レッド・スパロー面白い?つまらない?感想評価!

red_00

公開予告CMも話題になっていたレッド・スパローが上映開始です!

ロシアの女スパイをジェニファー・ローレンスが演じる、人気小説を原作にした本作。

予想以上にグロ要素が強いともいわれているレッド・スパローですが、みんなの感想・評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

ジェニファーローレンス好演?構成も良かった?拷問シーンの感想は?

・映画「レッド・スパロー(Red Sparrow)」は、ジェニファー・ローレンスがロシア人の女スパイを演じる映画で、日本公開は2018年3月30日。 原作は、元CIA局員だったジェイソン・マシューズによる本の映画化だけに内容はリアルです。監督は「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス。あらすじはボリショイバレエで活躍中だった ドミニカ(ジェニファーローレンス)は、とても美しく類まれな才能あるバレリーナだったが、ブタペストでのバレーの舞台中に起き事故で、足に大怪我をする事に。その結果、ロシアのスパイ組織で働く叔父のイヴァン(マティアス・スーナルツ)を通じて、ドミニカはスパイ養成学校「スパロースクール」へ入る事に。3ヶ月そこで鍛えられたドミニカに与えられた使命は、ロシアのスパイでありながら、CIA側にロシアの情報を流し続けている人物が誰か、その正体を見つける事だった。ドミニカのターゲットは、CIAのスパイのナサニエル(ジョエル・エドガートン)。 ナサニエルは、自分の前に姿を現したドミニカを見て、すぐに彼女が女スパイ(レッドスパロー)である事を見破る。でも、美しいドミニカにすっかり魅了されてしまったナサニエルが取った行動はとは…。映画をみての感想ですが、レッド・スパローは、33年もの間CIAに在籍し、その間、特に旧ソ連や東欧諸国での活動をしてきたジェイソン・マシューズの原作小説を映画化したものです。 実際の経験に基づいた内容はとてもリアルです。それと残酷なシーンは苦手なのですが、スパイ映画というと相手を自白させるための「拷問」シーンがつきものですよね。 「レッドスパロー」の中でも、ジェニファー・ローレンス自身が拷問を受けるシーンがありました。また、ありとあらゆる武器を備えた「拷問のスペシャリスト」のような人が、相手を自白させるために拷問を施すシーンは、あまりにリアルで怖くて見ていられませんでした。スパイになるって事は、拷問を受けて殺されるのも覚悟の上じゃないと、できないような仕事だって事なんですよね。改めて実感しました。

・主演女優のジェニファー・ローレンス、まじキレイだし可愛い。それはさておき、映画は複雑な騙し合い、と、一方で本物の恋の駆け引きが絶妙に絡み合う、最初から最後までの心理戦のスパイ映画。表と裏。暴力と愛。全然先が読めない展開、最後までどんでん返し。これは劇中での俳優同士の騙し合いですが、観客をも最初から最後まで常に騙し続ける映画です。正直、見終わってなんか少し気分悪くなりました。何しろ原作者が元CIAで30年勤めた人ですから、こういう事が現実に世界中で行われているんでしょうね。あー怖。たまにかこういうスリリングな映画も良いですね。結構、見た後に心に引っ張ります。あと最後に、強く印象に残っているのは、雪が積もるロシアの風景。美しい建築、景観。

・オスカー女優のジェニファー・ローレンス、ここまでやるのか!と驚かされるほどの好演。強く、美しく、身体の張り方がガチンコの役者だと感じた。ストーリーはなかなか面白かった。ちょっと長めだけど飽きなラストのツイスト具合はハラハラする。ドミニカの境遇はむちゃくちゃ悲惨で同情を誘うんだけど、もう少し幸薄そうな感じでてたらもっと感情移入できたかも。色気を武器に使うキャラだからしょうがないのかもしれないけど、もう少し線が細くて繊細な感じだったらなぁって少し思ってしまった。母親のところに戻る時に元の自分に戻る感じが良かったけどね。でもまぁ最後の着地点は見事!やられた!将軍のハードボイルドさ、プーチンのプーチン感も見所。とてもいい映画でした。

・映画「レッド・スパロー」を見た感想はショッキングな内容だという印象がありました。主な登場人物はジェニファー・ローレンス演じる女スパイでグラマラスだと思いました。また映画の雰囲気もムーディーで常にハラハラしました。この映画の凄いと感じた部分はジェニファー・ローレンスの圧倒的な演技でした。妖艶な人物をリアルに作り出していて驚きました。また見た目もセクシーな役作りで直に私も魅了されました。またスパイ系の映画としてはスリリングな展開もあって楽しめました。妖しい雰囲気が強くてダークな部分もあったと思います。しかし「レッド・スパロー」は女性の存在や価値を上手く表現していると感じました。「レッド・スパロー」は大人向けのスパイ映画でシリアスな内容が本当に楽しめました。

・スパイアクションかと思い見てみましたがそれだけではなかったです。むしろアクションはおさえめの感じです。ハニートラップ等の心理戦の方が見せ場でした。あと音楽がすごい。重圧な音楽が多くて雰囲気出てた。R15+ですがそれ以上な感じです。
普通の映画では映さないようなシーンをすごく写しちゃってる感じ。股間も映っていましたし・・・拷問のシーンとかも結構むごかったですが、内容しっかりしていてほんとに良かったです。伏線もいろりろ用意されていて徐々に回収されていき最後には驚かされる内容でした。ジェエルエガートンは、今までかっこいいって思わなかったけどこの映画でかっこよかったです。ジェニファーローレンスもすごく身体を張っていました。監督みたいな女の人すごいよかったなぁ…もう一回観たくなった…。