坂口健太郎演技が上手い?下手?ドラマ シグナルでの印象感想!

signal_00

坂口健太郎さんが主演を務めるドラマ「シグナル長期未解決事件捜査班」

これまでも数々のドラマで注目されていた坂口健太郎さんの演技が話題になっていますね。

今回は坂口健太郎さんのシグナル長期未解決事件捜査班での印象・感想についてみてみましょう!

スポンサードリンク

やっぱりイケメン?韓国系アイドルの雰囲気?

・見る前からなんとなく感じていたのですが、思っていたよりさらに全体的に暗いドラマだなと思いました。坂口健太郎さんの演技はとくに問題ないのですが、もっと明るいドラマに出て欲しかったです。役的にはずっと叫んでばかりな感じで、内容も単調な感じで見ているとすこし飽きてしまいました。真面目すぎる服装も気になりましたし、全体的に暗い色調が見ていて重くなるのでやめて欲しいと思いました。まだ一話目なのでこれからの展開に期待したいと思いました。

・モデル出身なのですらっとした手足が印象的だと思います。顔は韓国の俳優でアイドルグループの一員でもあるソ・ガンジュンさんに似ていてかっこいいです。韓流が好きな私はひと目見て坂口健太郎さんの虜になりました。坂口健太郎さんは1991年の生まれの俳優さんで、演技を見ているととてもフレッシュさを感じます。表情もシーンごとに合うように工夫をして変えていて、シグナル長期未解決事件捜査班の三枝健人役になりきれていると思いました。

・今回は初主演ということで、いろいろなところで番宣していた坂口さん。気合いが入っています。心に闇を抱えて、生きているひねくれた刑事役意外とあっています。塩顔男子の冷たさが、際立っており役にぴったり。刑事としてはピンときませんが、今回は現実離れした設定なのでありかと思います。とっても重たいドラマなので、最終回に向かってあの影がかかった顔がどのように晴れていくのか、はたまた晴れないのかとても楽しみなドラマです。

・観察力、洞察力に優れ、相手の内面を冷静に見透かすクールさがとてもかっこよかったです!メンタリストとして人を観察している坂口健太郎さんが次々と相手の内面を言い当てるのは見ていて爽快でした。それでいて事件解決のために自分の立場もかえりみずカメラの前に飛び出すギャップにやられました!警察という組織や体質の陰湿さを分かっていながらも自身が警官になったのは、過去に自分の言葉に耳を貸してくれなかった警察に対する皮肉なのかな?と感じました。

・今までの坂口さんと違うというのが正直な感想です。今までのドラマの坂口さんはどちらかというとニコニコしていたような印象が強いのですが、今回のドラマではほとんど笑顔を見せるシーンがないので、とても新鮮な気がしました。三枝という役を、坂口さんがこれからどのように演じるのかとても気になりました。特に、真犯人を見つけようとする姿はとても一生懸命で、見ていて惹き付けられました。ドラマもそうですが、坂口さんがこれからどんな三枝になるのか楽しみです。

・坂口健太郎君の初の連ドラ主役という事で凄く楽しみにしていました。単なるモデル出身のイケメン俳優ではなく、ドラマによって印象が大きく異なり、色んな役をできる俳優さんというイメージが強かったのですが、このサスペンスドラマはこれまた最高です!月並みですが、改めて、カッコイイです。ドラマの内容も深く濃いですし、色んな過去を背負った役柄で、演技力を問われる役でもあると思いますが、冷静で、でも熱いものを内に隠し持ってるこの刑事役、凄く良いと思います。

・トラウマが似合いそうな役者さんですね。おっと、失礼しました。ネガティヴな部分が先行するように書いてしまいましたが、それは実力派の証しなのですから。本作で主演を務められる坂口健太郎さんについての予備知識は全くありませんでしたが、それが時として善い結果に結びつくこともあるのです。真っさらな状態で坂口君の本作の演技が見られたことは幸運でした。自分が救えなかった生命。それが主人公の負い目となっていますが、少なくとも彼が傘を差し出していれば事件は防げていたでしょうか。私はそうは思いませんでした。被害者が二人になっただけになるかも。彼もそのことは心の中で感じているはずです。そのことにドラマで触れられていれば、多くの視聴者の見方も変わるかもしれませんが。苦悩する青年の姿を見事に演じています。さあ、彼はどれだけ過去と向き合い、事件を解決に導けるのでしょうか。

・謎の多いドラマでしたが、推理して行く感じが楽しく、久し振りに内容の楽しめるドラマだと思いました。その主役を演じる坂口健太郎さんも、今までは脇役が多く目立つ感じではありませんでしたが、今回は主役であり、警察官の三枝健人として役にハマっていていて、とても演技の上手な俳優さんだと再確認しました。また、ドラマの映像にも雰囲気がありましたが、くすんだ感じに坂口さんが映えました。周りの癖のある俳優さんの中でも存在感があり、ドラマの展開も楽しみですが、坂口健太郎さんを見ることも楽しみとなりそうです。

・坂口健太郎は交番勤務の巡査の役どころですが、見た感じでは警察官という感じは全然しません。観察力が鋭く、人間の行動から心理を暴くのに長けています。また、記憶力と推察力もずば抜けています。警官というよりは心理学者や、精神科医のような感じです。過去に目撃した事件を引きずっており、それが現在の人格に大きく影響を及ぼしているように感じました。線が細く神経質な感じも受けましたが、正義を強く求める姿に共感できました。演技が達者な役者さんなので、これからのお芝居も楽しみです。

・最初は、役も含めてですが、冴えない感じで頼りない印象だなと思いましたが、ずっと見ていると坂口健太郎さんが優れた観察力を持つ独特のキャラクターをうまく表現していて、あのキャラクターの言動から目が離せなくなりました。なよなよしているイメージでしたが、この話の演技でしっかりした、カッコいい印象を受けて引き込まれる演技だなと思いました。ドラマの話だけだと割と暗めだと思ってしまいましたが、坂口健太郎さんの演技で続きも気になってきています。