本麒麟はおいしい?他のビールと同じ?違う?

honkirin_00

キリンから第三のビール、「本麒麟」がニューリリースです。

江口洋介さんの目隠しCMが話題になっていた事もあり、注目していた人も多いよう。

実際の飲みごたえはどうなのか!感想・評価を見てみましょう。

スポンサードリンク

CMが印象的!飲みごたえがいい?コクと深みにも満足?

・本麒麟をはじめに見たときはデザインやパッケージだけ変わってて中身は一緒ちゃうん?と思い飲んでみたら全く違いまして革命が起きました。今まで飲んできましたビールは飲んでから少したってうまいと思いましたが本麒麟は口に入れた瞬間「うまい」と思いましてかなり幸せな気分になりました。

・味のバランスは良いと思いますが、悪く言えばインパクトに少し欠けた印象です。ホッブの風味やコク、後味などスッキリ飲みやすく、一杯目に良いなと思います、KIRINの発泡酒は「淡麗」を飲むことが多いですが、値段も違うので比較できませんが、やっぱり淡麗を選ぶことになりそうです。

・また代わり映えしない発泡酒かなぁと思っていました。ただ、缶のデザインが正統派というか、「これぞキリンのデザイン」という感じだったので購入。実際飲んでみるとかなりビールに近い感じでちょっと驚きました。ラガー系等のホップが強い系統が好きな方にはお勧めできると思います。

・おすすめです。毎日の晩酌ており、お酒は妻が用意しますが、発泡酒が多いです。赤い缶が食卓に出ており、飲んでみましたが、発泡酒だと気づきませんでした。見た目の重厚感もあるかと思いますが、飲み口もよく出来ています。
キリンの「のどごし」は、ちょっと薄い感じがありあまり好まなかったですが、本麒麟は飲み続けられそうです。

・CMを観て、早速主人が買ってきました。まずぱっと見、デザインに高級感がありました。頂いてみて、のどごしが良く、味に深みとコクがあり、苦味も良かったです。主人も私も、言われなければ発泡酒だと気付かない程だと話し合いました。

・本麒麟飲みました。味が濃厚な感じがして個人的には好きな部類に入ると思います。また350ml缶をお試して一本しか飲んでないので次回はもう少し飲んで見てどんな感じになるか試したいと思います。ただ美味しかったので近日中に購入してみます。

・スーパーで、あ!キリンの新商品出てる!と購入しました。実は缶のデザインの重厚さからビールと間違えての購入だったのですが、飲んで缶を処分する時まで気付かず。そのくらい、しっかりビール味でした。元々キリンビールの製品が好きですが、のどごしよりよりコクがあって、これならビール派の私の家飲みにも取り入れられそうです。

・深みのある味わいで、独特な爽快感があるのが魅力です。肉料理との相性が良く、ディナーの際に提供すると喜ばれます。のど越しも良くて、ほのかに甘さが感じられるのも嬉しいです。価格の手ごろさも高く評価できます。

・キリンの本麒麟は、苦味とコクのバランスが良くジャンルは発泡酒ですが、ビールに近い感じの味わいだと感じました。低価格が嬉しいのと、コクのあるきりっとした味わいなので、ビール好きの男性にも好まれるのどごし感だと思いました。

・もともと「麒麟」ラインが好きなので、シリーズは全商品試しています。本麒麟は酒税が上がって割高になってしまったビール飲料の逆手を取って高級イメージで打ち出したものだと思われます。率直に言えば、特徴を出そうとしすぎた「力強いコクと味」に違和感があります…。好みの問題かとも思いますが、私はもっと素直にゴクゴク飲める淡麗系が好きです。

スポンサードリンク

・昔、ビールだと麒麟だという時代があった。この本麒麟は、イメージ的に、それを彷彿させるように感じる。本格的な発泡酒としての麒麟である。赤の缶に映える長き良き伝統の麒麟のエンブレムは、それを象徴している。

・TVのCMがおいしそうだったので、つられて飲んでしまいました。確かにおいしい!と感じます。口に入った時のさっぱり、スッキリ感と、舌から喉に残る味は、今までになくおいしいと思いました。本気、本物の本と言うだけありました。満足です。

・この手の他の商品に比べて、飲みやすさを重視した商品ではなく、あくまでも飲みごたえを追求した作りになっているのが印象として残りました。アルコール度数も高めの6パーセントなので、このランクのアルコール商品で、コクと深みを求めている人にとっては最良の選択になりそう。

・さっぱりとしたなかにしっかりと旨みが広がるコクのあるビールでした。最近はちょっと甘い香りのビールなど流行っていましたがビールらしいビールだなと感じました。パッケージもインパクトがありスーパーで目にとまりやすいです

・CMがあり興味を持って飲んでみました。はじめの感想は、リキュール類のアルコール飲料としては、ほぼビールの印象でした。炭酸が少し硬いような気はしましたが、のど越しも悪くなく、さっぱりとした味でした。アルコール度は6%ですが、飲みやすく満足いくお酒です。

・本当に美味しいです。アルコールの度数も6%で、味も濃厚で油こいものより和食に合う感じです。喉越しもよく、後味はコクがあり最高です。ドイツのヘルスブロッカーホップを一部使用していて、良い香りを漂わせ、そして最適な苦味を生み出しています。

・商品ラベルの印象は赤いので麦芽の味が濃いイメージでした。グラスに注ぐと色が濃く見た目も美味しそうです。実際に飲んでみると、コクが強くて好きな味です。黒ビールほど苦くないし、普通のビールよりもコクも苦味もあり、満足のできるビールです。

・本麒麟を飲んでの感想なのですが、値段が安い割には「ビール感」を感じられるといったところでしょうか。コクとキレ、苦味もまあ合格レベルにありますし、この価格でこの出来ならば不満はでないレベルであると思いました。

スポンサードリンク

・まずは、赤いパッケージが目を引くこの賞品。新しいジャンルの商品になりますが、CMでの江口洋介さんの表情がとてもおいしそうで、私も目隠しをして味わってみたいなという印象をもちました。アルコール度数が高めなのもそそられます。

・第一印象としてパッケージの赤色がパッと目につき、他の商品より目立つので手にとりやすいと思います。缶のデザインも上質や高級、大人の印象を受けます。これからの暑い季節、アウトドアやホームパーティーなどにもぴったりだと思います。

・おいしいです。アルコール度数が6%と高めであり、喉を通るときになかなかの刺激をともないます。ですが後味が非常にすっきりしており、コクもあります。刺激が強めなものを好む人にはとてもいい商品だと思いました。

・CMなどを観てキリンの本気度が伝わってきていました。是非飲んでみたいと思い先日試してみました。のど越しはとても爽やかですが、味わい深いコクが感じられこれまでのキリンの商品とは違ううま味を感じることが出来ました。

・この本麒麟の缶の色を見てまずびっくりしました。我が家ではあまりビールは飲まないほうなのですが、この赤い色を見てスーパーなどでカクテル系ドリンクと間違って買ってしまうかもと思いました。味も一度試してみたいです。

・アルコールは6%と他のビールと比べると高めなのですが、その喉越しの良さやコクのある味が特徴のビールでとても美味しいです。しっかりしたコクとキレのある味わいなので、お刺身をビールのお供すると良いと思います。

・まず、お酒売り場に赤いパッケージのものは少なく視覚的にインパクトのあるデザインだと思います。また、味はビール特有の旨味である苦味とアルコール6%からくるのか、ガツンとした飲み心地で、新ジャンルビールの中でもビールとして味の濃さを感じました。

・第一印象はビールで赤い色の缶は珍しいなと思いました。赤は食欲増進の効果があるといいますが、そのせいかすぐ飲んでみたいと思いました。普段チューハイ派の主人もCMを見てうまそうだとつぶやいていました。味が悪くなければブームになりそうな見た目です。

・力強いコクとアルコール度数がやや高めなのを売りにしている、とのことですが、ビール、発泡酒、第三のビール共、アサヒビール派なので好みではありませんでした。パッケージは赤で高級感が感じられますが、新ジャンルで言えば金麦の人気には勝てないかな、と思います。

・江口洋介さんの目隠しをするCMで、どんなもんかと気になっていました。飲んでみた感想は「とにかくコクがある」というのが第一印象です。またアルコールも6%なのでガツンと来る感じです。缶のデザインも深い赤が目をひきます。