パシフィック・リム アップライジング面白い?つまらない?映画感想評価!

pacificrim_00

大人気映画のパシフィック・リムに続編が登場、「パシフィック・リム アップライジング」が上映スタートです。

大迫力の巨大ロボバトルは必見、もちろんキャストの熱演にも注目です。

早速映画「パシフィック・リム アップライジング」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

東京に興奮?ゴジラみたい?

・MX4Dで見ました!前作が大好きなので、続編をずっと心待ちにしていました。今作は賛否両論あるみたいなのですが、個人的には大満足です!序盤に出てきた伏線をうまく生かしたシーンがあったり、とんでもない姿の敵が出てきたりと、ワクワクするシーンがたくさんありました。エヴァンゲリオンやグレンラガンなど、日本のロボットアニメのオマージュかなと思うようなところもたくさんあって楽しかったです。終盤のバトルシーンの舞台が東京だったのがとてもうれしかったです!MX4Dで見たので、自分が戦いの場にいるような臨場感が感じられて、まるでアトラクションみたいでした。日本人キャストである菊地凛子さん・新田真剣佑さんもガッツリ出演してて満足でした。吹き替え声優さんもかなり豪華で、見ごたえがありました。

・パシフィック・リムは前回作も観ていたので、今回はどんな展開になるのか少し楽しみにしていました。ロボットは少し改良されているのかなど。菊地凛子さんが今回も出演していましたが、なんと殉職。新たな日本人の新田真剣佑さんが出てきているので、以降も何かと日本と縁のある映画になりそうです。観た感想としては、ロボット的には武器が増えたことくらいでしょうか?走る動作はやはり実際人間も走らないといけない前回策と変わらなく原始的でした。ちょっと現実離れしている感じもありますが、昔のロボットアニメの実写版と思えば、まあまあ面白いものでしょう。今回、戦いの場面が中国から日本の富士山と日本人の心をつかむものになっていました。ウルトラマンとかゴジラとかで見る光景ですが、もうちょい日本の街中などの場面があると面白い感じがした気もします。中国系のようなので、このあたりが限界なのか、次回作がある感じもしますし、進歩したロボットを今度は観たい。

・パシフィック・リム アップライジングを見る前に、前作を見直してから見ました。前作に比べて、KAIJUもすごくパワーアップしていて面白かったです。また、前作からのいいところですが、イエーガーの迫力と金属音がたまりません。自宅でDVDで見るよりも、ぜひ映画館の大迫力スクリーンと大音響で見たくなる作品だと思います。さらに、今作は、スピーディーなカメラワークがより全体のスピード感を強調するため、イエーガーとKAIJUの戦いも迫力満点でした。子供心によく見ていた昔の戦隊シリーズのような、かっこいいメカや必殺技を駆使した戦いを見たい!というような少年時代の純粋な思いを思い起こさせてくれるような作品でした。ぜひ、子供と一緒に映画館で見ることをお勧めします。

・前作に続き、やはりジプシー・アベンジャーのデザインはかっこいいですね。ロマンを感じます。今作はデルトロ監督でない事と、菊池凛子のマコが不在な事で心配はありましたが、アクション映画として普通に楽しめました。最近は中国がどんどん経済力をつけていてどの映画にも中国が主要人物として出てきてしまう点はファンタジー要素として欠ける部分かなぁと思います。1番興奮したのは、無人機が暴走した後最終決戦へ向けて全員で修理していくところです。盛り上がり感がものすごかったです。決戦の場が東京というところも、やはり日本人としてうれしかったです。ただやはり日本製であるゴジラなどと比べると富士山の位置関係などちょっと違和感があるような描写だったのでそこだけが残念でした。全体評価としては描写に所々違和感はあるものの、迫力のある映像だったので楽しむ事ができました。