崖っぷちホテルドラマ最終回あらすじ結末は!

gake_00

特徴ある役柄のキャラクターと、それにぴったりのキャスティングが話題の「崖っぷちホテル!」

岩田剛典さんの正体も第1話で明らかになり、今後どうなるのか注目ですが、気になるのが最終話の結末について。

今回はみんなの最終回結末予想についてみてみましょう!

スポンサードリンク

宇海いなくなる?桜井とくっつく?ハッピーエンド?ネタバレ予想!

・がんちゃんの存在に、始めは従業員が反発したり辞めてしまったりするが、最終回は戸田恵梨香を中心にかつての老舗のホテルのように復活すると思います。それを見届けると、がんちゃんは、次の崖っぷちホテルを立て直しに、こっそり去っていくと思います。そして、第一話でやって来た五年ごとに表れるお婆ちゃんの孫が一人で来て、お婆ちゃんが亡くなってしまったことを告げるが、これからは私がここに来ると戸田に約束すると思います。

・宇海の様々なしかけにより、最初やる気も何もなかった従業員たちがどんどん立派な従業員に成長していき、お客様の評判もどんどん上がって、栄華を極めた当時のようなホテルに戻る。借金も一気に返済してまさに大逆転が起こる。という、どう考えてもそうなるだろうという、最初から分かっていたと誰もが思うような、予想通りのとくに驚きも何もない結末になるのではないでしょうか。さらに、桜井と宇海がくっついて結婚するようなことにな、ありきたりの結末もありそうです。

・宇海のおかげでホテルの欠点が次々と改正されて、ホテルの外観と内装はそのまま生かされながら、従業員の仕事に対する姿勢が変わり、日本有数の大人気ホテルに変貌を遂げると思います。しかし、その立派になったホテルを見て、ここはもう自分がいなくても大丈夫だと宇海は考えて、また元のホテルの副支配人の座に戻ろうと決意します。そして一流ホテルになった元崖っぷちホテルと宇海のホテルで人気争いをしながら成長していくという結末を予想しています。

・いかなるピンチも一流ホテルマンの宇海と支配人の佐那で困難に立ち向かっていく。そんな中で三つ星を決めるお偉いさんがホテルへ宿泊。最高のもてなしをして、無事にホテルは三つ星を獲得します。客足も増え恋も少しずつ進んでいき、次第に結ばれる二人。幸せなまま終わると思いきや、宇海の父(財閥の長)がホテルを買収したいと提案してきて大ピンチに。そんなこんなで財閥は破綻し、宇海は佐那にプロポーズ。ふたりは無事にホテルで結婚式を挙げてハッピーエンドになると予想します。

・一話目は綺麗になったプールに反射した日の光の揺らめきを映す部屋以外は本当にこのホテルの授業員達が酷かったので、最終回まで皆さん立派に成長していたら良いなあと思いました。個人的にまずは強面フロントマンとベルマンチェンジしてみてはどうでしょうか?フロントでお客様が来てからいきなりあの顔は怖いし成長できるのかがちょっと失礼かもしれないが疑問です。清掃員も埃ひとつ見落とさず仕事中チェスなんてやっていない。料理長もメインディッシュで美味しい肉料理が作れるようになり。ウェイターは存在感が出てきてどんどん人前に現れ。バーテンダーも昼まっからお酒なんか飲まないで頼れるマダム枝川としてお客様にも愛され。副支配人は人を身なりで判断しない、お客様の大切さを知り。
事務責任者も金勘定、金ばかり見るのでは無く人を見る様になり。総支配人は先代の写真の前でちゃんと笑顔で報告が出来る。そして主人公の宇海は総支配人が立派になりホテルも賑わいを取り戻し思い残すことも無くなったので別のホテルへ旅立つ・・・。以上です。

・最初の頃とは見違えるように生まれ変わり、お客さんもたくさん来ると思います。有名な人たちもたくさん来て、アメリカの大統領も来るようなホテルになり、雑誌でも有名になって取り上げられるような気がします。今している仕事も、担当している人が変わってそう。特に受付は、もっと顔が怖くない人がフロントに立つことになりそうです。そして佐那と宇海は、徐々にいい関係になりそうで、その一歩手前で終わりそうです。永遠の良いパートナーという形で終わりそうです。

・第一話では有名なホテルの副支配人が崖っぷちのホテルに泊まりに来て色々とダメなところをズバズバと言って、崖っぷちホテルの救世主のような感じで終わったかのように思いました。っが、その元支配人はただ普通にホテルの悪い部分を正していくのではなく、何らかの形で従業員たちにおもてなしとはなにかということをわかるようにいろんな悪い手を使ってわからせていくような気がしました。最終的にはホテルは昔以上に繁盛するようになり、ハッピーエンドで終わるような気がする。

・経営困難に陥った崖っぷちホテル、いろいろな施策を試みるものの、借金だらけで従業員に満足な給料すら払えない…。それどころか支払いを滞納している状態だ。見限ったスタッフたちが次々と出ていく。残ったのは宇海と佐那の二人っきり。一体二人でどうしろというのか…。途方に暮れていた佐那に宇海が喝を入れる。二人で手書きのチラシを作り、晴れの日も雨の日も配り続ける。偶然通りかかった元スタッフのピエール田中が通りかかりチラシを手にする。ホテルを去ったあと、ピエールは英会話教室で学び、その地域のか外国人観光大使を務めていた。宇海たちにこの観光ビジネスを共同経営しないかと提案。説得と呼び掛けにより、元スタッフも数名戻ってくれ、インターンの大学生も参加してくれた。そうして始まった新たなビジネスは日本を訪れる外国人に大人気になったのでした!

・予想はあまりやる気のなかった従業員が、一致団結してやる気を出しホテルを盛り上げて、お父さんが支配人だった時のように活気を取り戻すのだと思います。また、戸田さんと岩田さんは一緒に頑張っていくうちに、恋愛関係に発展するとおもいます。岩田さんは昔にこのホテルを訪れていたようなので、おそらく戸田さんに一目惚れしているのだと思います。また、何かこのホテルに特別な思い入れもあるようなのでその辺もこれから解明されていくと思います。

・今は破産寸前のホテルでみんなやる気がない状態ですが、最終的にはみんなやる気があってお客様を大事にするホテルになるのではないかと思います。1話のようにお客様が喜ぶことをしたり、料理も全て完璧になっていき、またみんなが来たくなるホテルになりそうです。宇海さんが副支配人をやっていた一流ホテルよりも人気になると思います。宇海さんと佐那には恋があるのか少し期待しています。佐那は向いているのかと言ってましたが宇海さんのおかげで自信をもってできる仕事になるのではないかと思います。