同居人はひざ、時々、頭のうえ。感想!アニメ面白い?つまらない?原作コミックも人気!

同居人はひざ、時々、頭のうえ。

doukyo_00

動物好きにはたまらないアニメ、同居人はひざ、時々、頭のうえ。が放送スタートです。

原作コミックも人気の作品、アニメ同居人はひざ、時々、頭のうえ。の放送開始を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな注目のアニメ同居人はひざ、時々、頭のうえ。についてみんなの感想評価をみてみましょう。

ちなみに関連記事はこちら


同居人はひざ、時々、頭のうえ。アニメ面白い?つまらない?

アニメ同居人はひざ、時々、頭のうえ。は面白いのかつまらないのか、みんなの意見感想はこちら。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。では同じ場面を猫視点と人間視点で描いてあるのが面白い思考だなと思いました。猫の習性や気持ちもわかりそうだなと思いました。しかし、同じ場面を2回読むのも飽きてくる時があります。どうにかして同じ場面で猫と主人公の気持ちがわかるとより良いです。この漫画を読んで、猫をもっと知りたくなりましたし、飼ってみたくなりました。

・「猫に命を狙われている」という発想が想定外で、この先の展開を読めないものにしてワクワクしました。猫の目つきが悪すぎて笑えたのと、猫の行動から思いがけない想像力を発展させるミステリー作家である主人公が可愛いです。
そして、何よりも猫から目線の猫や人間の行動の解釈がとてもいじらしく思えて、あっという間に猫に感情移入してしまいました。同居人はひざ、時々、頭のうえ。、楽しみなアニメです。

・アニメ同居人はひざ、時々、頭のうえ。いいですね。人とのコミュニケーションが苦手な主人公のすばると姉御肌のはるとのやり取りがとっても癒されます。はるの「しょうがないわね」って上から目線なのに、すばるが仕事に入りすぎてぶっ倒れたり、家になかなか帰ってこなかったりすると心配で不安になってしまうのがとてもかわいいです。すばるもはるの様子がおかしいのを心配なのに、自分のそういう気持ちに気づかないフリをして、お互い素直じゃないのが読んでいてほっこりします。すばるが編集者さんやペット店の女性、幼馴染とのやり取りを通じながら少しずつ心を開いていくのが感動するので、毎回応援してしまいます。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。では偏屈なミステリー作家の主人公と、彼の拾った猫の奇妙な絆関係が描かれています。主人公は想像の世界で食べていく作家です。ゆえに、他者とのコンタクトによって想像の邪魔をされるのをすごく嫌います。一話後半で編集担当者に「想像だけではわからないこともある」と指摘されて、少し考えを変えたように思えます。偏屈な若者が良い成長をとげる物語で面白いとおもいました。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。第1話は、前半が素晴のパートで後半が猫のハルのパートでした。前半では、作家主体の何の面白みもない作品に思えました。でも、後半のパートのハル主体のストーリーが、ちょっと面白く、ちょっとほっとでき、すごく面白いわけではないですが良い作品と思いました。正直なところ、猫はかなり気まぐれな生き物と思うので、実際の猫とのギャップが大きすぎる気がしますが、猫のハル目線がちょっとほっこりできるところが良いと思いました。

・人と猫視点がうまくコラボレーションしていて、双方からみた互いの姿が面白いと感じました。同居人はひざ、時々、頭のうえ。は登場人物も少なめでゆったりと見やすく、可愛いだけではないホロリとするシーンもあって印象的です。小説家と編集者、インドア派とアウトドア派のやり取りのシーンも多く、人と猫だけではない様々立場の違いの視点もユニークでした。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。期待以上という感想も

アニメ同居人はひざ、時々、頭のうえ。ですが、期待以上だったという感想もありました。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。はただただ猫が出るアニメだから見はじめたので、さほど期待もしていなかったのだが、とても面白かった。始めは、一人暮らしの若干コミュ障な主人公が、仕事のネタに野良猫を拾い観察するというだけで面白みがなかったが、後半はその様子を猫視点で描いていたのが良かった。主人公だけではダラダラした話になったのだろうが、人間の子どもらしいのこの感情が何とも可愛く、楽しい。主人公を利用しているつもりの猫が、実は利用され観察されていると知ったらどうなるのかなぁ。一人と一匹のギャップある暮らしを今後も見たい。


同居人はひざ、時々、頭のうえ。原作ファンからは厳しい感想も

同居人はひざ、時々、頭のうえ。の原作ファンからは厳しい感想もありました。

・アニメ版の同居人はひざ、時々、頭のうえ。に期待しすぎたのか、少々予想とは違いガッカリしています。原作の漫画では、主役のみかづきくんも猫のハルも、とても可愛いのですが、声に違和感があるのか、アニメではあまり可愛く感じられませんでした。ちょっと勝気なイメージがあったハルの声が、強気なセリフの割には普通に可愛すぎます。声優さんも、猫の声を演じるのは大変でしょうし、慣れてくれば違和感がなくなるかもしれません。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。気になるキャラは!

アニメ同居人はひざ、時々、頭のうえ。の気になるキャラについてもみんなの意見を聞いてみました。

・ネタとしてハルを飼い始めたみかづきくんと、美味しいものに釣られて一緒に暮らすことにしたハルが、どんな風に心を通わせていくかが見どころのアニメだと思います。人が嫌いだと言い捨てるみかづきくんが、ハルと接することでどう変わっていくか気になります。

・主人公のすばると同居人のねこのはるです。すばるは集中すると寝食忘れて小説を書き続けたり、コミュニケーションが苦手な不器用なところが天才ぽくて好きです。はるは食べ物を見つけたら目をキラキラさせて、常に食べることに貪欲なところがとてもかわいいです。「あたしが一緒にいてあげるわ」って上から目線でありながら実はすごく愛情に溢れているのが伝わります。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。で気になるのは主人公と猫の両方。いったい彼らのどちらかが先に絆されるのかが楽しみです。また、願わくば、猫の兄弟たちもまた出てきて欲しい。まさか、姉御肌な猫ちゃんが兄弟の下に帰らないわけもなさそうだし……でも、鈍い主人公は、兄弟も野良猫だなんて気づかないんだろうなぁ。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。:ハル(猫)

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。の主人公の猫のハルが可愛いいです。ご主人にはどう感じているのか、また家に来るお客さんにはどう感じてるのかがすごくよくわかりました。主人公もだんだんと猫に心開いてくるのも見どころの一つだと思います。そしてその気持ちはちょっとずつ伝わるんだなと思いました。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。で一番好きなのは猫です。理性を持ちつつも、本能に逆らえずついご飯を食べてしまったり、良かれと思ってしたことを人間に理解されなかったりしても、猫らしい独特な解釈で納得して前に進むのが好きです。そして、大きな目で人間を見つめる姿が何より可愛いです。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。で気になるのはハル。主人公が飼う可愛い猫です。飼い主と猫とで考えにちょっと違いがあったりしますが、それでも結果として意思疎通がなんとなか成されているとうところがコミカルで良いと思いました。偉そうなことを言っても、結局飼い主を心配している優しいところが良いと想う可愛い猫です。

・気になる同居人はひざ、時々、頭のうえ。のキャラは、猫のハルです。現実の猫とは、かなりギャップがある感じですが、ちょっと生意気なところと主人となった素晴へのツンデレのような接し方がとても魅力的に感じました。素晴との関係がどんな風になっていくのか、とっても気になります。

・同居人はひざ、時々、頭のうえ。の好きなキャラは猫のハルです。猫らしさというより、おせっかいなお姉さん気質があるハルが微笑ましいと思いました。また食欲旺盛で猫缶につられて家に残ることを決めたりと、食い意地が張っているところに相客がありました。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。原作も人気

同居人はひざ、時々、頭のうえ。は原作のコミックも人気です。

アニメで気になった方も是非チェックを!

関連情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です