ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよSwitch版は面白い?

doragon_02

「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」がSwitchで発売されました。

既に大人気のドラクエビルダーズですが、今回初プレイの人も、前回発売時にプレイして今回再プレイになる人もいると思います。

あらためてSwitch版の「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」、感想を見てみましょう。

スポンサードリンク

Switch版でもマインクラフト感は変わらず!初心者でもとっつきやすい

・小学4年生の息子がどうしてもこのソフトが欲しいというので買ってやりました。どの様なゲームか聞いたところ「マインクラフト」みたいに建物を作っていくけど映像がドラゴンクエストビルダーズの方が全然きれいで作り甲斐があると言っていました。父親の自分からするとドラゴンクエストってRPGのイメージだったので、建物を作るってどういう事かと思って、息子がプレイするのを見ていたのですが、結局自分がハマりました。映像がとてもキレイですし、この色々な素材を手に入れて組み合わせてアイテムを作ったり、色々な建物を工夫して建てるというゲームを今までやったことが無かったのでとても新鮮でした。そして自分たちが子供の頃にやった敵を倒すアクションゲームの様な要素もしっかりと盛り込んであるので、絶対にお父さん世代のゲーム好きな人はハマると思います。

・コツコツ系というか、同じ作業を淡々と繰り返していくようなゲームは苦手な部類なのですが、ドラクエビルダーズは素直に楽しむことができました。街を自分好みに作っていくのはもちろん楽しいですし、キャラクターやストーリーも今までのドラゴンクエストに引けを取りません。おなじみのモンスターも多数出てきますので、久々にドラクエをプレイするわたしには懐かしくもありました。建物などを作り方は先ほど言ったように同じ作業の繰り返しになるのですが、どんな家にしよう、ここはこうしたほうがいいのではないか、やっぱりあそこはこうしよう、と考えながら組み立てていくのに夢中になれました。自分の好きに作っていくことができるので満足感があります。ストーリーをクリアしてもしばらくははまってしまう、いいゲームでした。

・RPG要素は残しつつ従来シリーズにはないマインクラフトのサンドボックスゲームシステムを採用し、運営や経営、ツクールや発展ゲームが好きなユーザーにはたまらない内容となっています。初めはただのこん棒で土や花しか壊せず土壁の殺風景な家しか作れませんが武器が変われば岩や鉱石、地盤すら破壊して素材化、自分好みの村を1ブロック単位から作れます。ストーリーは初代や他シリーズを感じさせる内容が盛り込まれており、シリーズファンはより楽しめる内容になっています。進むにつれ作った村にモンスターが襲来してくるので防衛するのですが、ボス級のモンスターが来ると村が見るも無残な姿に…フィールド毎に取れる素材が変わってくるので隅々まで探索して自分の城を作りましょう!

スポンサードリンク

・ドラゴンクエストの世界をブロックで再現したマインクラフトゲームでした。各章立てで構成されており何もない大地に集めてきたブロックやアイテムを合成して建物を作っていくのが楽しいです。プレイ開始時は何も考えずにひたすら地面を掘り続けたり、モンスターを追いかけたりして夢中になってしまいました。登場するモンスターも当然スライムといったお馴染みの奴等ばかりで、アクションゲームとしても楽しめました。主人公が大工という事もあって、攻撃手段が魔法ではなく物理攻撃になっていた点は少し残念かもしれません。クエスト形式で物語が進んでいく親切設計だったので、迷子状態にはなりませんでした。マインクラフトは自由過ぎて何をすればいいのか分からず放棄したので、こっちの方が向いているように感じました。

・このゲームのいいところは、なんといっても、ブロックで作られたアレフガルドでプレーヤーが自由に冒険ができるところでしょうね。なんだかマインクラフトを思わせるくらい自由度が高いです。でもマインクラフトの場合は少々慣れというかコツみたいなものが必要なんですが、『ドラゴンクエストビルダーズ』は分かりやすい目的が設定されているのでこの手のゲームをプレイしたことのない人にも違和感なく楽しめると思います。ストーリー的にもドラゴンクエストをやっている人には気になる点がたくさんあると思います。ゴーレムといえばメルキドの守り神なんですが、このゴーレムがメルキドを襲うシーンがあるのです。それはどうしてかというとゲームを進めていくうちに謎が解けて、なるほどねとなると思いますよ。さまざまな楽しみ方が満載な「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」是非楽しんでくださいね。

・今までになかったスタイルのRPGだったのでとても新鮮に感じました。ドラクエ1のパラレルワールド的な感じで、やっていた当時を懐かしく思い出しながら楽しむことができました。薬草一つにも布の服一つにも材料からさがして集めて作る工程が加わるので、今までのドラクエのように道具屋で買うことができず道具屋すらも自分で作る、というその工程が時間と手間はかかりますがおもしろかったです。店が発展して町を作って、国を作ることすらできるというその自由度の高さも今までのドラクエにはないもので新鮮でした。町を壊しに来るモンスターを迎撃するシステムを考えて作ったり、空中都市を造って逃げてみたりと的への対応も自分なりに工夫できるところもおもしろかったです。

スポンサードリンク