中間管理録トネガワ面白い?つまらない?コミックマンガ感想評価!

tonegawa_00

ヤングマガジンで好評連載中の漫画、「中間管理録トネガワ」

カイジのスピンオフ作品ではありますが、本編に勝るとも劣らない人気ぶりで注目を集めています。

早速マンガコミック「中間管理録トネガワ」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

実はギャグ漫画?サラリーマンにオススメ?

・基本的にはギャグマンガなのかなと思います。カイジ本編では厳格な性格の利根川が部下の機嫌を損ねないように気を使って旅行に連れて行ったり、苦心しながら部下の名前を覚えようとしたりと本編のイメージとは全く違いますね。特に兵藤会長のご機嫌を損ねないように細心の注意を払いつつも見事に地雷を踏んでしまい軽い罰を喰らうシーンが個人的に好きです。ライバルである黒崎が社長の前でことごとく地雷を踏まず器用に立ち回り、その対比が非常に面白く利根川を応援したくもなります。カイジを知っている人なら楽しめる作品だと思います。

・絶対的権力を持つブラック企業の会長の下で、中間管理職として苦労するトネガワの物語なのですが、これは”カイジ”のスピンオフでカイジとの勝負に敗れ、会長に伝説の”焼き土下座”をさせられた幹部”トネガワ”を主役としたお話です。
このコミックは漢字の使い方がいいですし、中間管理録の悲哀が大げさな感じで表現されています。
基本的にシリアスなのですが、どこかクスッと笑えてしまうのが本当に面白いですし、見分けと個性の無い、黒服に自己紹介しろというシーンは本当にシュールでとても面白かったです。

・原作ではカイジと丁々発止のやりとりをし、最初に撃破した帝愛の幹部、利根川。彼の台詞や土下座は名シーンとして有名だが、まさかスピンオフとしてその実態が描かれるとは想像もしなかった。原作でも少し中間管理職としてのきつさを推察させるような描写はあったが、このスピンオフは中間管理職の面倒さ、上司の気まぐれ、部下のコントロールに苦心する利根川を見る事ができる、直球ど真ん中ストレートのギャグ作品だった。個人的な感想で言えば、本編より面白い。登場人物なんか利根川とコンパチの黒服ばかりだ。それなのに笑える。1巻の序盤等も、スーツのおっさんと黒服のおっさんらが、ただ会議をしているだけなのに面白いのはズルいとしか言いようが無い。

・カイジのスピンオフ作品に相応しい内容だったと思います。カイジに出てくる限定ジャンケンの裏側を詳細に描いている等、本編の裏事情を明らかにしてくれた作品であり、興味深く読むことができました。中でも、会社の中間管理職として奮闘する利根川がいい味を出していました。上司の機嫌を損ねないように気を遣いつつ、部下からの求心力を落とさぬように政治力を駆使していく利根川の姿は、多くのサラリーマンを助けるヒントになります。

・スピンオフ元のカイジとは全く違ってこの漫画はギャグマンガなので、利根川やその他登場人物は原作と全くキャラが違っています。そのためもはや別作品となっていますが、原作を知っているとそのギャップが笑いを誘い一層面白く感じると思います。しかし原作のキャラが好きな人からすると、キャラの崩壊が鼻についてあまり楽しめないかもしれません。
ギャグマンガとしてはいい意味でくだらない感じで、ついニヤニヤしてしまうような面白さです。原作ネタもあり、原作ファンとしては満足できました。

・カイジのスピンオフ作品なので賭博や命を懸けたゲームを利根川が体験するのかと思いきや、利根川の上司であり、帝愛グループの総帥である兵頭の理不尽なわがままに答える利根川の愛らしさがカイジ本編では冷たい人間のように感じられた利根川に人間らしさを与えてくれているように感じた。サラリーマンなら誰でも感じたことがあるであろう会社内での理不尽な指示や派閥争いなどを利根川も経験しているということに妙な親近感を覚えた。

・カイジの緊迫感があって威厳のあるようなトネガワが「中間管理禄トネガワ」ではコミカルで一般の中間管理職と同じような状況の描写がおもしろいです。カイジで見せるあんな表情は全くなく仕事の顔のカッコよさも感じます。上からもぐちぐち言われ下は下でいうことを聞かない状況はまさに世のサラリーマンと同じです。カイジを知っている人も全く知らない人も楽しめる漫画です。むしろ先入観がないカイジを知らない人で同じ中間管理職の立場の人の方がより楽しめると思います。

・死のゲームの企画者サイドにいる最高幹部の1人である利根川幸雄にスポットを当てた作品です。なぜ中間管理職かというと、彼は幹部なので下には大勢の黒服たちがいます。そして上には横暴で有名な兵頭会長もいるのです。上の者のご機嫌を伺いながら、下の者を上手に動かしていくのは簡単そうで簡単ではありません。口癖は「馬鹿がっ」で怒っているシーンが度々出てくるのですが、人心掌握術を上手に使いこなすので意外にも部下たちからは信頼されています。

・「カイジ」シリーズの印象的な「ぶち殺すぞ、ゴミめが」の名台詞で知られる利根川に焦点を当てたスピンオフ作品です。帝愛の黒服と共に繰り広げられるコメディーは本編のシリアスさとは打って変わって笑いを誘うものとなっています。また本編のEカード編で出てきた焼き土下座の鉄板をバーべキューの肉を焼くのに使うというような本編を読んで入ればクスリとなるような場面も満載です。本編では名前もつかなかった黒服も似たような外見をしながらもそれぞれに名前と個性があり世界観を一層カオスなものにしてくれます。

・大人気作品「カイジ」シリーズの人気悪役、利根川幸雄のスピンオフ作品。原作では冷酷な悪魔のような人間として描かれていますが、今作では上司と部下に振り回される可哀想な中間管理職役になっています。理不尽にキレだしたり、無茶振りばかりする上司や、ジェネレーションギャップばかり感じさせる部下など、実際にありそうな話ばかりです。個人的に一番好きなのは、部下に特徴がなさすぎるあまり、覚えるのに苦労するエピソードです。