女性の就活スーツ・コートの選び方ポイント!スカートとパンツどっちがいい?

women_1545107646

就活のスーツ、女性の場合は何をポイントに選べばいいのか。

今回は就活生に役立つスーツ情報をまとめました。

是非みんなの意見をご参考ください。

ちなみに関連情報はこちら


就活スーツ女性の選ぶポイントは!スカートとパンツどっち?

まずはみんなの就活スーツを選ぶポイントについて見てみましょう。

・スカートの丈の長さや形状を一番注意しました。スカートの長さは短すぎず長すぎないもので特に座った時も短くなりすぎないか確認しました。スカートの形もシンプルな形状のものであまり裾が広がりすぎないものを選びました。あとパンツと三点セットになってるものにしました。

・体型に合っていることです。サイズももちろんですがシェイプが綺麗に見えるものを探しました。就職活動では個性を出すことも大事ですが見た目の清潔感や第一印象が大切とのことで、黒のシンプルなスーツを選びました。

・ジャケットの形が綺麗で、就活以外でも着られることです。パンツよりはスカートがいいので、膝丈でややタイトなものを選びます。 ジャケットもスカートも、それぞれ別でも着用できるものが好ましいです。色は黒か、ネイビーがいいですが、体のラインが綺麗に見えるものでないと、いかにも学生のリクルートスーツになってしまうので、年齢的にも差別化したいです。

・いかにもリクルートというデザインは避けるようにしました。理由はリクルートタイプだと個性が消えてしまい、人事担当者は全員同じに見えると聞いたことがあったためです。確かに就活シーズンになると、町中に同じような格好の人が溢れかえっているので納得しました。

・まずは、派手な作りのものではない、地味目のものを選ぼうと思いました。また、自分は身長173㎝と大柄だったので、なるべくシンプルなデザインで、スッキリと見えるものを望みました。あとは、ストレッチが効いて動きやすいものを選ぼうと考えました。

・私が就職活動をするときは、一般的な企業への就職を希望していたため、目立ちすぎず、綺麗に見えるシンプルな黒のスーツを選びました。社風に合わせて、パンツとスカートを使い分けれるよう、ボトムスは2種類購入しました。

・色は黒でスカートタイプのスーツという事が第一条件でした。形は丈が短くないもの、そして体型に合っていて、姿勢が綺麗に見えるという事を重要視して選びました。一目見た印象が良く見える事が重要だと思いましたので。

・新卒の時は黒で無個性なもの。その後の転職活動では、黒だと新卒のようで頼りなく見られてしまうので、紺のものにしました。どちらにも共通して言えるのは、サイズをぴったりにお直しすることです。スカートはひざが隠れる丈にして、万人から好感を持たれるようにします。就活スーツは野暮ったいくらいが良くて、おしゃれはいらないと思います。

・「無難」が一番のポイントで拘ったところです。目立つことなく、派手ではないどちらかというと地味なものを選びました。真っ黒のリクルートスーツですが、夏冬兼用のものにして一着で着まわせるようにしておりました。

・自分で洗濯できるかどうかを優先して選びました。就活の時は、一日に何社も訪問したりするのでその分汗もいっぱいかきます。その度にクリーニングに出して・・というのが煩わしいなと思い、洗濯できるものを選びました。

・女性の就活スーツは上品で清潔感があるスタイルが理想なので、サイドにスリットが入っていない膝丈のタイトスカートの、セットアップスーツを選ぶようにしています。ジャケットは3つボタンだとスーツに合わせる白シャツの首元が詰まって見えるので、2つボタンのものを選んでいます。面接の時にスムーズに座ったり立ったりできるよう、ストレッチ素材のスーツを選ぶのがポイントです。

・選ぶポイントは価格でした。価格の次にシルエットが綺麗に見えるかどうかというデザインがポイントになりました。
就活スーツはその後入社式などでも使用することになると思います。なので、多少高いものを選んでも良かったかなと今振り返ると少し後悔しています。

女性の就活スーツはシルエット重視

女性の就活スーツはシルエット重視という意見も。

・一番重要なのはシンプルかつシルエットが綺麗に見えることです。仕草に気をつける練習にもなるのでスカートを選びました。色に関しては黒かネイビーと決めていました。ベージュやグレーも稀に見ますが、血色良く見られる為にも黒にしました。

・動きやすさとスタイルの良さを重視しました。動きやすさを考えてパンツスーツ、ジャケットは大き目を買うと太って見えるので実際に試着してシルエットが綺麗に見える方が見栄えがいいと思いジャストサイズに近いジャケットを購入しました。色は無難にグレーにしました。

・着用した時に全体的にスラッと見える、シルエットがきれいな物を選びます。スーツによっては何だかやぼったい印象になってしまうものもありますが、それでは就活の際の印象が悪くなると思うので。特にウエスト部分のシルエットは意識しました。


就活スーツ、コートはどうする

ちなみに就活スーツにあわせるコートについても、みんながどうしたか聞いてみました。

・黒のシンプルなウールコートです。特にリクルートスーツとセットで選んだというわけではありませんが無難に合わせられるのでそれを選びました。

・これも、地味目のものを選びました。自分が就活した時代は、派手なものを身に着けていただけで、内定など絶対に貰えなかったからです。また、軽くて着ていて疲れないもの、ガサガサ音がしないものを選びました。

スーツに合わせやすいのはトレンチコート

就活時のコートですが、スーツに合わせやすいトレンチコートを選ぶ方が多かったです。

・スーツの上にはベージュのシンプルなトレンチコートを羽織りました。コートの丈はスーツのスカートとほぼ同じ位の膝丈です。

・私が就職活動をした当時は白いトレンチコートが流行っていました。しばらくは手持ちのグレーのコートを使用していましたが、周りから浮いているような気がして急遽白いトレンチコートを購入しました。

・東北地方での就職活動が多かったので、真冬用に黒の長めのトレンチコートにしました。肌寒いくらいの時期にはベージュのトレンチコートを使用していました。

・冬でしたが、あまりごわつくものや、かさばりすぎるものは邪魔になるし、見た目も良くないので、トレンチコートにマフラーをしていました。

・就活をしていたのが春先だけだったので、ベージュのトレンチコートを羽織っていました。冬だったら黒のコートを着ていたと思います。

・基本的にはベージュのトレンチコートが良いと思います。冬の寒い日なども長袖の肌着を着用して、たためばかばんの中に入る薄手のマフラーをすれば耐えられました。

・春先の季節にはベージュのトレンチコートで、冬の寒い時期には紺色のチェスターコートを羽織っていました。周りの就活生も同じような格好をしていたのを覚えています。

・トレンチコートを選びました。スーツ・コートを購入したのが冬だったので、寒くないように結構厚手のトレンチコートにしました。

・トレンチコートでベルトは腰だけのできるだけシンプルなものを選びました。色は黒で全身統一できるようにしました。面接時は脱いでおくことが多いのでかさばらい生地感のものにしました。

・黒色のトレンチコートを選びました。細身だけどサイズには余裕を持たせて、長い時間着ていても窮屈にならないものを選びました。

・知的に見えるかと思いベージュ色のベルト付きのトレンチコートにしました。丈は膝が見えると幼く見えるのでひざ下にしました。

・秋口はだいたい、トレンチコートを着用していました。冬場はチェスターコートやPコートなどが多かったです。

・真冬はあまり着る機会がなかったので春先にはベージュのトレンチコートを羽織っていました。建物の中に入るときには羽織りものは脱ぐので特に気にしませんでした。


就活スーツとコートを選ぶポイント

いかがだったでしょうか、実際にみんなが就活の時にどういうポイントでスーツとコートを選んだかまとめました。

スーツはシルエットを気にする方が多かったですね。

パンツとスカート両方用意している方も多い用です。

コートは断然トレンチコートを選ぶ方が多かったです。

ビジネスシーンなら問題なく使いまわせますし、一着持っておくと便利でしょう。

是非ご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です