ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男面白い?つまらない?感想評価!

wins_00

アカデミー賞受賞作品、ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男が上映開始です。

本作品は辻一弘氏がメイクアップ・ヘアスタイル賞を受賞もしているため、その点でも話題になっていますね。

早速ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男の感想評価を見てみましょう。

スポンサードリンク

脚本・演技ともに素晴らしい?演説が感動的?

・この映画はヒトラー率いるナチスドイツがフランスに侵攻しているにも関わらず、イギリス議会はどのような対抗手段をとればいいのかで大混乱しているさなか、最後の望みであるチャーチルが首相に就任する所から連合軍が窮地に追い込まれたダンケルクの撤退戦までの約1ヶ月の事についてピックアップしている映画です。特によかった点は役者の演技がとてもよく、このころのチャーチルの心境についてとてもわかりやすくなっているのと、ところどころで映画の中で重要になってくる伏線を後半にどんどん回収してくるセンスがとてもよかった点です。あとこの作品の特殊メイクをしており、日本人で初めてメイクアップ・ヘアスタイル賞に輝いた辻一弘のメイクも注目です

・辻一弘さんがオスカーを獲得されたので、興味が湧き、観に行ってきました。最初は、ゲイリー・オールドマン演じるチャーチルの特殊メイクの自然さに驚いていましたが、ストーリーが進むにつれて、登場人物たちの人間関係が次第に興味深く感じられるようになりました。チャーチルが首相に就任し、組閣する時に、自分とは意見が大きく異なる人物を敢えて登用し、積極的に議論をしているシーンは、とても見応えがあり、敢えて自分とは意見が合わない人物と関わる事の大切さを感じました。また、最初は、チャーチルが国王ジョージ6世を支える立場だったのが、チャーチルが窮地に追い詰められた時に、今度はジョージ6世に助けられ、窮地を脱するシーンでは、ジョージ6世とチャーチルとの間に確かな友情が感じられました。特殊メイクの高い技術を目で楽しみ、チャーチルと周囲の人々との人間関係を心で楽しめる映画でした。

・実際のチャーチルがどんな人間で、どんな首相だったのかは全く知らずに観ましたが、とても興味深かったです。初めは飲んだくれたただの偉いさんかなと思っていましたが、首相になり、周りが敵ばかりな中奮闘し、最終的には素晴らしい演説を聞かせてくれる、というその流れにちょっとぐっときました。個人的には、地下鉄で民衆の声を聴くシーンがとても印象的でした。小さな会議室の中にこもっていてはわからない。外に出て色々知ろうとすることはいつの時代でも大事なんだなと思わせてくれたシーンでした。チャーチルの一生ではなく、首相になってからの数日間にスポットを当てていたこの作品はぐっとコンパクトに纏められていて2時間あっという間でした。そして主演のゲイリー・オールドマンが特殊メイクを施され、元の顔が全く分からないほどになっていたのにもびっくりでした。