UVERworld新曲ODD FUTURE感想評価!

UVERworld_00

大人気バンドUVERworldから新曲「ODD FUTURE」がリリースです。

ODD FUTUREは僕のヒーローアカデミアの主題歌としても使われている曲。

早速、UVERworld新曲「ODD FUTURE」について感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

好みは分かれる?疾走感ありカッコイイ?

・まず、一番評価したいのは、この曲がラブソングではないということです。ラブソングってどうしてもお金目的で音楽を作ってると思ってしまって、まじめに聴くことができません。私はこのグループの曲を聴いたのは初めてなのですが、良い印象をもって聴くことができました。高評価です。又、歌詞の語尾の音声をちょっといじったりしたり、細かなメロディーの変化などは、作ってる人が情熱を込めて丁寧に作品を作っているのだろうなと伝わってきます。それだけでも、聴く価値がある音楽だなと思いました。

・昔からUVERworldはアニメによく合う曲を数多く発表していますが今回のODD FUTUREは疾走感というよりかは静かに盛り上げていくタイプの曲だと思いますが自分が知っている限りの時から変わらず相変わらずのカッコイイ曲ですね。OPともマッチしており安心して聞けますね。このグループも結構もうベテランになってきたロックバンドですがこれからもこの路線を崩さずカッコイイ曲を製作してこちらに聞かせてくれることを期待しています。

・僕のヒーローアカデミア第3期のオープニングですが、ますます佳境を迎える3期にふさわしく疾走感のあるパンチのある曲だと思います。ただ歌詞自体はやや聞き取りにくい感があるように思います。アニメのオープニングのバックとしては盛り上がる曲ではないでしょうか。アニメの主題歌という部分を差し引いても中毒感のある曲で、作業用のBGMにしたら能率アップしそうで受けそうです。ただカラオケで歌うにはハードルが高そうです。

・以前よく聴いていたendscapeのようなメロディアスな曲が印象的だったので、今回初めて聴いた時は少し変わった歌だなあと思えどUVERだとは気付きませんでした。歌声も前とは少し違ったように聴こえました。UVERが好きな人にはこの曲も良いのかもしれませんが、私のようにUVERはこういう感じ!という偏狭なイメージを持っている人にはあまり耳に馴染まないかもしれません。時間をかければいつかは魅力を発見出来るかもしれませんが、今のところは溢れる楽曲の内のひとつです。

・正直いままでUVERworldの曲はあまり聞いたことがなく、エレキギターを主としたロックバンドなのかなと思っていました。なので今回「ODD FUTURE」を僕のヒーローアカデミアのPVで初めて曲を聴いた時、「え!?これがUVERworldなの!?」と驚きました。ピアノやシンセなどの鍵盤系も入っていて、曲調はどちらかといえばEDMっぽい雰囲気。でもやっぱりロックも混ざっていて、、、なんだこの曲!?かっこいい!!とそれから何度も聴いています。シングルリリース日が待ち遠しいです。

・率直に言って、聴いていて特に何も感じませんでした。強いて挙げるとするならば、「カラオケで歌うとしたら難しそうだな〜」ぐらいの感想しか持てませんでした。「僕のヒーローアカデミア」の主題歌でありますから、歌詞の内容がその作中の登場人物、特に主人公の心情に即しているようには感じられましたが、それ以外に特筆すべきがものがなく、歌を聴いていて、感動や共感といった何かしらの感情が湧き起こることはありませんでした。

・TAKUYAのハイトーンボイス、疾走感、次々に変わる音の風景、それらの中でも聴き流すことの出来ないリリック。まさにUVERworldである。スネアの力強さ、キックのシャープさが印象に残る。激しさと共に全体を漂うおしゃれ感は彼らお得意のサウンドだが、完成されすぎて自分たちの型にはまりすぎている、という気がしないでもない。方向性をガラリと変える必要は無いかもしれないが、なにか新たな要素が加わった彼らの新たな音楽も聴いてみたい。

・疾走感がありかっこいいメロディーが印象的な、UVERworldの良さがよく出た素晴らしい曲だと思います。歌詞から、若い頃に誰もが経験したような無鉄砲でがむしゃらで少しひねくれた日々を思い出し、その裏にあるやるせない思いやもどかしさのようなものを感じ、とても共感しました。それらを思い出すと、時に苦しかったり恥ずかしく感じたりもします。しかし、たとえ今更どうにも出来ないような過去があったとしても、そんなものに縛られずこれからどう自分らしく生きていくのか、それが大事なんだと教えてくれているような前向きさがすてきだと思います。

・以前までのUVERworldと少し雰囲気が違う曲に感じました。ボーカルの力強くも儚い声質に加工が少しかかっているように聞こえ、印象がガラッと変わらました。耳にスッと入ってきて、だけど力強くて、思わず聞き入ってしまうような、そんな気持ちになります。また、アニメヒーローアカデミアの正義(ヒーロー)というテーマに沿っており、アニメの内容にも合致している歌詞、曲調、雰囲気だと感じました。アニメファンも納得の曲なのではないでしょうか。