Caligula-カリギュラ-面白い?つまらない?アニメ感想評価!

caligula_00

既に反響を呼んでいるアニメ「Caligula -カリギュラ-」

独特な設定・世界観を持つカリギュラ、ちなみに原作ゲームはフリューが製作元なんですよね。本当に幅広いジャンルを取り扱っている会社ですとつくづく感じます。

さて、早速アニメ「Caligula -カリギュラ-」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

ストーリーわかりづらい?原作未プレイでも楽しめる?

・主人公の式島君が混乱しているように見ている私もストーリーの展開に混乱してしまいました。前半は通学やラーメン屋に行く高校生だったりと日常を描きつつ、ちょっとだけ日常なのかな?という要素が入り始めたと思ったらベランダにμが現れたりと日常では起きないことが起こり始め、訳が分からないストーリーという感じでした。終盤の卒業式、そして卒業したはずの人が新入生として「よろしく先輩」と言ったとたん、μが空中に現れ混乱へと続いていくと、ホントに何が起こっているんだろうと混乱の極みです。2話目以降でもう少しストーリー展開が分かることを期待します。

・今まで観たどのアニメとも似ていない、新しい価値観のアニメだと第一印象で思いました。今時のチャラチャラした、キャラ萌えを狙ったアニメでもないし、心理学をモチーフにした大人の鑑賞にもたえうるアニメの予感がしました。今まで全く観たことのないタイプのアニメなので展開が全く読めないですし、よく意味がわからないですけれどもなんともひきつけられるアニメでした。よく意味はわからないのですけれども、これからどうなるのだろうと気になってしょうがないアニメであり、第2話から「どうなるのだろう」と、展開がとても気になるアニメでした。

・満ち足りたような現在だからこそ誕生した、異色の作品のようです。展開が読み切れない。少なくともそれが第1話の偽りの無い感想です。主人公と思われる少年は比較的恵まれた社会生活を送っていましたが、あることがきっかけで平穏だった生活に亀裂が入り始めたことに気づきました。本作もバイオレンスがテーマが一つのようですが、反攻でも魂の叫びでもない、突然の暴力展開ということが難解です。便利なアイテムが世に溢れている反面の孤独という描写は直接的ではありませんが、そこここに見て取れます。それが現代の病巣。案外こういうことに根付いているのかもしれませんが。まだまだ登場人物達の個性や生い立ちや背景が見えて来ませんが、話数を重ねるうちに片鱗が見てくることでしょう。難しそうなだけに見たくなってもきました。

・原作は未プレイです、アニメ「カリギュラ」、1話は初見殺しと言っても過言ではないほどの詰め込みぶりで、原作未クリアの方は置いてけぼりを食らうかもしれません。これからいろいろな伏線が回収されていくのだとは思いますが、あまりにも説明不足すぎてあまり楽しむことができませんでした、雰囲気は好きなので、アニメをを見る前に、ゲームを一通り楽しんでから再度視聴したいと思います。半端な理解で見るには勿体ない、雰囲気のいいアニメです。

・1話を見ましたが、正直何が何だかさっぱりという感想です。おそらく、複線をたくさん入れている内容なのだろうと思いました。気になったワードは「食」と「心理学」でしょうか、ほかにもいろいろと複線があると思いますが・・・。特に「食」というワードにはかなり不気味なものを感じました。いったいどんな食材なのだろうか?油が出てきましたが、どんな油なのか?ひょっとしたら、タブーをテーマにしているのではないか?などと想像力を掻き立てられます。いずれにしても、今後明らかになっていくものだと思いますので、じっくり視聴していきたいと思います。あと、次回予告の大川ぶくぶはあざといなと思いました。

・個人的に難しいタイプのアニメはあまり見ないと思います。「Caligula -カリギュラ-」は何となく見ていて高度な知識が必要だと思いました。例えば過去の有名な科学者や物理学者などの名前が出てきたのです。私はそれで戸惑ったのですがアニメとしてはこれで良いと思いました。なぜなら「Caligula -カリギュラ-」はミステリアスな内容を描いている作品だからです。謎が深まっていくと逆に今後の展開が気になりました。また私はループものやSF的な内容だと強く感じました。