サンジの名シーン・名言!ワンピースで思い出に残る感動場面は!みんなが好きなセリフは!

onepiece_02

ワンピースの大人気キャラ、サンジ。

料理人でありながらそれだけにとどまらない活躍で、もはやワンピースにかかせないキャラの一人。

今回はそんなサンジの名シーン・名言はどれかみんなに聞いてみました。


サンジの名シーン・名言は!ワンピースで思い出に残る感動場面!

・海上レストラン「バラティエ」から麦わら海賊団へ移る際、オーナーであり育ての親とも言える赫足のゼフに「クソお世話になりました!」と礼を言うところ。サンジ初登場のストーリーで乱暴な態度が多く、所々で懐の深さは垣間見えたがその情の厚さが最も鮮明に見えたシーンだったから。

・サンジの一番印象的なシーンはルフィと仲間になる際の、ジェフとの別れの場面です。最近原作で明かされた、不遇な少年時代を知った上でもう一度あの場面を観るとより感動します。サンジにとって本物の父親はジェフなのでは無いでしょうか。

・「クソお世話になりました」二年後で明かされた過去を知ってからのゼフとの数年を考えると本当にお世話になったんだなぁと感じられる。サンジが料理人になりたいっていう夢をかなえられたし、いろいろ世話もしてくれて女性に対する考えも叩き込んでくれた親みたいな存在と別れを告げるのって涙なしには見れなかった。

・サンジの印象的なシーンは、ビッグマム編でのプリンとの挙式シーン。「なんて…美しい瞳だ…」ビッグマムの企みにより、プリンに殺されると知った上でこのセリフを素で言ってしまうところがすごい。結果、プリンはサンジのことが殺せなくなってしまうのですが、プリンじゃなくても、サンジのこと好きになっちゃう気持ちは分かる。元々イケメンってのもありますが…。

・サンジがルフィ達の仲間になって、レストランの皆に土下座をしているシーン。「長い間、くそお世話になりました!」くそとか言っているけど、キチンと礼儀を通すところが、海賊と騎士の両方を表現している気がしてサンジをよく表しているから。

・ウォーターセブン編でニコ・ロビンが麦わらの一味を裏切りCP9とエニエスロビーに向かうシーン。チョッパーが何故ロビンが一味を裏切るのか分からないと言った時に、「女の嘘を許すのが男だ」と言い放つ。いつも女性キャラにメロメロのサンジだが、ロビンの心境を一番よく理解していたその観察力が凄いと感じた。

・ウォーターセブン編の海列車でのワンゼ戦。普段は戦闘の際に手も刃物も使わず脚だけで戦うサンジですが、麺ズフォーマルスーツをまとったワンゼと「ここが給仕室で敵が食材なら話は別だ」と二刀流の包丁で戦うシーンです。蹴り技以外で戦うなんてめったにないため印象に残っています。

・ゼフとの過去のエピソードがやはり印象的です。ゼフオの関係がただの師匠と弟子という関係以上に、生死を共にして、生かしてもらえたことの感謝であったりだとかコックとしての心構えだとかのいろいろな思いが詰まっているエピソードだと今でも思います。

・アーロン一味との戦いで魚人空手40段だと言われて「ならクソジジイは400段だ」と言い放ってからのムートンショットの流れ。ゾロは武士としてのカッコ良さがあるがサンジはジェントルマンとしてのカッコ良さが際立ったいいシーン。「デザートはいらねぇか?」なんて最後に言うのはいかした男のセリフ。

・バラティエを去るときのシーン。いままで憎まれ口をたたき、正当に評価してほしいと悪態ついていたゼフに対し、涙を流しながら感謝を述べ、バラティエから次のステージへと向うのがとても印象に残っている。親子の絆が垣間見えたため。

・お腹を空かせたひとを、誰であっても見捨てて置けない、最初にルフィーがサンジをなかまにすると決めしつこくサンジを勧誘する一れ話の流れと、サンジがルフィーと一緒に行くと決めて店に土下座をして礼を言うシーンは忘れられないシーンです、サンジの過去と料理人になった経緯とサンジの人となりがわかるシーンだと思います

・一番印象に残っているシーンは何といってもルフィと出会う初期のシーンでお腹を空かせている海賊、しかもかなりの悪党なのにもかかわらず、美味しい手料理を振舞うシーンです。料理人として、男として、すばらしい一面が見れたシーンだと思います。

・一番印象的なシーン:ゼフに対して「クソお世話になりました」と土下座をするシーン理由:お世話になりましたに「クソ」がつくことでサンジらしさが出ていたと思いました。言葉は悪いながらも土下座して、ゼフへの感謝に溢れていて感動したから。

・土下座しながら、「オーナーシェフ、くそお世話になりました。」のシーンが大好きです。最後の最後までオーナーといがみ合い、素直になれなかったサンジですが、最後の最後にどんでん返し。あの一言で、今まで非常に世話になり感謝していることがわかります。思わず泣いてしまいました。

・サンジを育てた親代わりとお別れをする時に土下座をしながら、お礼を言うシーンが印象に残っています。言葉遣いは汚いですが、それでも丁寧に伝えようとサンジなりに誠意を込めた感謝の行動でもある、そしてカッコイイ土下座でした。

・「くそお世話になりました」が印象的です。オーナーゼフとのいきさつや関係性がサンジらしい言葉で端的に表現されているところが素晴らしい。素直な言葉ではなくても、恩や義理をしっかり持っている魅力のあるキャラクターだと感じました。

・やっぱりバラティエのシーン。命を救ってくれて感謝をしている人との別れのセリフ「くそお世話になりました」はサンジらしいと思う。やさしさがあふれているとも思うし、自分の夢への挑戦にかける感じがかっこいいと思った。

・サンジとゼフの過去を振り返るシーン。同じ夢をもっていたサンジをゼフは自分の足を犠牲にして助けて食料を全部サンジにあげて自分は飲まず食わずでずっと助けをまち、それを知った時のサンジの気持ちに泣けてきて感動した。

・エネル戦の際、ナミとウソップを攻撃から身を呈して守ります。もちろんサンジは無事では済まなく全身黒焦げで大ダメージを受けてしまいます。そんなになっても「タバコの火ィ…!!!欲しかった…トコだ…!!!」と。常に弱さを見せない漢気あふれるシーンがとても素敵です。

・初登場あたりの話になるが、船上レストランで働き始めた頃のゼフと無人島にいた頃のエピソード。サンジを助ける為に、自分の足を食べてたゼフというのはインパクトが強くて忘れられない。あとは「“女のウソ”は、許すのが男だ」というのは凄い名言。

・サンジで印象に残っているシーンは、サイファーポールのカリファとの戦闘で「おれは死んでも女は蹴らん」と宣言しぼこぼこにやられるシーン。男女平等だからと、女性に対しても高圧的で攻撃的な男性もいる中、紳士的で、かつ初志貫徹していてとても格好いいと思ったから。

・サンジの幼少期にイーストブルーでゼフとのエピソードも印象的でしたが、新世界に入り、ヴィンスモーク家である事実を知って以降、ジェルマ一族時代があってのサンジの優しさや人格がさらに今までのエピソードとつながったため、ジェルマから逃げ出すシーンは一番印象的でした。

・オーナーゼフの元を去り、クソお世話になりましたと泣きながら、お礼を言うシーン。ゼフの風邪引くなよの一言でサンジの想いがあふれてしまい、オーナーゼフとその仲間も涙を流すシーンは多くは語らなくても、共に過ごした長い時間が少しの言葉でも、みんなの気持ちを一致させたシーンに感動です

・お金を持っていないギンに料理を食べさせてあげていたシーン。理由はその後の描写されているサンジと赤足のゼフとの過去のシーンで海で食料を失うという体験をサンジがしていたということを知ったからです。そんな恐ろしい体験をしたからこそできる素晴らしい行動だと思いました。

・やはりサンジといえば、会場レストランにてお世話になったゼフに向けた放った長い間、クソお世話になりましたと土下座をするシーンです。料理のノウハウを教えてくれたり少年時代から育ててくれたゼフに向けて精一杯のお礼を彼なりにするとても泣けるシーンだからです。

・ルフィたちの仲間になって、海上レストランから旅立つシーンです。土下座して育ての親のゼフに感謝を述べるサンジと、我が子の旅立ちを祝福するかの様な優しい笑顔で、涙ながらに送り出すゼフの面持ちに感動しました。

・ビッグマムの娘であるプリンちゃんとの結婚周りのお話です。
仲間と離れることに対して葛藤がありながらも、プリンちゃんの立場や仲間が傷つけられることを考え受け入れる政略結婚。ですが、結婚式本番、プリンちゃんが本性(恐れられる第三の目)を見せるも、サンジはその目を見て「綺麗だ」と言いました。基本「女性は須らく大好き」スタンスのサンジなので、女たらし的な印象を持っている方もいるかと思うのですが、サンジは「好きだ」と思った女性に対して一人一人真摯に向き合っているのだな、と感じました(もしくは、単純なだけなのかも知れませんが)。

・何度も放映されているからか、やっぱり麦藁の一味に加わるシーンが一番印象的で、最初に思い浮かびます。お世話になった人に思い切り感謝の土下座をするシーンではサンジが号泣しており、普段はおちゃらけたシーンが多いのでそのギャップが効いています。

・結婚式のとき、プリンの隠れた目を見て、サンジが「美しい」と言ったシーンはとてまみも印象に残っています。彼の女性に対する美的感覚は、人から少し離れていても問題なく機能するのだなと思い、サンジは本当に良い男性だと感心しました。

・サンジが「たとえ死んでも、おれは女は蹴らん」と言うシーン。ボロボロになって言うシーンですが、この台詞に、今までになく強い信念を感じました。同時に、面倒臭い奴だなあ、早く倒してしまえば良いのに、彼が動ければ解決するのに、と悶々としました。


みんなが好きなサンジのセリフは!

やはりクソお世話になりましたがお気に入りという意見は多かったですね。

個人的にも大好きな場面の一つであります。

他にもたくさんの見所があるサンジの活躍シーン、これからも注目ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です