ダンジョン飯面白い?つまらない?マンガ感想評価!

meshi_00

異色のダンジョングルメコミックとして注目の「ダンジョン飯」

じわじわと人気がでてきて、今やみんなが知る漫画の一つですね。

今回はマンガコミック「ダンジョン飯」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

美味しそうなグルメコミック?料理食べてみたい?絵がキレイ?

・ダンジョン飯の良いところは、背景がきれいなところです。草木や城下町もリアルに描かれていて、とても臨場感があります。メジャーな魔物からマイナーな魔物までを食材として扱い、本物の料理のように見えるところが面白いです。ギャグシーンもあれば、迫力のある戦闘シーンもあり、読み飽きないところが魅力だと思います。話の展開もサクサク進んであっという間に読み進めることができます。大人から子供まで世代を問わず楽しめる作品だと思います。

・なかなかシュールな話。基本は、RPGをやったことがある人向け。ゲームをしない人にとっては、あまり面白いところはないかもしれない。ゲームをよくする(特にRPG)人にとっては、「あーあるある」という感覚で始まる。物語は洞窟に入ってドラゴンに食われた妹を助けるという大筋はあるが、洞窟内で生活を何日もするのだから、人間の生きる基本である「食」について、想像を超えた方法で提示してくる。しかもなかなかモンスターで作った食事がおしゃれで、美味しそうに見えてくるから不思議だ。あまり長編にしない方がいい作品だと思った。

・ファンタジー風のマンガなのに、お金がないとどうしようもないというのがでいいですね。一風変わったRPGゲームをマンガ化した様な作品なのですが、庶民的なところがいい意味でみみっちくていいです。シリアスな展開から一変して、「腹がすいては戦はできぬ」と言わんばかりに、食事のことばかりにパーティーのみんなが気をとられてしまうのはとても面白いですし、「西洋風の物語なのに、なんでみんな箸で食っとんねんっ!」といツッコみはおいておいて、このマンガは料理というか調理を楽しむマンガであると思いました。

・ダンジョンやそこにいるモンスターを食材という目線で解説しているのがとても斬新だと感じた。また、解説の内容もモンスターの断面図や詳しい生態といったあたかも実在しているようで面白い。ストーリーもついていけないようなものやだれてしまうようなものでもなく読みやすい進行速度、内容だと感じる。キャラも安易な設定や性格ではなくしっかりと染み付いている性格とキャラ自身の目線があると感じられ、何度か読み直しできる面白さも兼ね備えている。

・ダンジョン内で冒険しつつ、食料調達の手段として魔物を捕らえては料理するという設定がとても斬新です。キャラクターもそれぞれ魅力的で、冒険物の主人公にしては頼りない(でも、やるときはやる)ライオス、メンバーの栄養管理に気を配りまくる(でも、ちょっとずれてる)センシなど、次は何をやってくれるんだろうと期待を抱かせてくれます。センシが作るモンスター料理もまた、ゲテモノ揃いなのにおいしそうに描かれていて、食べたい!と思ってしまったり。毎回、次の巻が出るのが楽しみなコミックです。

・ファンタジーものとグルメを合わせた漫画と聞いて単行本を読んでみたのですが、まさかモンスターを調理して食べる漫画だったとは今まで聞いたことのないテーマで驚きました。ダンジョン&ドラゴンズの世界を踏襲したような世界設定でTRPG好きの自分にはとても楽しい漫画で、古典的なモンスターを使った料理は「実際に食べてみたい!」と思わせてくれる魅力がありました!登場人物も魅力的で主人公のライオスの完璧でないところが逆に好印象です!

・RPGの世界を生き抜くために、勇者達は食事をどうしているのか?という点に着目したグルメ漫画です。もうグルメ漫画というくくりが可笑しいですが。初めモンスターを食べるなんてゲテモノのグロ料理じゃないの?と思いましたが普通に鍋とかローストビーフを作っちゃって、美味しそうに食べてるところがぶっとんでて本当に面白いです。しかも考察の仕方や食レポの描写が秀逸です。それでいてRPGらしいダンジョン攻略もしっかりと行っていくので驚きです。内容が濃いマンガなのでぜひおすすめしたいです。

・最初はダンジョンでとれる希少な食材とかを調理していく漫画かな、と思っていましたが全然違って驚きました。もちろんダンジョンに生えてる草とかも使ってますが、主食はモンスターなんてとにかく斬新だな、と思いました。調理する前はけっこうゲテモノ感多めなのに料理として出来上がったものを見ると、意外と美味しそうでなんかくやしいです。料理以外でも主人公とその仲間の面々の掛け合いなんか面白いですが、純粋に面白いというより真面目に奇行をこなしてる面白さがあります。とても斬新な漫画だと思いました。

・金がなければモンスターを食材にすればええやん。恐ろしい発想・奇想でそして面白い作品です。メインストーリーベースや設定は王道のRPGを意識したものですが、登場するモンスターをとりあえず食べてしまう展開がすごい。パーティメンバーは不気味がるのに食材としての理論をもってして、まるで食べれるように語り実際に作ってしまいます。いつもモンスターの原型とは異なる料理をですが。何故か美味しそうに見えるそのタッチもこのコミックの魅力と言えます。