ヒゲダンことOfficial髭男dism人気の理由は?

offi_00

2018年春季月9の主題歌にインディーズならが大抜擢となったOfficial髭男dism。

バンドミュージックでありながらポップさを感じさせるメロディーとそのクリアな歌声。

Official髭男dism(おふぃしゃるひげだんしゃく)という印象的なバンド名ということもあって注目度急上昇のバンドです。

今回はそのOfficial髭男dismの印象やみんなのおすすめ曲についてまとめました!

スポンサードリンク

ヒゲダン好きな曲は?SWEET TWEETが人気?

・「ヒゲダン」はデビュー当時から注目していました。久し振りに出てきた実力あるPOPバンド、そんな印象でした。このバンドの好きな曲はいろいろありますが、1曲を上げれと言われれば、やはりデビュー盤の「ラブとピースは君の中」です。静かにして聴いていると気持ちがワクワクし心が自然と和みます。ボーカルの「藤原聡」さんの声質が好きですね。聴いているだけ、見ているだけで笑顔になれるホッとしたバンドです。実力がありまだまだ売れても良いと思いますが今後に期待します。

・ヒゲダンの呼び名で知られるOfficial髭男dismはインディーズバンドですが月9ドラマの主題歌を担当しています。バンド名の意味に髭が似合う歳になっても音楽活動を続けていたいという意味が込められているほど彼らは音楽を愛しているのです。そんな彼らの楽曲の1つであるコーヒーとシロップは新社会人を応援するような曲になっています。もちろんのことすでに社会人をしている人にも当てはまるような曲でもあり、聞いていると諦めずに頑張ろうと思えるのでお勧めです。

・Official髭男dism、妙なバンド名から日本のレゲエかヒップホップ、ラップ系のアーティストかと思ったら、めちゃルックス普通なんだね。音の方は若干、2、3年は古い気がするけど、フェスとか出まくったら短時間で売れると思う。ドライブ中とかに聴きたいね。曲ならTell me babyが好き。一曲ヒット出せたら、ビッグになるバンドだと思うね。最近の日本のバンドてみんな同じでしょ。Official髭男dismはちょっと皆と違うからね。音が。こういうの大切だよ。

・島根県を中心としたバンドで、県内では有名な方である。最初の印象として、バンド名が変わっていて興味を惹かれた。ボーカルの高い声も魅力的で、他のバンドにはないものが感じられた。中でも私が好きな曲は、「SWEET TSWEET」である。島根県出身の友人に教えてもらい、一番最初に聞いた曲だ。テンポも良く、メロディーも爽やかな感じであり、耳に残りやすい曲だと思った。次に好きな曲は、「コーヒーとシロップ」である。サビで曲調が変わるところが好きだ。カラオケでも盛り上がりやすい曲が多いと思う。

・まず変わった名前なので印象に残りました。最初何と読むのかわからなくて「ひげおとこディズム」かな?と思っていました。何曲か曲を聴きましたが、いろいろな曲調の曲があって飽きないな、という印象です。ボーカルの声やギターの音が心地いいのでずっと聴いていられる感じです。MVもとっても面白いですね。バンド名からヒゲ男がいるのかなと想像しましたがメンバーが誰も髭を生やしてないどころかボーカルの方なんかはとても童顔でびっくりしました。

・なんといっても「始まりの朝」が素晴らしいです。「関ジャム」で紹介されているのを聞いて以来、すっかりはまってしまいました。こんなに朝が、そして春が似合う聞くを久しぶりに聞きました。他には「コーヒーとシロップ」もよいですが、あと1曲どうしても選べと言われたら「What’s Going On?」です。すごく悲しい内容の歌なのですが、「何かあっても適当の受け流して行けば、結局それが勝つことになるんだ」という、後ろ向きだけれどすごく力強い歌です。5月病にきくと思います。

・バンドとしての演奏力、パフォーマンスは素晴らしいと思います。ライプではその音一つ一つに魅了されます。ないよりギターの大輔の笑顔が可愛くてきゅんきゅんします。好きな曲は恋の前ならえがとても好きです。ポップで親しみやすく、いつのまにか口ずさんでしますようなキャッチーな曲になっています。ボーカルの優しくもあり、味がある聴く人の心に響くような歌声は一度聞いてみる価値はあると思います。きっと虜になること間違いなしです。

・バンド名からして何者かと思わせてくれますが、メンバーみんなが優しい顔立ちなので和みます。髭男といかつめの名前がついていながらボーカルの声が甘く高いので、ギャップがあって面白いと感じました。好きな歌は「SWEET TWEET」でMVと合わせて観ると元気をもらえます。聴いた曲調から、フレッシュさやセクシーさを好む印象を受けますが、人生経験を重ねてもっと上の世代のハートもつかめるような重厚さや哀愁のような感情を表現していってくれたら嬉しいです。

・私は、Sweet Tweetという曲が好きです。私がピアノが入っている曲が好きなのもあるかもしれませんが、ピアノから始まりワクワク感があり、ピアノが随所に鳴っているのあるような感じがいいです。この曲は全体的にがっかりさせるような部分もなく、すんなり聴けます。若いのもあるかもしれませんが、最後の「ohohohoh yeahyeah」のシャウトの伸びもいいので、聴いててスカッとします。ボーカルの声も変な、イヤなクセがないように聴こえ、まっすぐ耳に届きます。声量もありますし、突き抜ける、とまではいかないかも知れませんが、歌の基本的なうまさが高そうに聴こえます。

・私は結構前からOfficial髭男dismを知っていた訳ではなく、三ヶ月前くらいに勉強のBGMとしてYouTubeで楽曲の再生をしていた時に、Official髭男dismの「ブラザーズ」が耳に入り、勉強の手が止まり、そのまま聞き入ってしまったことを思い出します。Official髭男dismのボーカルの透明で伸びのある、くせになるハイトーンボイスは、私の心をがっちり掴みました。他によく聞く好きな曲は「LADY」をよく聞きます。