった女の子のお父さんでした。お父さんはなくなったお母さんからの「子供たちの未来をよろしく」という言葉を守ろうとしたのですがそれが子供達には逆効果でした。最後はのび太や子供達の説得で何とかお父さんも我に返りこどもたちと前までの関係に戻り仲良く生活してます。

・今回、私が「ドラえもん のび太の宝島」を映画館で観た感想です。大まかなあらすじとしては、宝島を探しにのび太たちが航海に出ていく物語です。小さな子供達にもわかりやすい物語の設定でありながら、途中の仲間との友情を確かめ合うシーンでは大人も青春時代の懐かしさを感じ、親子で楽しめる映画だったように思います。今回のドラえもんの映画は前作に比べ、親子の関係性について深く描かれており、前作とは違った感動を得ることができました。さらに、俳優の大泉洋さんや女優の長澤まさみさんが声優をされていて、聞き応えのある作品でした。星野源さんが歌っている主題歌の「ドラえもん」はとてもポップな曲調で親子で口ずさみたくなる曲でした。

・一緒に見に行った子供が大喜びしていました。子供だけでなく大人もハラハラしたり感動させられる映画に仕上がっています。単なる冒険ものだと甘くみていましたが、そこは「さすがドラえもん」というべきところでそれだけじゃ終わりませんでした。それぞれに意味を考えさせられるような終わり方になっていました。
エンドロールが流れるとホッと息をついてしまうと同時に、感動がじわっと胸に来ました。「宝島」とタイトルにはついていて、海賊が絡んでくるお話なのでどちらかというと女の子より男の子受けするのかなと思っていましたが、男女問わず楽しめます。のび太を始めとするキャラクターたちも、それぞれに見せ場があって良さが出ていたと思います。

スポンサードリンク