新型iPad(第6世代)気になる点は?期待する内容は?

kaboompics / Pixabay

発売が発表された新型iPad(第6世代)!

まだ詳細が明確になっていない部分もありますが、アップルペンシルが使えたりと期待高まる情報も出てきています。

そこで今回はみんなが新型iPad(第6世代)で気にしている内容をまとめました。

是非新型iPad(第6世代)検討の参考にお役立てください!

ちなみに新型iPad(第6世代)関連の情報はこちら

新型iPad(第6世代)買う?買わない?値段安い?アップルペンシル付属が魅力でおすすめ?教育仕様?

スポンサードリンク

スペック面が気になる?価格、使いやすさも重要?

・写真の画像やら音楽の美しさ、機能の使いやすさ、画面が大きいか、厚さがどうなのかが気になります。特に写真の画像や動画がリアルに綺麗かどうかが気になります。ぶれないように撮れるかなとか。後は、機能の使いやすさです。難しかったりするとややこしくて悩んだりするので、出来るだけ分かりやすい方がいいです。テレビ通話も画像が綺麗かどうかも気になります。

・アップルペンシルが使えるそうなので手書き入力でどこまでのことが可能なのかが気になりますし、画面もより大きくなるそうなのですが、あまり大きくなりすぎるのもいかがなものかと思います。バッテリーの持ちが飛躍的に改善されているかどうかというのも気になりますし、それとCPUが高性能なものに変更されるそうなので、どれだけ処理速度が上がり快適感を感じる事ができるのかが特に気になります。

・今回発表されたiPadの新型で気になるのは、ペンシルが使えて価格が安いことが、最も気になります。実際に使用する際に、ストレージの容量が少ないのも気になりますが、実際に限定した使用方法をすれば、持ち歩きに便利で、金額的にも購入しようかどうしようかと考える金額の悩ましさを感じる設定です。PCとの使い分けをどうすべきかも気になります。

・イラストレーターやフォトショップなど、アドビソフトとの互換性が前世代からアップデートされているかどうか気になります。MacBookよりメリットが高ければ、軽いiPadに移行したいと考えているからです。iPadプロとMacBookの差がだんだん薄れてきているように思うので、MacBookへの購買願望も低くなりつつあります。

・やはり、Applepencilが使えるところが気になります。イラストを仕事で書いたりするのですが、その辺が新型iPadでもApplepencilを使うことでできるようになるのかが気になります。また、打ち合わせ等でラフをささっと書くときなど、ノート代わりに使えると嬉しいと思います。マルチタスクにも対応するということで、資料を見ながらの書き込み等にも期待しています。

・価格はあまり変わらないですが、スペックは順当にアップしているとの事なので、ソーシャルゲームをプレイしたり動画鑑賞をよくする私からするとどれ位の精度でプレイできるのかが気になります。ですが一番の注目点はやはり、「apple pencil」が使用可能になった事でしょう。今までですとこれを使うには高い金額を出してiPadプロを購入するしかありませんでした。でも今度からはこの第六世代のiPadで使用可能なわけです。このapple pencilは教育現場でも使われているので、これが今後、どのように普及していくのかが非常に気になります。もしかしたら今までiPadを使用していなかった人もこれを機に購入するかもしれませんね。

・まずは本体のスペック、処理能力の高さは最初にきになるポイントです。次にディスプレイの大きさと解像度、美しさは気になるところです。完成されたデザインだけにどの程度の容量のものと大きさのものがラインナップされるのかにも注目していますし、そもそもの通信手段として物理的につなぐようなケーブルは存在するのかどうかという点も気になります。

・今回新たにApple pencilに対応したことが一番の注目です。今まで、文字や絵を描くのにiPad proで描いてました。しかし、今回3万7800円という値段で文字や絵を描くスタイルにしっかり対応されている事です。描き心地の良さなどが気になりますし、教育の場での活用方なども期待されそうです。美術などの芸術、勉強などの教育などへの6世代だからこそ出来る新たな使われ方などが楽しみです。

・Apple pencilへの対応が気になりました。使い勝手の良いスタイラスペンに対応することにより利用場面が拡大していくことが想像できます。何よりApple自信が教育現場へのサービス拡大をアピールしていることが利用場面の拡大を物語っていると思います。Microsoftも教育分野に力をいれていたりしますのでApple Pencilを利用するサービスに期待できます。

・私は絵を描くのが好きなので、iPad ProでなくてもApple Pencilが使えるようになったところがとても魅力的に感じて気になります。また、価格帯も従来のiPadと同じくらいで手が出しやすくて良いと感じました。
しかし、容量があまり多く無いのも気になります。写真や音楽データなどを沢山入れて使いたいので大きい容量のものを買うとやはりそれなりな価格になってしまうなと思いました。

・注目点は、なんといってもどんどん良くなるグラフィックス!一眼レフに負けず劣らず、またいろいろな加工が手軽に出来るため、iPadの写真はとても重宝します。また、いよいよペンシルが採用され、使いやすさや使用シーンの多様化が期待されることが明確です。ゴールドの色味が若干変わるそうなので、大人っぽい色味に変わっていたらいいなと思います。

・今まではiPhoneでインターネットをやっていたのですが、次に新型のiPadが出てきたら購入しようと思ってました。
私が気になる点は、入力作業が楽かどうかです。ネットはスマホやPC同様に問題なくできると思いますが、従来のiPadはどうしても入力がしにくかったので購入はしませんでした。iPhoneの大きさに慣れてしまってる人でも問題なく入力作業ができるような感じなら購入後も違和感なく使えると思います。

・新型iPadの最も気になるポイントは何といってもApple Pencilに対応している部分だとおもいます。今までは文字ばかりのメモを図解や絵などを用いてより分かりやすく鮮明に残すことが可能です。これまで指で操作していて細かな部分に対応できないことがありましたが、その不満も一気に解消できると期待しています。

・新型ipadのApplepencil機能が興味深い。Web会議やアイデアメモ、資料作成等様々な場面での活用ができることを期待する。そうすることで業務の効率化、さらには働き方改革の一助となると思われる。当機能の使いやすさ、当機能で作成したデータの他OSとの汎用性といった点も気になる。価格については、従来モデルと同価格であり、機能向上したた目割安感はあるが、今後さらに普及を進めるためにはよりコストパフォーマンスの良い商品も期待する。

・第5世代愛用者です。第6世代のiPadは値段も変わらない、おもさや大きさも変わらないと聞いています。なので買い替えはいいかなぁと思っていましたが教育現場ではとても発揮できる違いがあるとか。最近は通ってるジムや携帯ショップで、エステサロンでも使用されているのを目にします。仕事や教育でどれくらい必須アイテムになるのかが気になります。どのような点がいいのかもっと明確に庶民でもわかる違いが知りたいですね。