加藤浩次演技上手い?下手?ブラックペアン印象感想!

kato_ko_00

ドロドロの医療界の対立模様描いた医療エンターテイメントドラマ「ブラックペアン」

そのドロドロっぷりを強く演出する立場の人間、池永英人(いけなが ひでと)を演じるのが加藤浩次さん。

今回は加藤浩次さんのドラマ「ブラックペアン」における印象・感想評価をみてみましょう!

ちなみにブラックペアンの関連記事はこちら
葵わかな演技上手い?下手?ブラックペアン印象感想!看護師花房美和かわいい?世良先生との関係はどうなる?

スポンサードリンク

池永英人出番少ない?誰の味方?渡海とは対立?

まず、登場時の爽やか笑顔が印象的でした。大勢の人たちに拍手で迎えられているときの、満足そうな顔がとてもナチュラルだったのが好印象でした。演技なのでしょうか。一見良い人そうだけど、なにかダークな部分も秘めているような印象を受けました。一話を見ただけでは、加藤浩次さんの役が良い人なのか悪い人なのかわからなかったのですが、とてもしっくりくるキャスティングだと思いました。今後どのように展開していくのか楽しみです。

・1話目で登場したシーン自体が少ないということもあり、あまりインパクトとしては残らなかった印象。ただ今後は恐らくカギを握る展開での行動、発言が気になるという印象でした。病院ドラマではよくある派閥争いですが、誰が味方で誰が的なのかまだはっきりとせず、今後の展開が非常に気になる初回でしたが、恐らく敵になってくる存在ではあるのかなと思いました。個人的にはスッキリなどに出演していて、近年爽やかな印象がある加藤浩次さんは味方であってほしいという希望はありますが、主人公の嵐二宮くんの邪魔をする存在になるのではないのかなという印象でした。

・出演すると知らなかったので、突然の登場でちょっとびっくりしました。いつもの加藤さんの、荒々しい感じではなく、セリフもほとんどなかったのに、とても品の良い医学界の人になっていて、役になってると感じました。加藤さんだと気づくのに時間がかかったほどです。主張し過ぎず、ドラマに溶け込んでいて、抑えた演技ができる方なんだという印象を持ちました。見たことのない加藤さんだったので、次回以降も見てみたいと思いました。

・医学会の最高権威である学術専門誌の編集長であり、また、日本の外科学会の理事長選挙にも多大なる影響を与える人物との設定であるということであったが、入場のシーンや手術が完了したシーンなどにおいても人物としての重みがないように思えた。そして、専門誌を編集しているにもかかわらず、新技術であるスナイプのことを全く知らずに西崎教授に話をしているシーンでも、ただ話を聞いているだけの演技で、演じている人が持っているべき好奇心が表現できていないような感じを受けました。

・加藤浩次さんは、本当にいろんな事やりますね、本業は、お笑いなのに朝のニュース番組、から司会業、そして今回の俳優業まで、メディアにかかわる事なら本当幅広く活躍されていて、コメンテーターとしても発言が面白かったり、的を得ていたりするので、頭の良い人なんだなぁという印象で、好感も持っています。ドラマの役ですが、加藤さんがやるとどうしても、胡散臭くて裏で何かあるような役のイメージになってしまうと思っているのは私だけでしょうか。今後、どういう役回りになるかはわかりませんが楽しみです。

・あまり出番がなかったように思えましたが、やはり加藤さんって演技上手だなぁと思いました。司会業やお笑いや役者さんなどなどいろいろなことをこなしていて、とても頭のいい方なんだろうなぁと思います。あとはやっぱり山本さん事件の時の号泣が忘れられません。狂犬狂犬と言われていますが、きっと心は優しい方なんだろうなと思います。これからドラマの中でどういう役回りになるのかわかりませんが、来週以降も楽しみにしています。

・あまり出演シーンはありませんでしたが、スーツ姿やカチッとした髪型も世界観に合っていて良かったと思います。また、身長も高いからか、風貌から威厳も感じられるため、役柄に合っていると思いました。顔もお笑い芸人さんとは思えないほどイケメンのため、他の共演者の方と比較しても見劣りしません。今後はセリフが多くなることも考えられます。一話を見て、オペシーンもリアルで、内容的にも今期一番楽しみなドラマのため、今後の加藤浩次さんの演技にも期待します。

・加藤浩次さんがドラマで演じるということは大変珍しく、どのような演技をされるのか気になっていました。登場した時はいつもとヘアスタイルが違い、少し老けた印象で驚きました。真面目な表情で堅い雰囲気で、初回はセリフが少なかったのでまだどのような人物かはわかりにくい様子でした。医療ジャーナル誌の編集長ということで、大学病院の医師達の間で重要な役割を今後果たしていくということなので、どのようなキャラクターになっていくのか注目して見ていきたいと思います。

・東城大学の佐伯教授と帝華大・西崎教授が争っている日本心臓外科学会の理事長の座で、キーとなるのが医療ジャーナル誌「日本外科ジャーナル」のインパクトのポイントとなっている状況下で、日本外科ジャーナルの編集長の池永英人役として、加藤さんが出演されていました。にこやかにホールに集まっている東城大学の医学部のお医者さんににこやかに手を振っていましたが、あまり、というかほとんど台詞が無かったと思います。演技も正直わからず、この役必要かよくわかりません。

・役者としての加藤浩次さんの良さと悪さがはっきりでていると思いました。ドラマの出演経験があるといえどもやはり芸人としてのキャリアの方が圧倒的に長いので演技力にはムラがあると思いました。緩急をつけながら台詞を言うところは良いと思いましたが、もう少し「全身を使って表現した方が良いな」と思うシーンもありました。しかし、原因、キャスター、そして役者という多方面で活躍できるその素質は素晴らしいと思うのでこれからも注目していきたいです。