滝藤賢一演技上手い?下手?朝ドラ半分、青い感想!

hanbun_02

数々のドラマでキーマンを演じて注目されている滝藤賢一さん。

朝ドラ「半分、青い。」でも主役のお父さん役として話題になっていますね。

今回はドラマ「半分、青い。」での滝藤賢一さんの印象・感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

優しそうで好印象?いい父親?松雪泰子といいコンビ?

・どんな役柄でもこなしてしまう滝藤さんですが、今回のお父さん役もとてもハマっていると思います。奥さん役の松雪さんのことが大好きで、スズメとおかあちゃんのやり取りを、こっそり見守っているシーンにじんときました。優しくて家族思いですが、ちょっと頼りないような、うまい話にのってしまってやらかしそうな気配もキャラクターに合っていて良いと思います。軽さがあって、他の共演者とのバランスがよくてドラマにぴったりだと思いました。

・最初見た時は違和感がありました。その時代の恰好やスタイルだったのでしょうが、主人公のお父さんにしては違和感がありました。お爺さんが中村雅俊というのも違和感がありました。しかし、見続けていくとその違和感もなくなってきています。昭和時代の人と思えばそのようなお父さんもいるかなと今は感じています。洋服や話している内容も昭和時代の恰好が良く似合っています。どうしても他のドラマの印象が強い為か三枚目や悪い人の感じが付きまといます。今回のお父さん役も上手にこなしていらっしゃるので我々の次の印象はお父さんなのでしょうか。演技のうまい俳優さんです。

・滝藤賢一さんの印象は、とても役柄にあった方ではないかと思っています。昭和の臭いのするいい俳優さんです。昭和の男性は、とても強く女性は三歩下がってというイメージが強かったのですが、ここの家族は、お父さんがお母さんよりやさしいというイメージが強いです。それでいて、お互いを尊び素敵な家族だなと思います。ほのぼのとした雰囲気の中で、子どもたちがどのように成長していくのかとても楽しみに毎回見させていただいております。

・あの当時の服装や髪型がとても似合っているし、細身の体型も相まってもうその時代の青年にしか見えないからすごい。今までの滝藤さんのやる役柄は、腰ぎんちゃくだとかひ弱だとかひとクセあるイメージでしたが、今回はちょっと頼りないけど比較的ふつうの男性だと思います。特徴的な表情で引き込むタイプの役者さんだと思っていましたが、ナチュラルに青年やお父さんを演じていて幅の広い役者さんだと実感しました。松雪泰子さんとの夫婦役も以外とハマっています。

・「半分、青い。」に出演されるまでは個人的には気弱、陰険、ちょっと変わったイメージの役柄が多かったせいか、あまり気になる役者さんではありませんでした。ですが、「半分、青い。」での優しく家族を支えるお父さん役は私が持っていた滝藤さんのイメージをガラッと変えてしました。悪役より今回のお父さん役の方が断然合っているように思います。以前のイメージだと長髪は無しですが、今の優しいイメージなら長髪もしっくりきてます。

・ドラマ内では個性的なお父さんというイメージです。そして、滝藤賢一さん自体も個性的な俳優さんだと思っています。そのためとてもぴったりの配役だと思います。また、すずめちゃんの自由奔放な感じはお父さんゆずりなのかなと思っているため、あまりお父さんとのシーンは少ないですが二人の関係性は見ていてほっこりします。滝藤賢一さんは目がとくに印象的です。
喜怒哀楽が目で表されていてとてもわかりやすいです。そして、ドラマ内で一番印象的だったのが、耳が聞こえないと知り落ち込んでいる時に、おじいちゃんの元へすずめを連れて行き、一緒に布団に入ってふざけるシーンがありました。そのシーンがとても大好きで父親の優しさが詰まっているシーンだと思います。いつもは松雪泰子さんが演じる母親の尻に敷かれている印象ですか、優しく家族を見守っているお父さんの滝藤賢一さんからは優しさか滲み出ていて素敵だと思います。「半分、青い。」のすずめちゃんのお父さん役は、滝藤賢一さん意外には考えられないほどはまり役だと思います。

・ハルさんのことをすごく好きで持病をいつも気にしているし、すずめや家族みんなのことを大事にしている印象です。ハルさんがお店の売り上げをグラフにして売り上げが下がっていたとき、売り上げが上がる予測をグラフに書いていて、冗談な部分もあると思いますがすごくポジティブでなんとかなるという考えで、そんなに深く考えずに毎日楽しそうだなと思います。おちゃらけなところもあって場を明るくして盛り上げているムードメーカー的な存在だと思います。

・とても味のある、いい意味でクセがある演技をしていると思います。頼れるような、それでいてお母さんの尻に敷かれているような雰囲気を上手に出せている感じがします。70年〜80年代の昭和な感じもばっちり出ていて、ベルボトムやピチッとしたカットソーを上手く着こなせていて、私が子どもだった頃に近所にこんなおじさんいたような気がするな、と思う程です。目力が強く、表情もくるくる変わるし演技力が高いので、観ていて飽きることがないし、ドラマに自然に溶け込んでいて良いと思います。

・髪型といい顔の感じといいうまく昭和終わりごろのの父親を演じていると思います。服装が出演陣の中で昭和らしさという意味で一番似合っているように思います。もともと顔が役者の中ではかっこいいほうではありませんが、そこが逆に親近感を持てます。演技としては一生懸命な感じや中村雅俊さんとの親子役もいいし、松雪泰子さんとの夫婦役もとても板についていてこのドラマを見るときの楽しみの一つとして滝藤賢一さんの演技を見ています。