デイジー・ラック面白い?つまらない?ドラマ感想評価!

daisy_00

佐々木希さん主演で注目を集めているドラマ「デイジー・ラック」

女性の視聴者を中心に話題になっていますが、以外と男性で見ている方も多いよう。

今回はドラマ「デイジー・ラック」の感想評価をみてみましょう!
スポンサードリンク

見ていて楽しい?恋ダンスもどきが気になる?

・29歳から30歳になる時期はこれから先の人生を大きく左右する節目の年であると私は思います。このドラマはその節目に立っている4人の個性豊かな女性のお話でした。ドラマを見た後で私は自分が30歳代に突入した時のことを思い出してしまいました。そしてこのドラマで私は楓に共感しました。それは私が楓のように結婚を夢見ていた恋人と別れ、ほぼ同時に仕事も失ったというところが同じだからです。逆境にも負けずに前へと進んで行く楓の姿から勇気をもらいました。

・逃げ恥でブレイクした海のつなみ先生のマンガ原作のドラマ化なのですが、せっかくなら視聴率の期待できないというか視聴率を取ることを目的としていないこの枠でやるよりは、TBS火10か日テレ水10でやった方が良かったと思います(せっかく、逃げ恥でブレイクした海野先生の作品なのに・・・)。アラサー女性、4人というとどうしてもアメドラのセックスアンドシティーを連想してしまいますが、主演の佐々木希、夏菜、しょこたん、徳永えりの4人というそこそこキレイでかわいい4人組の幸せ探しの物語であり、もっと数字の取れそうな枠で良かったと思います。

・恋ダンスと比較してる向きもあるけど、その必要ないし、パクリでもないと思います。エンディングでダンスをするドラマは、よくありますしね。幼なじみ4人が、楽しくダンスしているってイメージで、ほんわかしていて良かった。そんなに激しくないし恋ダンスよりもイージーそうだしちっちゃい子供も真似しやすいだろうなと思いました。そういうところがNHKらしいとこでしょうね。妊娠中の佐々木希に配慮した振付だともいえます。あまりに激しすぎるとお腹の子に影響でもあったら大変ですしね。NHKのドラマここ最近ずっとおもしろいから注目してます。佐々木希さん以外にも夏菜さんが、とっても美人になってるのに驚きました。朝ドラの視聴率があまりよくなかったりサラ金のCMに出てたりと、もうNHKでは見られないのかなと思っていたので応援したいですね。

・女性四人それぞれの個性を持った日常を描くドラマは斬新であり、見ていて引き込まれる場面が多々ありました。共感できる部分も多く、主役が一人のドラマと違い展開が多く飽きがきません。現代を反映する背景とともに進むストーリーに楽しく、ドキドキしながら見る事ができました。美人4人のキャストの起用もよく、退屈しないドラマです。いつの間にか自分と重ねてみたり、自分の事のように喜んだり、とにかく共感できるドラマです。今後もみたいです。

・佐々木望演じるアラサーの主人公が、一気に仕事も恋人も失ってしまう展開は普通なら暗くなってしまいがちですが、小学校からの仲良し4人組の等身大の日常に、自分の知ってる誰かの昔を投影しながら楽しく見ることが出来ました。やっと見つけた仕事、パン作りの道も決して楽ではなさそうですが、外国帰りの凄腕パン職人の登場で、いずれ恋の可能瀬もあるのかなと希望も見えてきました。今のところそんなそぶりもありませんが、これからが楽しみです。他の3人も仕事や家庭、生活にそれぞれ問題を抱えていて、これからどうなっていくのか心配ですが、見守っていきたいです。

・出演者4人全員が魅力的でした。ファッションやメイク、髪型全部可愛かった。この4人のうち、誰かになりたいと思わせる感じがした。それぞれ世界が違う生活を送りながら女性の友情を描かれていくドラマは励みになるからこれからも楽しみです。パン屋になりたいと思う理由が少し弱く感じたけど、それもリアリティがあって良いのかも。なんとなく違う世界に飛び込みたいと思う年頃だし。エンディングの椅子に座ったダンスが可愛かった。

・最初の始まりからいろいろ展開が目まぐるしく変化していきましたね。結婚披露宴会場での久しぶりの同級生再会での笑顔からのいきなりの会社が破産で倒産するというビックリの展開で主役の楓も落ち込むのかなと思っていたらなんか他人事みたいな感じの流れからの彼氏との会話で結婚したいという楓とは違いなんか冷ややかな彼氏の表情からのおまえとは結婚する気ないという女性にとっては言われたくない彼氏からの言葉だったと思います。見ててなんか悲しくなるシーンでした。自分男ですけどあれはないよなと思います。パンの試食で泣き崩れてそのおいしさに感動してパン屋さんで働くことになりましたがそこからどのように楓が成長してどのような人生になっていくのか楽しみです。