坂道のアポロン映画面白い?つまらない?感想評価!

sakamichi_00

原作のコミック、そしてアニメ版も大人気の「坂道のアポロン」

まさに青春を味わえる作品、方言もいいんですよね。

古い時代なのに新しい、そんな表現が当てはまる作品だと個人的に思っています。

さて、そんな坂道のアポロンのみんなの感想・評価をまとめてみました!

スポンサードリンク

原作ファンも納得?キャストも良かった?

・小玉ユキ原作の坂道のアポロンの大ファンで、アニメも大好きだったので、そのイメージを壊さないか心配で観に行ったのですが、原作との違いはあり、2時間の映画なので仕方ない部分はあるのですが、期待してた以上に面白かったです。観る前に千太郎と薫の配役を聞いた時は、なんでこの俳優さんと疑問に思いましたが、観てるうちにその違和感もなくなり、俳優さんたちを初々しく見つめていました。特に、律子役は可愛かったです。坂道のアポロンといえば、ジャズの掛け合いなど、音楽が重要なのですが、原作やアニメで名シーンの、学園祭のシーンも再現されていて、原作ファンも楽しめる内容になっていると思います。私はサントラ買っちゃおうかなって考えています。

・漫画原作の作品を今までも手がけていて、私的に好きだなーと思える三木監督が手がけた作品と知って気になっていました。
何かに必死に打ち込む青春ストーリーは甘酸っぱい自分の学生時代を思い出させてくれて大好きです。ジャスという共通のもので繋がる恋と友情。時に言葉よりも音楽の方が伝えられることがある。ジャスのことはよくわからないけれどとにかく引き込まれました。 迫力のある演奏シーンは映画館の音響で聞くことで本当に圧巻で鳥肌ものでした。原作の世界観を取り入れつつ、かつ出演者の魅力も引き出されていて見応え抜群でした。レトロな映像も綺麗で舞台である佐世保から近いところについ最近引っ越してきたので是非足をのばしてみようと思いました。

・キャストを見たときはただのアイドル映画なのかなという第一印象でしたが、いやいや作り込んでますんね。知念君は本当にピアノ弾けるんだっけって思うくらい上手です。特に自然体でわざとらしくないんですよね。とかく原作を破壊するから映画化はやめた方がいいっていう意見を聞くけど、これだけは大成功でしょう。セッションのシーンでは周りからすすり泣く声がかなり聞こえてきたので、ハンカチは必須でしょう、私もないてしまいましたし。小松菜奈さんは今までクールで感情を殺したような演技が多かったので、一瞬ミスキャストではないかなと思いましたが杞憂でした。しっとりしたおとなしい役も見事にこなして、もはや大女優の印象ですね。映画をも終わった後はなんだかジャズバーに行ってみたくなる気がしましたよ。

・原作漫画、アニメともに大好きな作品なので、今回の実写映画化は不安しかありませんでした。キャストも発表された当初は「ジャニーズ?きらきらしているイメージだしなんか違うなぁ…」と思っていて、不安なので見ないでおこうと思ったのですが、友人に誘われ見に行くことになりました。結果、やはりキャストはもう少しどうにかなったのではないかと思うものの、わたしの大好きな文化祭のセッションのシーンはやはり感動しました。音楽が非常に重要な作品なので、アニメ化で文化祭のシーンに音楽がくわわった際、とっても感動したのですが、やはりそれは映画でもありました。映像ならではの良さというか、勢いというか、そういうものはひしひしと感じられました。キャストの違和感以上に感動があったので、見に行って損はない作品だと思います。

・よくある青春群像映画であり、悪く言えばステレオタイプなストーリー設定であると思いました。主人公が昔を思い出しながら、時を遡るような回想がはじまり、そこには親友と美人のクラスメイト、友情と恋愛と青春と、そしてジャズという音楽がそれらを色鮮やかな思い出として効果的に使われていました。どうして彼女が薫に対してあのような言動に出たのかというところは女性ならではの複雑な恋心があったからなのではないかと胸キュンさせられてしまいました。また千太郎という人物の存在感が中川大志さんが演じることによって一段と輝いて見えたので原作のイメージを壊さないキャスティングはばっちりだと思いました。ディーン・フジオカさんなど出演陣が豪華なのもすごいなあと思います。

・アニメ化が先に行われているものの実写化という最近よくある流れの映画です。こういうのはSFとかファンタジーだと失敗の匂いがぷんぷんするんですが、これは良い題材を持ってきたなと思います。三角関係を中心とした青春ドラマで、こういったものならば邦画の良いところを十分引き出せるだろうと思って観たのですが、予想通りでした。とにかくおすすめなのはやはり演奏シーンで、これはアニメにも負けず劣らずの迫力があり、かなり情感がこもっていて素晴らしいと思いました。音楽、ということでぜひ映画館の迫力あるサウンドで聴きたい、見たいシーンだと言えるでしょう。ただ少し残念なのは、やはり演技力に差が出てしまうことかもしれません。主人公3人のうち一人だけ悪目立ちしているように見えたのは私の気のせいだと良いのですが。

・原作に負けじと良い作品でした。音楽、恋愛、友情と青春をぎゅっと凝縮したような、そして自分も青春時代に戻りたく成るような、そんな映画です。中川大志くん、ドラムの練習よく頑張ったんだろうなと感じましたが、肩に力が入っているように見受けられ残念でした。一つの役としてドラムを始めたことと思いますが、今後もぜひ続けてほしいと思います。また、小松菜奈ちゃんの透明感のある演技もとても良かったです。ファッション雑誌での透明感も随一ですが、今作でもまたとても透き通った姿を披露していました。今後、日本を代表する女優さんへと成長する姿を見るのが楽しみです。今作は、JAZZセッションなどの演奏シーンがあるので、原作や、ジャニーズや若い女優さんを知らない方でも、音楽好きの方、年配の方、原作を知らない人でも楽しめると思います。

・映画坂道のアポロンを見ての感想です。演奏のシーンとかとにかく最高でした。映画館で見ないと、聞かないともったいないです。キャストの皆さんがかなり練習されたようで、音楽を楽しんで演奏しているのが伝わってきました。特に知念くんがピアノを弾く姿が印象的でした。優しく弾いたり、ときには激しく聞いたり楽しく、その都度表情が全然違いました。演奏シーン以外でも感情の変化や表現力で涙を流すのがとてもうまかったです。知念くんの演技力に感心させられました。原作のイメージとぴったりでした。悲しくなる位のキラキラ男青春時代にタイムアウトしたくなる位どの世代の方にも楽しめる作品ではないでしょうか。小松さんや中川さんの演技力も大変素晴らしかったです大変感動しました。

・原作のファンとして、映画化には少し不安も感じていましたが、実際観に行ってみたらそんな不安は完全に吹き飛びました。特に素晴らしかったのは、文化祭でのセッションのシーン。アニメでも大好きなシーンだけに期待していましたが、映画も最高でした。画面に釘付けになって夢中になれました。また、若い役者さんの演技もなかなか頑張っていたと思います。特に方言なんかは習得するのがなかなか難しいとは思いますが、そこまで違和感がなかったので、ストーリーに集中できたと思います。また、実際に長崎でロケをしているのか、建物などから感じられる雰囲気もとても素敵でした。もう1度映画館で見ようか迷うくらい、本当に楽しく、また感動できる作品でした。

・「坂道のアポロン」はアニメ作品が大好きで、毎週楽しみにして見ていました。大好きな作品なので、実写版も期待していたのですが、そもそも主役がジャニーズの子であり、他にもジャニーズの子が出演していることで残念な気持ちになりました。
そして、なによりも一番残念なのは、音楽プロデューサーが菅野よう子さんではないということです。「坂道のアポロン」という作品を菅野よう子さんを抜きにしてはありえないと思っています。菅野さんの曲があってこその作品だと思っているのでただただ残念です。唯一、中川大志さんの千太郎は雰囲気が出ていて良かったです。やはり、アニメ作品の実写化はハードルが高く、アニメ版が素晴らしければ素晴らしいほど実写版は残念な結果になってしまします。

スポンサードリンク