アメリカ対中国貿易戦争勃発か?日本への影響は?

1522249470
mohamed_hassan / Pixabay

アメリカが日本に貿易プレッシャーをかけてきてる中、トランプ政権が中国にも強硬姿勢を見せています。

このままだと貿易戦争突入かとも注目されていますが、その場合世界経済にも影響を与えかねないと懸念されています。

そこで気になるのが、「日本にどれくらい影響があるの?」「私たちの生活への影響は?」という事。

今回はみんなが気にしている影響についてまとめました。

スポンサードリンク

株価に影響?円高突入?中国産商品の打撃が日本にも影響?

・貿易戦争が起こった場合、現在より庶民の暮らしは厳しいものになると思っております。日本は輸入や外国で生産する事によるコストカット等に頼っている部分が多々ある為、アメリカと中国が貿易戦争となるとかなり危うい危機に立たされると思います。外交上アメリカと仲良くしたいと思いつつも、生活基盤は中国生産の物が多い為、貿易戦争があったとしてその後は中国から購入する物も高くなり、アメリカから購入すれば中国は売らないなどとなったら最後、物価の上昇はまぬがれない事になると思います。一番良いのは、日本が農業に力を入れていく事だと私は思っています。

・円高への移行が予想され、インフレとなれば輸出への大きな打撃となります。ようやく持ち直してきたといわれる日本経済がまた傾き、中小企業はもちろんのこと大企業も痛手をおい、雇用の不安定さが浮き彫りになるかもしれません。そうなると、雇用が不安定となれば消費も減りさらに負の連鎖が生み出され、日本は崩壊してしまうなもしれないと思います。

・中国への制裁関税引き上げ発表と同時に日本の株のダウ平均が大きく下がりました。日本の経済への影響が出始めました、このことは日本のみならず世界の経済を支配していると言っても過言でないアメリカと中国が報復合戦をすれば、この波紋が日本の経済にも大きな影響をもたらせ、日本の特に輸出関連企業が大きな痛手をこうむることが予想されます。もし経済が悪くなると、負のスパイラルが働き物価の上昇なども考えられると思います。

・現在市場で安価に売られている食材や家電などメイドインチャイナの商品がほとんどです。貿易戦争となれば、そういった輸入している商品や日本が輸入に頼っている商品が品薄となるのではないでしょうか。また、巡り巡ってガソリンなどにも影響し、色々なものの高騰が懸念されると思います。また、貿易が縮小することにより、働き口にも影響をきたす恐れがあると思います。そして、収入は減り、物価は上がり、その全てが庶民の生活に直結するため、貿易戦争が長引けば、現在と同じような生活は維持できなくなるとおもいます。オイルショックの時のように、日本全体が他国の貿易によって踊らされるのではなく、自国で生活をまかなえるシステムの構築が急務だとおもいます。

・輸出入の関税に変化がある可能性があげられます。密に対話は外交上しているでしょうが、あくまで重要な点は、中国の民間レベルにおいて貿易商人が不利となるような関係にはさせない。そう考えると、大量な布製品関連や情報入力の下請けなど、日本人を利用するとどうしても単価が高い仕事のコスト増が見込まれます。若干の物価上昇が懸念されます。庶民レベルでは中国産の物価上昇による経済的なダメージとなる可能性が考えられます。

・まず確実に円高ドル安になると思いますので、日本の輸出産業にかなりのダメージがあるのではないでしょうか。大企業が軒並み疲弊している昨今の状況の中、更に打撃を加えるようなこの自体が進行すると、日本経済全体も落ち込み、大不況が訪れる恐れもあるかと思います。輸入品は少し安くなるかもしれませんが、しかし世界的に不況に陥れば結局日本経済もダメージを受けるので、良いことは一つもない状況にどんどん進行している気がします。

・米国の銅鉄関税引き上げじたいについては、鉄やスチールの日本から米国への輸出はさほど無いので、深刻な影響は無いと思っています。しかし貿易戦争と言うほどの事になれば世界的に経済が落ち込み日本への影響は出て来るのではないでしょうか。
いろいろな状況から円が極度に安くなったりだのあるかと思います。米中貿易戦争で起こりえる世界的な不況に日本が巻き込まれるのが心配です。

・日本経済を支えているものは海外から輸入される食品、石油などの燃料、半導体をなどの工業製品であるため、貿易戦争により、米中からの輸入規制が起こりますと国内生産ができず景気は低迷し、物価は高騰して国民が日々の生活を送る事が難しくなるのではないかと思います。米中ともに日本にとってとても重要な貿易国なので貿易戦争が起きても中立を保つ事が重要だと思います。

・関税アップによる庶民の支出の増大が懸念される。働き方改革により全体的に収入がさがり、消費税がアップと重なり、暗い雰囲気になってしまうと思います。日本への輸入の税金も上げていくようにしないと将来的に厳しいだろうし、いい物を作る技術はあるから対抗できると思います。そして、日本の物作りというものを再度見直していかないといけないと思います。

・今回は鉄鋼に関する規制なので、製造業の方には打撃がありそうですよね。イメージ。打撃を受けた大企業のしわ寄せが、中小企業や庶民生活に来ない程度にお願いしたいところではあります。すでに株価の面では影響があったようですが、問題は対象品目が拡大された時ですよね。アメリカの貿易赤字が納得いかないようですが、それなら上手く商売して買わせるようにして欲しいところです。。

・米中の貿易戦争の影響が全く日本の庶民に影響がないなんてことはないと思います。まずは株価などの悪影響を及ぼし、今まで上昇し続けていた経済へ波及してゆくと思います。そこから雇用が悪化し、賃金などの減少を辿っていき、最後には庶民の生活が苦しくなる負のスパイラルにハマっていくのではなかろうかと懸念しております。

・米中で貿易摩擦が起きると、双方の国の貿易収益が減るのではないかと思っています。そうなると、貿易関連で会社を成り立たせている会社の収益減→働いている社員の給与が減り購買意欲や消費意欲が下がり中国人の爆買いや海外旅行の頻度が少なくなってしまうのではないかと思います。回り回って外貨を稼ぐ機会が減った日本人の購買・消費意欲が冷えるのではないかと思いました。

・貿易摩擦が原因での物価の上昇が一番庶民の生活に影響がでるのではないかと思います。海外製品を主に使用している加工食品や車や精密機器の輸出業にもさらに多くの関税がかけられることで業績の悪化も考えられ、関連企業にお勤めの方の家計の悪化はもちろん、それらの会社の国内販売製品の価格の上昇や、規模縮小に伴う入手困難が予想されます。

・アメリカと中国がお互いに過度な関税をかけあったり、規制を増やすことで、周辺国が迷惑を被ります。近い将来、安くで輸入している中国製の製品の価格が上昇するのではないかと危惧します。また、狙い撃ちのような偏った関税を増やすアメリカのせいで日本の製造業の業績がもたついてしまい、製造業で働く社員の士気が下がってしまうのではないかと推測します。

・米の中国に対する知財制裁関税を発表し、日本の株式も売りに出され、円高、株安の流れになってきています。米の対策が直接日本に影響するというよりは、円高が進む事によって、輸出を主とする業種は業績が厳しくなってしまう懸念があります。
日本の庶民にとっては、円高により海外旅行にも行きやすいし、輸入物の価格も安くなるのでプラスの面もあると思います。

・米中の貿易戦争が現実のものとなれば、投資家による安全資産としての日本円買いが進むと思っています。その結果、円は主要通貨に対して価値が高くなり円高が進みます。円高が進むと株価は下がり、日本企業の業績も悪くなり、その従業員の給料も下がり、特に派遣社員や契約社員といった不安定な立場の労働者の立場は危うくなると思います。

・このような国策はやはり、一番影響が出るのは庶民、さらには低所得者が影響すると思っています。関税による物価上昇、それに伴う法人の利益衰退求人の減少色々な負のスパイラルが発生して、低所得者に多大な影響があると思います。今予測しているのは、関税のアップによる対象商品の値上がりのついでに、他のもあげちゃえーってきなことは絶対にあるとおもいます。

・もともと中国は世界に対して暴力的な経済活動をしていると認識している(高い金利でお金を貸し付け、返せないと領土を自国のものにするなど)。中国は日本をアメリカの同盟国と思っている(同盟国ではあるが)ので、アメリカに対する措置をすべて同じように日本にかぶせてくると思う。中国からの輸出品の規制などがあれば、資源の少ない日本としては産業が停滞してしまうのではないか。

・先日も株価がぐっと下がるなど、早速経済への影響が懸念されていますが、米中の貿易戦争が始まってしまうと、原油価格の高騰により、すぐに一般市民の生活も厳しくなるように思います。オイルショックや2000年問題のときのように、ティッシュやトイレットペーパーの買い占めや、食料品の買い溜めなどが起きて混乱してしまうのではないでしょうか。

・米国側からの鉄鋼・アルミへの高関税化ということから始まったこの問題ですが、一国のみが保護主義的な措置を行なっただけでは済むはずがありません。たとえ一国の不公平感が拭えたとしても他国へのしわ寄せが生じてしまうだけだからです。
そのしわ寄せは日本を含めた諸国へ波及してしまいます。早い段階で各国が協調をしておかなければ弱肉強食のような貿易環境となってしまい、その点では弱みのある日本は貧乏くじを引いてしまうでしょう。その影響は国民ひとりひとりへ重くのしかかると思います。