福山雅治新曲ZERO感想評価印象!劇場版コナン主題歌!

hukuyama_00

大人気アーティスト福山雅治さんが、劇場版コナンに曲を提供!

新曲「ZERO」が注目されていますね!

今回は福山雅治さんの新曲「ZERO」の感想評価を見てみましょう!

スポンサードリンク

歌詞がピッタリ?サビがいい?ギターカッコイイ?

・「真実を追求するものと己の正義を貫く者、それぞれの信念が激突」をテーマに作曲してあり、コナンの映画の世界観が色濃く反映された曲だと思いました。メロディは激しくも切ない感じで、歌詞には「真実はいつもひとつ」のきめ台詞まで入っていてあってコナンのために創られたようなカッコいい曲です。

・歌詞が映画名探偵コナンの主題歌ということでコナンの決め台詞「真実はいつもひとつ」から始まりとても印象的です。また、イントロの印象的で切ないサウンド、フラメンコ調の格好良いギター、情熱的なサビのどれをとっても素晴らしいと感じました。

・映画の主題歌になったことで話題になりましたね。曲を聴くとかっこよくて素敵でした。映画のイメージに合わないとの声もありましたが、エンディングで流れると締まった印象になるんだろうなと思わせてくれます。映画とともに楽しみにしたいですね。

・映画名探偵コナンの主題歌なので、歌詞が映画や名探偵コナンの世界観に寄せてこられています。原作ファンならば興奮するのは「真実はいつもひとつ」から始まる冒頭です。静かなトーンから徐々に盛り上がるメロディに、リスナーの気持ちも盛り上がっていきます。曲調はメランコリックなラテンベース、サビは力強くて疾走感があります。

・劇場版名探偵コナンの主題歌ということで余り期待はしていなかったのですが、福山さんの力強い歌声に彼なりの正義の解釈が垣間見る思いがしました。曲調などはキャッチーというほどではなく、過去の作品と比べると少し物足りない気もしますが…

・スパニッシュな雰囲気がある曲だなという印象が一番にありました。歌詞は名探偵コナンの映画で使用される曲ということなので、真実だとか守るとか、入っていてそれっぽいなという感じがありました。リメンバーミーを映画館で観た後で、曲を聴いたので、なんとなくリメンバーミーにも合っている気がしました。

・まずアコギ始まりのイントロがかっこいいです。また台詞のような語り掛け歌詞と、渋いサウンドがマッチしています。劇場版コナンの主題歌ですが、今までのコナンとはまた一味違う雰囲気を音楽で醸し出してるなという印象を受けました。

・福山雅治とコナンが繋がらなかったのですが、曲を聴くとものすごく合致していてこれはアリだ!と感じました。
なんとなく爽やかな福山さんの声のイメージがあり、謎や真実を解き明かすコナンとは当てはまらないなと思っていました。
でも、全然そんなことはなく、曲を聴いているだけで、映画も観たくなります。

・聴く前は名探偵コナンと福山雅治のイメージが一致しなかったのですが、映画の脚本を読んでから歌を作っただけあって、コナンの世界観がうまくでていると思いました。
イントロの落ち着いたメロディーから一気に盛り上がるところが好きで、何度も聴いてしました。

・ギターの音が響き、ラテン系のアップテンポで情熱的なサウンドがとてもカッコいいと思いました。静かな部分と、激しいところのメリハリがあり、素敵な曲です。善と悪という歌詞が心に残ります。コナンの主題歌にピッタリだと思います。

・コナンの新しい映画の主題歌にもなっていて、かっこいい雰囲気の曲だと思います。メッセージ性が強い曲だと感じました。CMしか観ていないけど、映画の雰囲気とも合っていると思います。コナンのキャラクター・安室透のイメージで作った曲なのかなと思いました。

・劇場版名探偵コナンの主題歌です。名探偵コナンと言えばのあの名言が歌詞に入っているのがとても印象的な一曲かと思います。カッコいいながらもサビではポップな印象もうけるこの曲が名探偵コナンの映像とともにどのように映画館で流れるのかがとても楽しみです。

・名探偵コナンの新作映画の主題歌になった曲ですが、まずアコースティックギターの音がとてもカッコイイ。サビも盛り上がりがあって良いですが、その前のブラスが差し込まれるところも個人的に好きです。福山さんの声に合った楽曲だと思います。

・甘く切ないメロディーで福山雅治の力強い歌声で歌い上げていてる新曲だった。歌詞はサスペンスアニメ映画の主題歌らしくシリアスでした。まだフルバージョンが出ていないので早くフルバージョンを聞きたいと思わせる新曲でした。