去年の冬、きみと別れ 面白い?つまらない?感想評価は!

kyonen_00

注目の恋愛サスペンス、「去年の冬、きみと別れ」が上映開始になりました!

「絶対に予想が裏切られる」、と豪語していることもあり、その内容が気になる事。

また、岩田 剛典さんらキャスティングも話題になっている去年の冬、きみと別れ。

みんなの感想・評価はどうなっているでしょうか。

本当に裏切られる?泣けるサスペンス?

・2014年の本屋大賞にノミネートされて世間に認知されて瞬く間に芥川賞作家になってしまった中村文則さんの代表作の映画化作品です。実際に原作を読んでいる私のような人間には、にわかに信じがたいこの作品の映像化という難題に、本当に素晴らしいクオリティで実現させた映画スタッフの方達に、まず賞賛を送りたいです。そのくらい、この作品の映像化は非常に困難を極めたと思います。物語が進んでいくにつれて、どこからがトリックでどこからが真実なのか、そのラインがどんどん曖昧になっていく独特の手法がとられていて、画面に釘付けになってしまいます。原作を読んでいると不自然感じる映画化での配役も、今回の作品に至っては感じられず、特に原作ファンに見て欲しいと強く思う仕上がりになっています。

・予想がつかない展開のサスペンスで、見事にダマされました!真相がわかったときは鳥肌が立ちました。「予測不能サスペンス」というのは予告編でも謳っていましたが、意外だったのがラストの展開。まさか泣かされるとは思いませんでした。タイトルの意味が分かったとき、自然と涙が流れました。ハラハラドキドキするだけでなく、人間の愛や、正義と悪の線引きは何なのかとか、物語としてかなりクオリティの高い映画でした。主演の岩田剛典さんについて、今までは爽やかなイケメンというイメージしかなかったのですが、この映画を見て俳優としてもかなりの実力派なんだなということが分かってファンになりました。共演の斎藤工さんや北村一輝さんの怪演っぷりも見事でした。

・テレビを見ていた際、CMで「絶対裏切られる!」と言っていたので、そんなに自信があるのなら裏切られに行ってやろうと思い、見に行くことにしました。と言っても、原作小説「去年の冬、きみと別れ」を読んでしまっているので、オチは分かっていました。所謂トリック系のものがちりばめられている作品ですので、文章だからこそいいもので、映像化となると難しそうだと思っていました。…と。思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。映像作品ならではの演出で描かれた本作はとても素晴らしい出来であったと思います。原作小説からの改変もあったのですが、そのおかげで原作読者のわたしも裏切られる結果となりました。謳い文句は嘘ではありませんでした。今年の邦画の中でも強い印象を受けた作品なので多くの人に見ていただきたいです。

・美男美女が大きなスクリーンにはえるなあと、まずは演じている方たちの美貌にうっとりしました。そんな登場人物たちが騙し騙されする展開は、ドキドキして面白かったです。また、登場人物だけでなく映画の観客も「そうだったのか」と騙されていたことに驚き、話がつながって納得するという楽しみがあります。私は映画の前に原作を読んでいたので、結末がわかっている状態で鑑賞しました。ストーリーの大筋はだいたい同じですが、原作と映画では登場人物の設定が大きく違っていました。ですから映画の予告を見た時は、「あれ、どうしてこの人とこの人が?」と混乱しました。それでも楽しめる良い作品だと感じました。もちろん原作を読んでいないほうが、真実が分かったときの衝撃が倍増でしょうけれどね。

・途中までは、先が読めるのでハズレだと思っていました。物語が中盤くらいに差し掛かると、予想がことごとく覆される展開で、それまでの疑問にたいする伏線回収があり、劇中に様々なヒントが隠されていて、最初は何となく観ていて、途中でヒントが出ていたことを知ると悔しくなりました。最初から裏があると思って観たのですが、裏返し方が凄い映画でした。事件の真相に迫れば迫るほど驚きの連続で、最後まで飽きさせない内容でした。観終わってから真相を知っているので、劇中のどの部分にヒントが隠されているかを確認するためにもう一度観たくなります。思っているよりもグロテスクな内容ではなく、割と観やすいストーリーで、トリックに関しても上手く構成されています。