荒野のコトブキ飛行隊アニメ感想!面白い?つまらない?戦闘機好きにはたまらない!キリエが人気!

荒野のコトブキ飛行隊アニメ感想評価

kouyanokotobuki_00

戦闘機好きにはたまらないアニメ、荒野のコトブキ飛行隊がスタートです。

CGと非CGを合わせた描写など、注目ポイントも多い荒野のコトブキ飛行隊。

あらすじも気になるアニメですね。

それではアニメ荒野のコトブキ飛行隊についてみんなの感想評価を見てみましょう。

関連記事はこちら


荒野のコトブキ飛行隊面白い?つまらない?みんなのアニメ感想

アニメ荒野のコトブキ飛行隊は面白いのかつまらないのか、みんなのアニメ感想はこちら。

・荒野のコトブキ飛行隊は作り込んである戦闘機がすごくかっこよかったです。最初はメインの少女たちがCGで、その他のほとんどのキャラたちは手描きだったため、ひどくアンバランスに感じていましたが、戦闘はそれを忘れるくらいに楽しめました。滑走路から始まる視点に高揚し、その後の戦闘はヒヤッとしたりドキドキしたりと忙しかったです。特に音がすごく良い仕事してました。

・最初に荒野のコトブキ飛行隊を知った時は「やれやれ、また戦争アニメか…」という第一印象でしたが、日常パートの掛け合いが非常に秀逸でした。日記のような平坦さではなく、人を惹き付ける語彙の豊富さ、切り口の意外さなどが、私の興味を引きました。料理を食べるシーンではパンケーキや肉料理が美味しそうに見えたため、そこも評価点です。

・荒野のコトブキ飛行隊はは、冒頭、アドルフォ山田くんたちがババ抜きをしていた所からスタートし、そのアドルフォ山田くんたちは、飛行隊のメンバーであり、その飛行隊のメンバーたちの物語となるのですが、基本的には女子たちのアニメであり、物語は「コトブキ飛行隊」と言う所が中心となります。物語の主人公はキリエさんで、そのキリエさんたちの部隊のコトブキ飛行隊と言う部隊だったけれど、空賊の襲撃から、そのキリエさんがギリギリ持ち応えて、空賊を撃破してから、その後、帰還し、帰還後墓参りに行っていたので、空戦で犠牲になった者に対しての追悼かな…って、思うものがありました。

・このアニメは友人に勧められてみてみました。ストーリー、キャラクター、作画などは問題なく、アニメ評価には厳しいと思う自分でも結構楽しめたアニメで今後どのような展開があるのかが非常に気になります。出来れば、熱い恋愛などもみてみたいのでこれからもみていこうと考えております。飛行機やメカニックなどが好きな方にオススメできると思ってます。

荒野のコトブキ飛行隊のCG感想は

荒野のコトブキ飛行隊のCGについてのい感想も寄せられていました。

・荒野のコトブキ飛行隊の原作を知らずたまたま見ましたが、ウエスタンな雰囲気の作品で良いと思いました。美少女達が飛行機を駆るという展開にはワクワクしました。CGを用いたアニメーション技術もすごいと思いました。 飛行機のエンジン音、発射された弾丸の着弾音がリアルで耳に新鮮な感じがしました。 女性キャラクターが可愛らしいと思いました。

・荒野のコトブキ飛行隊は登場する女性キャラクターが可愛いです。飛行機のエンジン音、弾丸の着弾音がリアルで迫力があるとおもいました。飛行機の挙動、エンジン音や風切り音などの音響、コクピット内でもパイロットの動き全て素晴らしい作品です。CGと原画が、うまく融合し非常に見応えのある作品に仕上がっているとおもいます。次回以降のあらすじも非常に楽しみです。

・荒野のコトブキ飛行隊はキャラクターにもCGを使ってるアニメでしたので少しばかり苦手意識がありましたが、それを気にさせない出来でした。キャラクターもそれぞれ個性があり特に良かったのは航空機のこだわりがすごかったです。チェック作業時の細かい動作、離陸前の機体の挙動などがしっかりと描写されていてスタッフさんは気合い入れているなーと感じました。まだすべてのキャラクターが出揃ってはいないのでこれからも楽しみな作品です。

・CGで作られれているので、これは好きな人と嫌いな人を分けるアニメだなと感じました。会話のテンポが早いので聞きやすいのでこういうリズムと雰囲気が好きな人はすごくハマると思います。CGの良さを活かして飛行機の部分は作り込んでいたのを一話では感じられたので、これが最後まで続いて欲しいな。荒野のコトブキ飛行隊の戦闘シーンは自然と見入ってしました。


荒野のコトブキ飛行隊は戦闘機好きじゃないとつまらない?

戦闘機好きじゃないと荒野のコトブキ飛行隊はつまらないかも、という意見感想も。

・戦闘機をまったく知らない人間にはつまらないアニメでした。空戦どころか戦闘機の解説すらなく、世界観もまだよくわからないのでどう楽しんで良いのかわかりませんでした。主要キャラクターはCGで表現されており、脇役は原画というよくわからないスタンスで制作されていますが、主人公であろうキリエの表情がコロコロ変わるのは良いのですがあまり可愛くないです。2Dと3Dを混ぜるならもうちょっと自然になるようにしてほしいです。

・レトロな戦闘機を描きましたと言わんばかりのメカシーンの多さや一人称視点からの描写。クリエーターの自己主張的な作品に感じました。戦闘シーンはメインキャストの女性パイロットたちが一方的に活躍するばかりで胃もたれしそうな内容でした。荒野のコトブキ飛行隊第1話だけ見るとストーリー性が全く感じられず、かなりがっかりな感じの作品に感じました。次回予告で街のシーンが描かれていたのでもう少しストーリー性のある作品になることを期待します。

荒野のコトブキ飛行隊気になるキャラは!

アニメ荒野のコトブキ飛行隊の気になるキャラについても聞いてみました。

・メインのキャラたちや副船長なども気になるのですが、元神父なのに戦闘に出ようとしている人が気になりました。祈りの言葉を忘れたと言いながら、ちゃんと祈ってあげている部分に人柄を感じました。今のところ一番背景が気になります。

荒野のコトブキ飛行隊:キリエ

・荒野のコトブキ飛行隊第1話では好きになるというほどのキャラはいませんでしたが、気になるキャラは、パンケーキが大好きなキリエです。その他のキャラの個性が低く、またストーリー性の感じられない第1話だったので特に他のキャラの気になる点が見つかりませんでした。

・私はキリエというキャラクターが気になります。ただのパンケーキが好きなおバカに過ぎないかと思えば、卓越した飛行機の操作能力と内なる激情を同時に持ったキャラクターであり、その意外と深みのあるキャラクターに驚きました。

・荒野のコトブキ飛行隊で気になるのは主人公のキリエさん。その主人公のキリエさんは、慈悲深い描写があり、そのキリエさんは、第1話の終盤、空戦での死者に対して墓参りをするシーンがあり、そこが慈悲深い描写だと思いました。その好きなものはパンケーキであり、そのパンケーキを食べる描写もあったのですが、飛行隊のメンバーとして、レシプロ戦闘機に乗って出撃準備する描写も多かったです。

・強いて言うならキリエですかね。正確な操縦と空間把握能力を持っており、機体の性能をきっちりと引き出すことが出来る非常に優秀なパイロットなんですけど、先走ってしまうところもあり、完璧ではないところに好感がもてました。今後の活躍が気になります。

・荒野のコトブキ飛行隊ではキリエが気になってます。はっきりとした性格と頭に血が上りやすそうなところとか冒頭にパンケーキをパクパク食べていたとことも可愛かったです。それとオペレーター三人娘が好みにストライクしかけてます。最後の方のシーンで三人が並んで話しているシーンがとても好きです。

・荒野のコトブキ飛行隊1話を見た限りでは全キャラに何か秘密がありそうですが、今の所はキリエが気になります。敵機のマーキングを見た途端無茶な追撃をしたり、恐らく墓であるような岩に手を合わせている描写から察するに復讐のために戦闘機に乗って居ると思われます。今後明らかになるであろう敵機の正体にも注目したいです。

・キリエ冒頭ではパンケーキ愛を語りながら美味しそうにパンケーキを頬張っていました。その様がとてもかわいらしいと思いました。一見すると間抜けな感じもする荒野のコトブキ飛行隊のヒロインですが、飛行機操縦の腕は大したものを持っているギャップがよいと思いました。

荒野のコトブキ飛行隊:ザラ

・全てのキャラに個性があり、好きなキャラを決めるのはとても難しいです。回が進むに連れて気になるキャラ、好きなキャラが決まってくるとおもいます。強いて挙げるならば、副隊長のザラが気になります。お酒が大好きというところが良いです。

荒野のコトブキ飛行隊:サネアツ

・バーテンの男の人が、軽快な突っ込むを入れていてそれがすごいよかった、しかも若干オネェ口調なのも面白い。何回か出てくれないかな。羽衣丸副船長サネアツも幸薄そうで、いい味のキャラだなと感じましたw。それとママとの掛け合いが笑えました。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です