ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書面白い?つまらない?感想評価!

pneta_00

とんでもない情報を手に入れてしまった新聞社の決断を描くペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書。

スピルバーグ監督作品という事でも注目を集めていますね。

今回はペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書の感想・評価についてまとめてみました!

スポンサードリンク

実話をもとに製作?トランプへのアンチテーゼ?

・映画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は上映前に映画を観に行った際に、予告でやっていたのを観て面白そうだと思い、上映が始まったら映画館まで観に行ってみたいと思っていました。それから数日後に、映画の公開前の見所を紹介する宣伝などで、実際に起きた実話を元に制作されているとの事だったので、期待が高まりました。最後の決断は人によって評価は分かれるかもしれませんが見所です。さすがはスピルバーグ監督の作品で、登場人物の心理描写もよくできており、何回も見たくなる作品でした。

・スピルバーグがペンタゴンペーパーズ最高機密文書に託したメッセージは明白です。それは不屈の精神で権力の抑圧から抵抗しジャーナリズム奮起を促す映画であります。その事についてはほとんどの他の解釈の余地などはありません。ドナルドトランプがフェイクニュースとマスメディアを攻撃し始めた時に、スピルバーグが素早く完成させようと決断したと言うスピルバーグがかつて事件性に呼応した映画としてミュンヘンを作りました。スペクタルのスパイ映画としては傑作でした。ペンタゴンペーターズは政治的なイシューだけではなく、映画作家スティーブンスピルバーグとして芸術的映画私的な記憶が他の作品と同じく刻印されているはずです。何度見てもまた見たくなる素晴らしい映画です。