凪のお暇面白い?つまらない?マンガ感想評価!

nagi_00

「読んだら励まされる」とじわじわと人気を得ているコミック「凪のお暇」

主人公の生き方あり方に勇気を貰っている方が多いようですね。

今回はマンガコミック「凪のお暇」の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

全てを捨てる主人公に共感?ストーリーは陰湿じゃない?ネタバレあり

・他人の顔色をうかがって、自分の気持ちを押し殺しては人に合わせて生きていた主人公・凪が会社を辞め、彼氏とも別れ、自分らしく生きていこうとするストーリー。ストーリーもさることながら、時々出てくる節約術もおもしろいです。別れてからも凪に執着する元カレ・慎二と凪が片思い中で不思議な雰囲気のお隣さん・ゴンさん、どちらもクセのある男性ですが、最終的にどちらかとどうなるのか、もしくはどちらともどうもならないのか、とても気になっています。

・主人公 凪のリアルな現代人臭さが印象的でした。集団行動を取りがちな女性ならではの周りに合わせようとする必死さは読んでいる側も「それわかるわかる!」と妙に共感できます。また、お暇をいただいてからの凪を取り巻く近隣住民や元彼氏の外側から見た印象と内側から見た印象、そして凪から見た印象といろんな角度から読むことができて、穏やかに流れていくストーリーとは逆に目まぐるしく変わる印象にとても惹き付けられました。絵のタッチも柔らかく、どこか懐かしさを感じさせてくれるので、凪やその周りの人たちの人柄をよりいい味にしてくれています。

・凪が最初につきあっていた営業マンの男性が、凪に対して扱いがひどくて、嫌いでしたが、じつは凪のことをいつまでも思っていて大好きだった様子をみて、好きになりました。じつはその人の家庭環境も微妙で、そのせいか愛情表現が下手なんだなと思うとますます交換がもてました。凪のお暇にでてくる人々は、凪はもちろんどの登場人物も人間味溢れていて、おもしろかったです。ただ可愛いだけの少女漫画とは違って、実際現実にありそうな話で、楽しく読めました。

・実際に会社のOLを体験した様なマンガであり、なんだか気分がブルーになりそうなマンガであるのですが、女性同士の陰湿な世界をせきららに描いた様なマンガであると思ってしまいました。マンガの作画はおせじにも上手いとは言えないのですが、内容、ストーリーが面白くて共感できればギリギリ耐えられる範囲の作画であると思いました。女性の同僚との和を乱さないことのみをモットーにしている彼女なのですが、唯一、他人に優越感を覚えることのできることがあったのですが、そのカレにも実はカラダ目当てで結婚する気がないことがわかってしまい、会社を辞めてしまいます。全てを捨てたからこそ彼女のこれからの人生が輝く様な気がするマンガでした。

・仕事を辞め次の仕事も決まらないなか、目的もなく入った本屋でこの漫画が目に入り、これは…!と思って読んでみました。とても面白かった。会社にいる時の主人公の、流されて、ただそこに在る感じがみていてつらかった。周りのマウンティングが面倒だし、それを何でもない事とはねのけられる程自分に自信もない。そんな主人公が全てを捨て自活を始めることで、今までとは違った行動をとりはじめる。毎話少しずつ自分のことを好きになるとともに、流される人生から、進みは遅くとも自分の意思で歩く人生へ。自分と重ねてしまいました。頑張るぞ〜という気持ちになる漫画でした。

・凪ちゃんががんばって積み上げてきたもの、さらさらの髪やみんなが憧れる営業部の彼、笑顔で耐えて続けてきた仕事を全部捨てるのが気持ちよいです。ものすごーく共感します。私も見た目がよくて人に羨ましがられる彼がものすごくモラハラで嫌な奴だったのに自分に自信がなくて自慢できるのが彼と付き合えていることしかなくてぐっと我慢したことがあります。今思うと元彼を図に乗らせただけで「嫌だ!」と言えばよかったと思います。慎二は凪に拒否されてましな奴に変わっていけばいいのですが。凪がこれから伸び伸びと生きていく姿を応援していきたいです。

・マンガやアニメ、ドラマに出てきそうなまさに「一般人A」のような雰囲気の女性が描かれています。空気を読んで、耐え続けて、へらへらと笑っていないとうまく自分を守っていけないような、そんな印象を読み手に感じさせます。ファンタジーではなく、まさに現代の社会にありそうだな、という生々しさがどことなく感じられます。主人公の心の描写や主人公を取り巻く周りの環境が自分に当てはまってもおかしくはないと感じられるような表現力があります。

・「凪のお暇」は最初、メンヘラ系女子の、ドロドロした漫画かと思っていました。主人公は空気を読むのが癖で会社で常に周りに合わせ自分を押し殺して生活をしていました。そんな折に社内恋愛の彼氏から裏切り発言を聞いてしまい、耐えられず退職してしまいます。最初の印象が最近ドラマにもなった「君が心に棲みついた」に似ていたので、彼氏も救いようのない悪者なのかと思ったら、中身は主人公と同じように空気を読むのが癖で自分のことが嫌いだったりで、少し印象が良くなりました。ライバルの男性と主人公がいい感じになりますが、個人的には元彼を応援したい。本筋の話に加えてライフハックが盛り込まれていたり、そういったところでも楽しめる漫画だと思います。

・最近読んだ漫画の中で一番好きな作品です。主人公の凪の恋愛模様にハラハラドキドキして、いつもあっという間に読んでしまいます。個人的には、ゴンはやめておいた方がいいと思います。一方で、天邪鬼な元カレ慎二のことは、最初は最低だと思いましたが、凪への一途な思いを知れば知るほどつい応援したくなってしまいます。最終的に凪はどうなるのか、続きが待ちきれないです。ストーリーとは関係ないですが、節約好きの凪の節約アイディアもなかなか実用的なものが多く、参考になるのも気に入っています。

・最初は絵柄が好みでなかったのであまり読む気になりませんでしたが、暇つぶしに読んでみたらハマってしまい、結局現在発売されている部分まで一気に読んでしまいました!それだけ引き付けられるものがあります。凪程とはいかなくても現代の人って空気読もうとしてから回っちゃったり、正解が分からなくって人間関係に疲れてしまう人ってたくさんいると思う。「空気は読むものじゃなくって吸うもの」なのに。凪がどう変わっていくのか、元カレ、新たな彼?の三角関係の結末がどうなっていくのか今後が目が離せません。