ブラックペアン最終回あらすじ結末は!

black_p_00

第1話目から怒涛の展開で話題を集めている医療エンターテイメントドラマ「ブラックペアン」

二宮和也さん演じる渡海征司郎、竹内涼真さん演じる世良雅志の今後に注目ですが、気になるのは最終回でどうなるかということ。

今回はドラマ「ブラックペアン」の最終回結末ついてみんなのネタバレ予想を見てみましょう。

ちなみにブラックペアンの関連記事はこちら
ブラックペアン面白い?つまらない?ドラマ感想評価!二宮が怖い?キャストが豪華?手術がリアル?

スポンサードリンク

渡海・世良・花房・東城大学はどうなる?ネタバレ予想!

・最終話の結末としては、主人公渡海先生の更生していい人になることが最終話の結末にふさわしいと思います。予想としては、研修医世良先生をちゃんと腕の立つ医者に育てていくというサブストーリーが垣間見えるのでそちらの筋はそれでいくのではないかと思っています。教授は最終的に失脚してしまうような気がします。その代わりに来るのが、渡海先生教授説です。教授になってもっとお金を効率よく手に入れていく人になるのではないでしょうか。最後刺されるのもよそのドラマの終わりと同じになってしまうのでその結末だけはやめて欲しいなと思っています。

・単純に勝ち負けという形にはならない、または国立病院側も私立病院側も敗北というような内容になるでしょうか。はたまた、もっと新しい技術が提供されて、心臓手術の流れそのものが根底から変わってしまうという、意外なことも。ありきたりな権力闘争の死闘というのでは既に存在しましたから、その点では古いと言えますしね。様々な事件に遭遇することにより未熟な人間がより大きく成長するということも本ドラマにも当然含まれています。それが暗くなりがちなこういう種類のドラマの救いとなりますので。こういう点では全く予備知識を持たない方が楽しいですよね。黒い鉗子。練りに練ったタイトルですよね。「pean」には賛美する、という意味も含まれているそうですから。人間模様も含めて、一筋縄ではいかないドラマであることは確かです。素人の私には想像出来ない結末が待っていることでしょう。

・ベタな展開になりますが、渡海征司郎(二宮和也)が、登場人物の誰かに殺される展開になるのではないか?と予想します。色々と恨みを買っている様なので。昔に放送された織田裕二主演のドラマ「振り返れば奴がいる」もそんな展開でした。天才的に腕はいいが、周囲とは関係が上手くいっていない孤高の外科医という設定に、共通点を思い出し懐かしく思いました。渡海を殺す役は、佐伯清剛(内野聖陽)教授、垣谷雄次(内村遥)外科医、関川文則(今野浩喜)外科医、もしくは高階権駄(小泉孝太郎)講師あたりなのではと予想します。

・難しい手術をこなしている渡海医師ですが、最終話の前に倒れてしまった佐伯教授を助けるために手術台に立つ。けれどもその報酬はとても膨大な金額。佐伯教授を助けることができるのは渡海医師だけ。結果として佐伯教授を助けるために渡海医師に手術をしてもらう。そのことが外にバレかけるが、その前に渡海医師がやめて別の病院へ行く。この病院が居心地悪いからという理由で。そして誰にも知られることなく、手術が誰が行ったのか真実は知られることなく、終結する。そして渡海医師は、また別の病院でその腕を振るっている、という結末だと思います。

・父親がこの世を去ったのは佐伯に、自身の起こした医療ミス(ブラックペアンの患者の体内の置き忘れ)の濡れ衣を着させられたため、と思っていた渡海ですが、佐伯を問い詰めたところ、実際は医療ミスではなかったことが判明しました。ただ、自責の念をずっと感じていた佐伯は、東城大学を去ることを決意します。また渡海もこの病院を去ることを決意します。結局優れた手術方法である「佐伯式」は誰にも引き継がれず、この世から抹殺されることになります。

・内野さんは何かしらの悪事を行っていてそれを、二宮くんと竹内君に明らかにされて失脚すると思います。でも、二宮くんも今までお金をもらって手術をしていたことがばれて病院を追われますが、海外で腕のいい意志として働くことになっていると思います。竹内くんは二宮へ借金の1億の返済を続けていますが、医学に関する知識の多くを教えてもらっていたので、腕もよく患者を大切にする名医へと成長しているという最終回を希望します。

・帝華大学と東城大学との勢力争いでは、東城大学が勝利すると思います。でも、バチスタの海棠尊原作なので、一筋縄ではいかなそうです。すっきり勝ち負けが決まることなく終わりそうな気もします。主人公の渡海は、何があっても自分を貫き、ひたすら患者を救い続け、高階はきっと挫折し職を追われることになるのではないでしょうか。研修医の世良は渡海に翻弄されながらも成長し、腕を上げるといいなと思います。佐伯教授との権威争いに敗れた西崎教授は帝華大を追われ医学界からも去るとか、はっきりと決着が着いてめでたしめでたしを望みます。

・1話が終わった段階ですので、大まかな予想となってきますが、二宮くん演じる主人公を信頼していた教授が恐らくブラックアペンを継承しており、その前保持者が医療ミスで二宮くん演じる主人公の家族を殺したのではないのかと予想しています。
よってその犯人に復讐することが最終回となると予想しておりますが、復讐をハッピーエンドで終わらすようなドラマではないと思いますので、周りが二宮くん演じる主人公を理解し助けていく流れが最終回での流れになってくると予想しています。
素人なので恐らく予想は外れると思いますが、私自身勝手にこのような予想をしています。

・天才外科医・渡海先生が佐伯教授のミスを指摘し、実質外科のトップとなる。今まで傍若無人にふるまっていた渡海先生だったが、実は佐伯教授の医療ミスを暴くために手術をし、教授に頼られるように仕組んでいた。渡海先生を軽蔑していた医師たちも佐伯教授が医療ミスを隠していたことに失望し、渡海先生についていくようになる。渡海先生は医療機器では再現できない手術ができる医師として世界的に有名となり、大学病院を去っていく。

・最終話では、二宮くんこと渡海先生に重大な病気が見つかります。それを知り渡海先生は絶望的に。そこに登場するのが、研修医の世良先生です。最終話までに渡海先生の元、少しずつ医者としての技術を培っていつの間にか他の先生よりも信頼出来る立派な医師に成長しています。そして絶望的な渡海先生を励まし、執刀医を名乗り出て、手術を受けるか迷っている最中、急に倒れた渡海先生を我先に助けようと動き、誰よりも人を助けたいという熱い情熱を持って、無事に世良先生が助けます。もちろん手術は大成功します。