坂上&指原のつぶれない店面白い?つまらない?番組感想評価!

sakagami_sashi_00

お店の経営状況を赤裸々にスクープするバラエティ番組、「坂上&指原のつぶれない店」がスタートです。

一見儲かっていないようなお店の秘密や、ゲストの財テクなど赤裸々に放送されるのが面白いですね!

早速「坂上&指原のつぶれない店」の番組感想評価をみてみましょう!

スポンサードリンク

ビジネスの勉強になる?司会も好調?

・大変面白く興味が湧きました。一見儲かっていないように見えた店が、年商何億と聞いて驚き、早くその疑問を知りたいと思いました。真実が分かると凄いと感じました。こらから、そういう店の見方が180度変わりました。また、外人タレントの日本での活躍に感心してしまいました。異国でいろいろなアイデアでこんなに儲けて頑張っているのを、全く知らなかったです。こんなに面白かった番組は、久しぶりでした。次回も楽しみに待ってます。

・今までにありそうでなかった番組かなと思いました。特に気になったのはタレントのボビーのビジネスセンスです。元々は寮だった物件を現金で購入したことに驚きました。リノベーションして収益を上げられるようにするとのことですが、ボビーのイメージが「ちょっとおバカな外国人」だったのでかなりしっかりした考えの方だなと驚きでした。また、指原さんのMC姿は私は今までみたことがなかったのですが、ちゃんと進行役として頑張っていたなという印象です。

・感覚的にはネットのまとめサイトを見ている感じがする番組だと感じました。ネットと違う点は司会者坂上氏のトークがある点です。ゲストとのやりとりが番組のおもしろさを左右すると思います。庶民的な疑問を題材にしているので、世代を問わず視聴することが出きるとこは良いと思います。初回はお金の話題ばかりだったので、良い意味で期待を裏切るような話題もとりあげてほしいと思います。グレーな会社も取材して、真実を明らかにしてほしい。

・ドムドムの潰れない店のテーマをみました。特に高齢者のお茶のみ場所としての特色がとてもよかった。お年寄りは孤独になりやすいため、同年代の他人との交流は生きがいにもなるし、お喋りもできるし、そのスーパーで、すぐに飲食物を買えるのが最高のメリットでした。スーパーマーケットでは、自分の好きなものが買えるし、わざわざ持ってくる必要もないし、残りものを持ち帰る必要もないし、必要なものだけ買うこともできます。持ち込みを許可していることがすばらしい。

・『坂上&指原のつぶれそうなのにつぶれない店』という過去に放映された特番番組から昇格した番組です。私は特番の中で八丈島の高齢者が高収入を得ているという、俄かには信じがたい内容の放送を覚えています。快適に生活を送られる施設がほぼ無い島の、それも超高齢の島で何が出来るのだろうかと。特産の植物が冠婚葬祭の様々な点で活かされて、それが見事に役立っていたということ。土地柄を活かしての事業展開でしたが、長い苦労の末の産物であるということも忘れてはいけないと思わされましたよ。今回はそれをベースに誰しもが疑問には思うものの、解明できない事柄をわかりやすく解明してくれる番組となっていました。司会を務められている坂上忍さんについては、正直不遜なたいばかりが目についていましたが、相当苦労されて現在の芸能界での地位を得られたということにも思いが及びました。芸能人のお金に関する思いや失敗など、トークの中に見え隠れる細かな情報を繋ぎ直してみると、今時のお金事情ということがよく理解出来る番組だと思います。

・視点が面白いですね。名店を紹介する番組はたくさんありますが、日常生活でこのお店はなぜ儲けているように見えないのに潰れないのかという疑問を抱いた人は結構いると思いますがそこを掘り下げて分析することはないので、番組を通じてその謎が明らかになるのが見ていて面白いですし勉強にもなります。また、司会やゲストの飾り気のない率直なコメントも気持ちいいです。坂上さんと指原さんというキャスティングが番組の魅力を引き立てていると思います。

・世の中には、いろんなビジネスがある。そして、一見暇そうに見え、いつ潰れてもおかしくないようなビジネスでも、儲けるために自分自身が何をすべきなのか、考えるのにいいと感じた。また、新たな収入源を見つけるために、意外に身近なところにあったりするケースがあると感じた。そのため、商売を続けるためには常にあちこちにアンテナを張り、世間のニーズを拾い上げたり、新たな販路を見つける必要があるように感じました。商売を続けるために、考えるいい参考になる番組です。

・とても面白かったです。自分の住んでいる地域にも、なんでこの店潰れないんだろう…お客さん入ってるのなんて見たことないのにね…という店をたまに見かけますが、裏ではこんな事情があるんですね。年商16億円を売り上げる、入るのにはとても勇気がいる骨董店を見て、自分も祖父が無くなったときに形見としてもらった古い掛け軸と絵を持っていることを思い出しました。売るのは形見なのでしたくはないですが、どれくらい価値があるものか、鑑定してみてほしいなと思って見ていました。

・あまり人が入っていないような、なんでつぶれないのだろう?と言うお店の秘密のようなものにはすごく興味があったのですが、正直、申し訳ないのですが坂上さんと指原さん2人の司会ではただうるさいだけの番組なのではないかと興味はありませんでした。内容に興味があっても司会がうるさいと内容まで大したことないのかな?と決めつけていたのですがいざ見てみたら次から次へと気になる内容で目を離す事が出来ませんでした。本日の八百屋さんにしても遠くの島の生活を守っていると思うとただただ関心する事ばかりでした。自分の知っている仕事でもその仕事内容はとても奥深い事が分かって面白いと思いました。

・特に好きなタレントさんが出ているから見始めたというわけでもなく、ついていたから見始めた…という番組であったが実際はかなり楽しめました。ありがちな疑問ながらも内容がしっかりあって勉強にもなりました。見ていると仕事に限らず新しいことを想像してみようかとか、まだ人生考えると何かひと山あるんじゃないかとさえ思えました。なんだか前向きになれたなという感想です。小難しく解説というわけではないので気楽に見られて役に立つ、なかなかいい番組でした。