えんどろ~!感想評価!アニメ面白い?つまらない?魔王のマオが圧倒的人気!

2019年10月9日

えんどろ~!アニメ感想評価

endoro_00

アニメえんどろ~!が放送開始です。

日常系ファンタジーという、ありそうでなかったジャンルで注目を集めていますね。

アニメえんどろ~!についてみんなの感想評価を見てみましょう。


えんどろ~!アニメ面白い?つまらない?みんなの感想

アニメえんどろ~!は面白いのかつまらないのか、みんなの意見感想はこちら。

・えんどろ~!は女の子向けの変身ものかなと絵を見て思っていましたが、全然違いました。ほのぼのと言うより、ゆる~い。何もかもが、ゆるゆる。でも、可愛い。絵柄もそうですが、キャラクターたちがほのぼの。話も、ギャグとして捉えるべきなんでしょが、可愛い。それ以外は、特に何も思わないし、思ってはならない感じです。ストーリなどを意識してはいけないアニメと言ったところでしょうか。内容が薄くても、それはそれでいいと思えます。

・可愛い女の子がたくさん出てきて、癒されるアニメだと思いました。えんどろ~!のオープニングで最終回のような演出になっているところはとても面白かったです。事前にどういうアニメか知らずに見たので、その後の展開にびっくりしましたが、第一話のうちにマオの説明によって事情がわかったので観やすかったです。今後どんな展開になっていくか楽しみなアニメだと思いました。

・まずはキャラクターが小さくて可愛らしいと思いました。週末に放送しているアニメなので、週末の癒やしとなりました。意図せず悪の魔王は過去の世界に飛ばされ、自分を討伐に来る勇者が強くなる前に叩くという姑息な作戦にでます。主人公の敵になるのですが、この魔王も小さくて可愛らしいです。過去で勇者と魔王がどう絡むのか、今後の展開も楽しみです。

・一話のあらすじを感想のために語ると録画したけれど未視聴の人へのネタバレになりそうなので、ちょっと間接的な感想になってしまうのでご理解下さい。ジャンル的にはファンタジーもの日常系でギャグ枠でしょうか?主人公のライバル存在であるマオちゃんが主人公ユーシャ一同の女の子達を妨害するのですが、何故かデウスエクスマキナ(ご都合主義)展開で、逆効果になってしまうというのが一話の内容なのですが、日常系なのでおそらくそれが淡々と繰り返される作品になると思われます。キャラデザはゆるゆりで有名ななもり先生なので、デフォルメチックで可愛らしいです。とりあえず内容よりも可愛い女の子がワイワイしているのを見て和む日常系作品ですので、それらが嫌いな人は1話を見て切りましょう。

・1話を見た限りでは今後勇者パーティとして成長していくであろうユーシャ達4人を勇者にさせまいと奮闘するマオのストーリーと言ってもいい内容でした。ファンタジーとはいえ剣も魔法もおまけでキャラクター同時の掛け合いを楽しむのが正しい見方だと思います。えんどろ~!はキャラクター原案がなもりということで可愛らしいデザインですが、意外と露出の多いコスチュームなのが今どきのファンタジーらしいです。

・えんどろ~!第1話の冒頭から勇者一行が速攻で魔王を倒したというオチが展開されるという、アニメ慣れしている私の度肝を抜く話の構成でした。その第1話の冒頭も然ることながら、マオが主人公達の通う学校のクラスに担任教師として赴任する部分が秀逸でした。何と言っても、マオの正体が視聴者にバレバレであるというのが笑いを誘いました。

・いきなり最終回?な1話でしたが、ゲームのエンドロールに似せて作り込まれた感じも良いし、効果音も良かったです。これからいろいろな伏線回収がありそうで楽しみです。また、なんと言っても絵がかわいいです。ユーシャの声優さんがこみっくがーるずのかおす先生の声優さんと同じ方(赤尾ひかるさん)ですが、髪の毛がピンクでおっちょこちょいなど、共通点がたくさんあり、こみっくがーるずファンとしては嬉しいです。

・えんどろ~!で魔王が封印の技待ってくれるのは一周回って面白い。封印技は何か代償があるような口ぶりだったのに何も代償がなかったので、さっさと最初からやればよかったのでは突っ込んでしまった。エンドロールがしょっぱなに入るのはちょっと斬新な感じしました。1話中盤で明かされたこの物語の基本設定、視聴者がまおーさん側からの目線となるゆるい冒険ものというところが面白い設定だと思いました。ゆるくみていくならちょうどいい作品。

・勇者や魔法使いなどの冒険者が登場するアニメとしては、えんどろ~!はかなり異質なストーリーのアニメと思います。魔王を禁断の魔法で倒した勇者パーティーですが、時間が巻き戻りユーシャが冒険者学校で学んでいるお話がスタート。魔法が学校の先生として登場。学校のダンジョン探索の冒険実習でユーシャが勇者の剣を見つけてしまうというハチャメチャなストーリー。第1話では少し面白みに欠けると感じました。各キャラは可愛いので、今後各キャラが活躍していくことに期待です。


前評判通りのアニメえんどろ~!

アニメえんどろ~!、期待通りの作品という感想も

・キャラ原案がなもり、アニメのキャラクタデザインは飯塚晴子、監督はかおりと好きなスタッフが揃っていたのでえんどろ~!放送前から期待していたのですが、期待を裏切らない最高にカワイイアニメでした。また、かわいいだけでなく初回から魔王がタイムリープして勇者たちがまだ冒険者学校の頃に戻るなどシナリオの面でも先が気になるものだったので次回以降も楽しみです。


えんどろ~!人気のキャラは

アニメえんどろ~!でみんなが好きな人気キャラはこちら。

えんどろ~!:マオ

・魔王ちゃんが可愛かった。第一話をみるかぎり、一番まともと言うか、マシと言うか、頑張れと応援したくなるキャラクターでした。実は今後、魔王ちゃんが良きお助け役になったり、主人公たちを成長させうのに一役買ったりしてくれると言うのだったら嬉しい。雑な扱いにはしないで欲しいなぁ。

・マオがとても可愛くて気になるキャラです。未登場のローラ姫と対になっているイラストもあったので、なんとなくいじられ役になっていくキャラなのかなと思いました。ユーシャはじめとする一筋縄ではいかない勇者パーティよりも、うまくいかないながらも奮闘している元魔王のマオの方が共感できました。

・えんどろ~!はどのキャラクターも可愛くて声優さんの声もバッチリあってたのですが、一番気に入ったのは久野美咲さんの演じるマオです。冒頭の魔王姿からの時間をさかのぼって幼い姿になってしまったところのギャップですぐにやられました。

・えんどろ~!で気になるのはマオ。勇者達が通う訓練学校の教師ですが、正体は勇者を邪魔しようとする悪者です。よく教師として学校に潜り込めたものだなとツッコミたくなるような容姿とキャラクター性が面白いキャラクターです。見た目も小さくで可愛いので好きです。

・エルフ耳っ子好きなので外見ならセイラ、総合的には主人公達のライバルであるマオちゃんですね。ところでマオちゃん見た目幼女で言動も行動も可愛らしいのですが、前世はおと…まぁその辺に突っ込んだら野暮というものでしょうか?この手のアニメで説得力を求めるのは間違いなんでしょうが、マオちゃんの精神年齢が何故幼女化したのかさらっと説明してくれるとちょっと嬉しいですね。期待はしませんが。

・えんどろ~!のキャラですが現段階ではマオが気になります。未来では骸風の男の外見でしたが、なぜか過去では可愛らしい少女の姿をしているのが不思議です。今後ユーシャ達に様々な嫌がらせをしていくことでしょうが、恐らくだいたいが空回りしてユーシャ達と仲良くなっていくのではないかと思います。

・魔王のマオが個人的にはお気に入りです。女性的なプロポーションに頼らない、特に胸が大きくない女キャラというのが私の趣向と一致します。マオはそのおバカさ、ドジさ、短気さでもいいキャラを出していると言えます。

えんどろ~!:ユーシャ

・上記でも述べましたが、推しキャラはユーシャ(ユーリア・シャルデットです。おっちょこちょいでちょっとアホなところがかわいいけれど、とても勇気がありとても仲間思いな女の子です。赤尾ひかるさんの声が、ピンクのユーシャにぴったりです。

えんどろ~!:メイ

・メイ、彼女のだるくゆるい喋り方が好きですね。えんどろ~!の作品の中では魔法使いということですが、性格が不思議系な感じで、強くなさそうなところが逆にいいと思いました。あとカードの汎用性の高さもみていて面白いと感じたポイントの一つです。

・えんどろ~!で気になるキャラはメイです。ユーシャとセイラとファイとメイの4人がパーティーを作った理由が「魔王が開発した超非人道的魔法、はい、4人組作ってー」に正面から打ち勝ってパーティーを作ったというオチを担当してくれるなど面白そうなキャラと思いました。