安達祐実演技上手い?下手?ドラマ警視庁・捜査一課長シーズン3感想評価!

adachi_01

安達祐実さんがドラマ警視庁・捜査一課長シーズン3のメインキャストとして出演し注目されていますね。

しかも今回は内藤剛志さんと25年ぶりのタッグを組んだ作品でもあり話題になっています。

今回はドラマ警視庁・捜査一課長シーズン3での安達祐実さんの印象・感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

セーラー服可愛すぎる?全然劣化しない?

・相変わらず可愛い。でもちゃんと大人。スーツ姿も、過去回想シーンのセーラー服姿も違和感ないって凄すぎる。大福に代わる新しい和菓子担当として、チームの華になっているなぁと感じました。キャラクターにいろんな要素が詰め込まれていて、まだ掴みどころがない感じだけど、今後どんな風に転んでも安達祐実さんなら魅力的に演じてくれそう。お父さん絡みの因縁もあり、今後ストーリーにも大きく関わってきそうなので楽しみです。

・前のシリーズに出てた大福さんに続いて萌奈佳さんで和菓子関係でどんな感じかたのしみでした。幼くみえてもちゃんと刑事役を演じていて、顔の表情を見ればわかるというセリフを言って凄いという印象を持ちました。リアルタイムで捜査一課長を見た時、グッズがたくさんあってそれが配りきるまで部署異動ができないのは配りきるまでの活動が大変だなあと思いました。
お父さんの谷中刑事の無念が晴れてほっとしても、破られた痕跡があってまだ終わってないのが分かったところでドラマが終わったので続きが気になりました。

・今回の役柄で昔柔道少女だった頃の、写真があの有名な漫画の主人公に激似してるなと、思わず笑ってしまいました、きっと狙ってやってるなと思いました。でも刑事として捜査に入ったとたんに表情が変わり、しっかり刑事として見える所など、演技はうまいなと思いました。でもやっぱり、回想シーンでセーラー服になったところでは何の違和感も無く、どちらかというとセーラー服の方が似合ってて自然だったのが、驚かされました。あと、洞察力の強くひとの特徴をズバズバ見抜く所が痛快で、これからの物語にも十分いかされていって、物語自体も面白くしてくれそうな気がしました。

・途中から見始めたのですが、昔からしっている私と同じ年代の安達さんがとても大人の雰囲気になっていて、お芝居もとてもお上手なので私にはとても好印象です。低いトーンでお話されていて、そこも童顔な安達さんのギャップを感じて魅力的でした。ドラマの最後に学生服姿の安達さんが登場しましたが、本当に可愛くてずっと年齢が変わらないのでうらやましいです。ドラマ全体の雰囲気にも合っていて、毎週楽しみなドラマになりました。

・とても綺麗で演技も上手な女優さんなんでしょうが、どんな役をしてても子役のイメージのままで違和感を感じてしまう。少しマセてて大人っぽい少女とい印象で、どんなドラマを見てても役にしっくりきてない感じがする。今回のドラマも内藤剛志さんとの共演で、どうしても家なき子を思い出しその印象が増すばかり。私的には寺田心くんを見てるのと同じ感覚になる。小柄で童顔というのも理由のひとつなのかもしれない。でもいつまでも若いという利点もあるのかな。

・久しぶりにドラマで安達祐実さんの姿を見せていただきました。少し前は子供っぽい感じで演技も今イチだったような感じがしましたが、「凄く大人の女性に成長したな」っていうのが印象です。そんな中で子供っぽい可愛さも見られるのが非常に良いです。相変らず可愛い反面も見受けられます。ドラマを見ましたが、セリフもしっかりしており違和感なく見ることができました。魅力ある大女優に成長されており、今後の活躍に期待しています。

・役どころとしては、主人公と元同僚の娘で父が亡くなってしまったという設定から全体的に暗めの表情が印象的な感じがしましたが、途中でコスプレっぽい写真が出てくるなど、今までのシリーズからは異色なところもあり新たな試みが初回から見栄隠れしているのが、しっかりと演じられていたので、安達祐実さんという女優さんは、子役時代だけでなく、大人の女優さんとしても素晴らしい女優さんだと感じました。シリーズものの場合、他の共演者との距離感が大事だと思いますが、全く問題なく演じられていたように感じました。

・安達さんは子役の頃からすごく難しい表現のできる女優さんで、昔から変わらず現在もとてもお若くて美しいと思います。ひとつ前に出演していた海月姫の役ではすごくポップな可愛らしい役を演じていたので、今回の警視庁での役ということで本当に色々な色を持っている女優さんだと改めて思いました。硬い役柄の中で面白いやり取りが見れそうなのでこれからはそれがとても楽しみです。このドラマの前シーズンは見ていないので、とても楽しみです。

・警視庁・捜査一課長シーズン3から斉藤由貴の代わりとして出演している安達祐実の印象・感想なのですが、斉藤由貴に比べると年齢が約10歳若く、しかも彼女は童女がそのまま年を取ったみたいな感じでなんとも形容のしようがない様な女優となってしまいました。演技は下手ではないかもしれませんが、いかんせん、超がつくほどの童顔でありおまけに見た目、体つきも思いっきり幼児体系なので大人の女性の刑事の役は正直キツいと思ってしまいました(致命的なのが声なのですが・・・)。他にもっと適任な女優さんがいたと思いました。

・今回のシーズン3のキャストは以前やっていた「家なき子」というドラマで内藤剛志さんと共演されていた安達祐実さんが出演されるということで、あれから20数年たっての共演ということで楽しみにしていました。シーズン2で人気だった斉藤由貴さんなどがいなくなりさみしいですが。それを忘れさせるくらいの存在感があります。安達祐実さんは髪型かわり雰囲気少し大人っぽく変わったように見えましたが、実年齢と比べたらとても若く見えるしとてもかわいらしい感じですきです。シーズン3これからも楽しみです。