レディ・プレイヤー1面白い?つまらない?映画感想評価!

ready_00

様々なアバターキャラが登場する事で注目を集めている映画「レディ・プレイヤー1」

既に世界的にヒットして話題になっていますね!

今回は映画レディ・プレイヤー1の感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

ストーリは最悪?オタクは楽しめる?3Dで見るのがおすすめ?

・デロリアンだの金田のバイクだのガンダムだの春雷だのと、いくつ知っているかオタク知識を試されるような楽しさでした。メインストーリーからすでにワンピースのパクリであったりして、いくつパクリ元を知っているかを競うような、知っているパクリ元の数で面白さが変わるという、見る人を選ぶ映画のように感じました。けれどCGもよく出来ていて、動きがすごかったです。誰が見てもそこそこは楽しめるはずです、そして鑑賞後の会話が弾む映画です。見落としているキャラが居ないか、繰り返し観たく映画です。音楽も、耳に残るテーマ曲があってよかったです。VR世界が早く現実にも来てくれないだろうかと思い、自分もあんなゲームをしてみたいと思わされる映画でした。

・なんといってもスピルバーグ自身が出てくるという点が一番の興味の引きどころですね。日本通の彼らしく、アベンジャーズみたいにいろんなキャラがごちゃまぜに出てくるシーンでもあっ、あっ、って思わず声が出てきてしまうくらいに知ってるキャラクターが次々に出てきます。なんとゴジラやガンダムまで出るとは…ストーリー展開はなんだかONE PIECEの冒頭のような感じで始まります。巨大な宝のような、ゲーム世界の経営権をかけて大人も子供も争ってそれを奪いにいくという展開がワクワクします。コントローラーを使ってアバターを動かすということではなく、そこはVRの世界観、自分自身が体を動かしてゲーム内のアバターと一緒に動くという一昔前のゲーマーとはまったく違う世界観を見せてくれます。これはDVDを待つのではなく劇場で観ることを強くオススメします。しかも字幕版ではなく吹き替え版の方がいいかもしれません。画面を観るのがいそがしくて字幕を追う暇がないでしょうから。

・IMAX3D で鑑賞しました。この映画は是非とも3D で見るべき作品です!特に冒頭のレース場面は、酔ってしまうかと思うほどの迫力でした。自分が車に乗っている感覚で、映画というよりも遊園地などのアトラクションの雰囲気でした。最近実際の世界でもVRが流行っていますが、その世界が究極になるとこういう世界になるのかととても面白かったです。また、映画の中でとてもたくさんの映画やアニメ、キャラクターがオマージュされていたところも大きな見どころでした。日本人にとっては、ガンダム、ゴジラなどが出てくる所も興奮するポイントではないでしょうか。個人的には「シャイニング」のオマージュ部分も、実際の映画に忠実で面白かったです。

・正直期待外れでした。映像:40点 ストーリー:0点 話は日本のライトノベル賞に応募したらどのレーベルでも2次審査で
「独創性がない」「ヒロインとキスして終わりは読めるし古すぎる。王道でもない」「ゲームもいいけど現実もね、は30年前からやってること」と「もっとほかの仮想現実系物語を読んでから出直しましょう」と落とされること確実です。あの新しい何かを提供し続けてきたスピルバーグ作品としては期待外れでした。細かくたくさん何かのキャラクターを出して、「年寄キモオタどもは一時停止してお気に入りのキャラクター見つけてね!見つけた?うれしいよね!じゃあ結局いい映画評価してくれよな!」というのが見え見えで、主人公一味のアバターの中の人日本人、中国人、黒人アメリカ女と、いろんなところに配慮したのがスケスケでした。いいところ?デロリアンが走っているのと金田バイクが走っているところを新しくCGで見れたことくらい。「メカゴズィィラァ?!」からの「オレ ガ ガンダム デ イクッ!!!」は悪い意味で鳥肌立ちまくりで席を立とうかと思った。ホント、今年のワースト映画候補です

・前評判が高かったため非常に期待して観たのですがここまでやってくれるとは思ってもみませんでした。久しぶりに映画を見てワクワクし痛快な気分になりました。さすがスピルバーグの映画と称賛するには充分の映画です。お馴染みのゲームキャラや映画なども沢山でてきますがゲームのことを全く知らない人でも一緒に楽しむことができます。ただある程度のゲーム世代でないと感銘するポイントが異なるかもしれません。akiraのバイクを知らないなどですね。そのため40代から50代が一番楽めるのではないかと思いました。しかしそれらを知らない息子と一緒に観たのですが知らないなりに楽しんでいたため親子で鑑賞するのもおすすめですね。この作品は今後2回3回と観に行く予定です。