きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険面白い?つまらない?感想評価!

kikansya_00

子供達に大人気のきかんしゃトーマスの映画、「きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険」が上映スタートです。

我が家でも息子がきかんしゃトーマス大好きだったので、やはり気になりますね!

早速映画「きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

映画デビューにもおすすめ?CG技術がすごい?

・親戚の子供と見てきたんですが、とても懐かしかったです。 私が見ていた時と違って今はかなりCG技術が盛んなんですね。
そして、変わらないのはトーマスの優しさですね。仲間を大切にして、皆に愛されるトーマスがとても男らしく見えました。いつまでもテーマが変わらない作品って良いですよね。見ているうちにだんだん昔の自分を思い出してきました。どこかで最初から子供用だと思って見ていたのですが、気が付くと夢中で見ていました。子供の時にしか分からないような部分と、大人になってからしか分からないという部分もあるんだなと初めて思いました。ただ困った事に、帰りの汽車に乗る時に、「この汽車も喋るの?」と聞かれた事です。これはかなり困りました。

・子供のころ以来でしょうか、久しぶりにきかんしゃトーマスをみました。今回見て意外だったのが、きかんしゃトーマスって大人になっても楽しめるんですね。お話も「大人でも入り込めるかな?」と心配でしたが、とてもテンポがリズミカルで画面を見ているうちに見ていてあっという間にひきこまれました。深い友情と素敵な信頼関係のあるトーマスと仲間たちのやり取りに、子供のころに同じものを見ていた懐かしさと安心感を覚えました。内容については、悪いやつらが後ろから追いかけてくるシーンは子供向けとは思えないくらいにドキドキしました。ストーリーも音楽も上質でとても楽しめます。ただ少し小さい子には1時間は長すぎるかな、と。一緒に見に行った甥っ子がむずがってしまったので思いました。

・トーマスが大好きな子供の映画館デビューの為、こちらを鑑賞してきました。トーマスがメインランドへ行くドキドキや実験用機関車の友達ができたり、製鉄所では困ったことが起きたりと、とても感情表現が豊かで素直な表現なため、子供にもわかりやすく映画を楽しめました。そして、迎えにきてくれたはずのジェームスをトーマスが助けに行くというのは、大人も感動できるほど素敵な話でした。映画デビューの我が子も上映中ぐずることなく集中して見ることができました。また、もう一度見たいと言うほど楽しめたようです。この映画は冒険心や勇気、友情の大切さを教えてくれる映画だと思います。そのため子供の教育にもなる映画でした。そして、いつもテレビで見ていますが、やはり映画館の大画面でのトーマスは迫力がありました。とてもオススメの映画です。そして特に映画館での鑑賞をオススメします。

・今回の映画は、ミュージカルの要素が入っているのかな?と思うほどに、語り口調の歌が多かったです。ジェームス、いたずら

・いじわる貨車が好きなお子さんは、画面によく登場するのでワクワクするかもしれません。内容としては、素直な気持ちを伝えて周りに頼ることの大切さ、友情の大切さを伝えているのだろうと思いますが、伝わりにくい終わり方だなと思いました。前作「走れ!世界のなかまたち」の方がテーマがはっきりしていて、個人的には好きでした。大人の視点では、森三中のゲスト声優が想像以上に良く、黒沢さん、大島さんの歌声にはびっくりしました。ただ、子供の年齢が小さい場合、途中休憩などもないので、映画館で見るには集中力が持たないかもしれません。