M-1グランプリ一番面白いチャンピオンは誰!歴代王者でみんなが好きなのは?

_1539665292

毎年みんなが注目しているM1グランプリ。

白熱する漫才バトル、そして誰がチャンピオンになるか、楽しみにしている方も多い事でしょう。

そこで今回はこれまでのM1グランプリのチャンピオンで誰が一番面白かったかみんなに意見を聞いてみました。


M1グランプリ一番面白いチャンピオンは!みんなが好きなのは!

・パンクブーブー。漫才はもちろん、コントも面白い。優勝した時のネタはパンクブーブーらしい、言葉や言い回しで笑いを取るネタで本当に面白かった。佐藤さんのボケに関しては普段から意識していることを少し言い換えたり表現を変えるという方法で、とても面白い。

・チュートリアルさんが1番の面白かったです。理由は徳井さんのイケメンなのに変態チックなボケと、福田さんの突っ込むときの表情が最高で聞いて面白いし見て面白いという感じでした。あと漫才のテンポの良さと徳井さんの情景が思い浮かぶ話し方も良かったです。

・銀シャリです。演目自体のセンスは良いとは言い切れない点がありますが、玉石混淆とも戦国乱世とも言える若手芸人の中で中で勝ち残った実績をまずは買いたいのです。温故知新を生き馬の目を抜くことが常に要求され続けている芸能界の中で久し振りに教わった気になれました。これからは円熟期に差し掛かりますので、まったりとした芸を楽しみいしたいですね。身丈に合っていない衣装ばかりに注目せずに、話芸も観客に楽しんでもらいですな。

・アンタッチャブルです。理由はアンタッチャブルの2人はどちらも芸人として抜きん出てると思ったからです。特にボケの山崎の方はボケとして天才だと感じます。ツッコミの柴田もツッコミとしてとても鋭く良く通る声なので事件がなければ今頃大活躍していたと思います。

・どの歴代の優勝者も面白いですが、一番笑ったのはチュートリアルでした。チュートリアルの徳井くんが乗りに乗っていて、漫才のネタもタイミングも完璧でほんとに笑いすぎて泣けるほど笑いました。ネタの内容も大人から子供までわかりやすいものだったので、家族皆で笑いました。

・アンタッチャブル。初めて関東の芸人さんが優勝して驚きました。あの時のアンタッチャブルはすごく面白かった!
今はもう、二人も漫才が見られなくて残念です。山崎さんの明るいボケと柴田さんの勢いのあるツッコミが最高に楽しかったです。

・断然、中川家です。彼らは本家・本元・正統派の関西のしゃべくり漫才で、彼らほどの漫才師はそうそういないというレベルだと思います。それだけでなく、フリートークも抜群に上手いです。話術のスキル、笑いのレベル、ハンパ無いと思います。

・中川家さんが一番面白いと思います。兄弟愛が感じられますし、漫才に対して真剣に取り組まれている姿、四六時中とはいかないかもしれませんが常に漫才の事を考えている感じが好きです。無駄な事はせず、横道それることなくお笑いを追及されているところが、いつみても面白く感じますし器用な笑いが好きです。

・悩むところですが、中川家さんです。もう気迫から全てが違いました。関西に住んでいた頃はM-1優勝予想をしていたのですがそれまでの漫才番組の漫才からしてほかの漫才コンビとの仕上がりが違って郡を抜いてました。中川家のお兄ちゃんがパニック症になって二人が支え合って乗り越えての優勝だったから感動したし、一番優勝したのを覚えています。

・チュートリアル、サンドウィッチマン、NONSTYEL、パンクブーブーの4組が面白いと思う。この中からさらに絞ると、NONSTYELを選びます。今でも精力的にネタを作り、ネタ番組でもよく見かけることを理由とします。

・NON STYLE。お笑いが好きだった昔からずっと好きです。石田さんのキャラと井上さんのキャラは正反対なのに、ネタとなるといい雰囲気、空気感でほかのコンビとは違う魅力があります。フリートークも面白いので飽きないです。

・私はトロサーモンです。M-1ラストイヤーだった去年は和牛が優勝候補でした。ファーストステージにおいては和牛より点数が低く、また会場も和牛が優勝する空気の中一気にその流れを変えていった、ネタの盛り上がり方は歴代ナンバーワンだとおもいます。

・中川家。はじめての大会で、優勝候補と言われた中で、見事に面白いネタを持ってきたと思います。決勝でもそれは同じでした。どのネタを決勝に当てるかの選択も見事にハマっていました。ネタもさることながら、テンポや掛け合い、タイミングなど見ていて見事だと思いました。

・フットボールアワーです。キャラを活かした漫才が好きということもありますが、純粋にツッコミが上手いですからね。誰も傷つけない笑いがあると思いました!優勝しても再度Mー1に挑戦し決勝までいっていたので実力があるんだと思います。

・初代グランプリである中川家が一番面白いと思います。大阪の昔ながらのコテコテの漫才を継承しているので若い層だけでなく年配の方も楽しめるのがすごいと思います。やはりボケの弟中川礼二の喋りのテンポが凄いと思います。

・アンタッチャブルさんが一番面白かったです。早口で集中してみないとわからないところもあるけど、その分かなりのボケが含まれてて、ツッコミも鋭く刺さるところが面白いです。見てる側が思いつかないところでボケが入ってきててとても好きでした。

・笑い飯。「鳥人」の面白さが、10年ほどたった今も忘れられない。その年はグランプリをとれなかったけれど、毎年毎年コンスタントに面白かった。Wボケで両方とも面白いっていうのも凄い。歴代の優勝者の中では、総合力で一番面白いと思います!

・中川家さんです。上記のベタな漫才パターンをやっても実力があるから気になりません。間の取り方であったり、言葉の抑揚、表現力などが最近の若手漫才師より好きです。ベテランの漫才師も実力はあるけど、内容が年配の人向けだったり、しゃべくりスタイルだったりで馴染めません。中川家あたりの年代がちょうどいいです。(ちなみに私は学生時代にダウンタウンがデビューした年代です)


サンドウィッチマンが歴代王者で一番人気?

一番面白いという意見が多かったのはサンドウィッチマンでした。

・歴代で一番面白いと思ったのは、サンドイッチマンです。大袈裟な身振り手振りをするわけでもなく、素直に言葉だけで表現するスタイルが気に入ってます。また、話の流れも上手で、凄く分かりやすい展開だけではなく、伏線からの見事なオチで一瞬たりとも聞き逃したくない感じです。

・サンドイッチマンが一番面白いです。何より、敗者復活戦からの劇的な優勝は印象に残っています。富澤さんのひょうひょうとしたボケと伊達さんの口が悪いけれど的確なつっこみが本当に面白く、息長く活躍されてます。

・サンドイッチマン。正直、M-1グランプリは芸人さんが本当に気合を入れて頑張っているのが伝わってくるので毎年優勝者も含めてすごいと思うが、やはり敗者復活から上がってそれほど名前も知られていなかったサンドイッチマンの優勝時は面白かったし感動した。

・サンドウィッチマンさんです。バラエティ番組で見る際に、とても仲が良さそうなのがとてもいいです。その雰囲気がネタにも出ていて、とても楽しく拝見できます。また、ネタだけでなく、バラエティ番組などで普通に話しているだけでも面白いので好きです。

・過去の大会で優勝されたコンビはどれもレベルの高いネタが多く非常に面白かったですが、やはり強烈なインパクトを感じたコンビはサンドウィッチマンです。当時、サンドウィッチマンは敗者復活で決勝に進んだコンビだったのでそれほど面白いネタは用意出来ていないだろうと勝手に思い込んでいました。しかし、実際のネタを見てみたら非常にしっかり作り込まれたネタで面白くとても衝撃を受けたのを覚えています。M-1の時に披露した「ピザ屋」のネタは今でも忘れません。

・サンドウィッチマンさんです。漫才でもコントでもバラエティーロケでもトーク番組でもどのシチュエーションでも存在感と笑い、そして絶対に後味が悪い事にはならないところ。誰も傷つけない純然たる娯楽を提供していると思います。

・なんといってもサンドウィッチマンだと思います。あの伝説の「ビザの宅配」のネタは、いまだに何度見ても大爆笑してしまいます。また、その後のお笑い界の、ネタ作りのモデルケースにすらなったのではないかと思います。

・サンドウィッチマンです。サンドウィッチマンの漫才を見た時、こんな面白いがいるのかと驚いたことを覚えています。M-1に出てくる他の芸人、特に異常にうるさかったり、顔芸や動きで笑わせようとするくだらない芸人は本当に不愉快で寒気がします。サンドウィッチマンのお二人にはこれからも活躍してほしいと思います。

・サンドウィッチマンです。その年も見ていましたが敗者復活からの優勝は本当にすごい勢いがあり、ピザのネタでは大笑いしました。富沢さんの「ちょっと何言ってるかわからない」は日常生活でも冗談で言ったりしています。

・サンドウィッチマン。彼らの優勝は劇的でもありましたが、そうなるだけの突出したネタの面白さでした。いかにも悪そうな伊達さんの風貌を利用したネタ、どこかとぼけたような富澤さんのボケ、彼らにしかできないネタだと思います。よく作りこまれていますし、また言葉のチョイスも上手だと思います。

・私は歴代優勝者の中でサンドウィッチマンが一番面白かったと思う。敗者復活戦から出てきて、最初の街頭インタビューのネタがとても面白く、サンドウィッチマンにはまりました。決勝戦のピザ屋のデリバリーのネタも面白かったです。

・サンドウィッチマンが面白かったと思います。敗者復活からの優勝ということで、かなり盛り上がりました。吉本の芸人さんが多い中、あまり知名度のない芸能事務所からの優勝はかなりインパクトが大きかったのではないかと思います。それだけ、実力が高い漫才であったし誰も文句のない優勝だったのではないかと感じました。そして、今でもテレビで出演されているのを見てもやはり「おもしろいな~」と思いますし応援しています。