後楽園刃物事件の犯人名前・会社・詳細な場所!動機は怨恨!被害者との関係は!

後楽園にて刃物で切りかかる事件発生

korakuen_00

2019年2月14日の午後8時過ぎ、東京都文京区にある地下鉄丸の内線後楽園駅前で、2人の男女が若い男にナイフで切りつけられる事件が発生。

突然の刃物切りつけ事件に周囲は騒然、被害者は命に別状はないものの、一人は顔に大怪我、もう一人も手などに怪我をしています。

事件の詳細について見てみましょう。


ナイフ切りつけ事件が起きたのは後楽園駅近くのどのあたり

文京区の丸の内線後楽園駅といえば文京区役所の前でラクーアとつながっている人通りも多い駅。

南北線も乗り入れており、東京ドームシティ最寄り駅である一方、周囲には高校・大学・会社も多く、通勤通学で混雑する駅でもあります。

今回事件が起きたのは後楽園駅の改札・切符売り場をでた歩道のあたり。

地図でいうとこちら。
korakuen_01

東京ドームの上にある後楽園駅、ローソンのマークの隣にある黒いマークのあたりになります。

見てわかる通り、東京ドームの間近であり、区役所など人が行きかう施設も近くにある通りです。

事件当時、現場が騒然としたのも頷けます。

後楽園ナイフ切りつけ事件の犯人の名前

今回の後楽園切りつけ事件の犯人の名前は金田隆志容疑者。

犯行後すぐに金田隆志容疑者は警察に逮捕されています。

金田隆志容疑者の勤務先会社

金田隆志容疑者の年齢は26才、職業は無職です。

しかし、以前に勤務経験があり、被害者男女ともその時に関係がありました。

その時の勤務先情報まで報道で発表されるかは怪しいですが、詳細わかり次第追記していきます。


後楽園刃物切りつけ事件犯人の動機は

金田隆志容疑者の犯行の動機ですが、怨恨が理由です。

近年、無差別の通り魔事件が多発していますが、今回はそうではありません。

だからといってこういう事件に関しての警戒を緩める理由にはなりませんので、何かあればすぐに逃げる、近くの人に助けを求めるという事は意識しておきたいですね。


金田隆志容疑者と被害者男女との関係は

金田隆志容疑者の犯行動機は怨恨ですが、以前被害者男女と同じ職場に勤めていました。

その時の関係・トラブルが原因で今回の事件に発展しましたが、その詳細は現在警察で取り調べ中です。

現在金田隆志容疑者が無職になっている事を考えると、被害者男女との人間関係・トラブルが原因で退職したこともありえそうです。

被害者男女ですが、顔に大怪我をおったのが66歳の男性、手などに怪我をしたのが58歳の女性です。

一般的な会社ではこれだけ年齢が離れていると間に管理職の人間が入りそうですがどうだったのでしょうか。

警察での調査詳細情報が気になるところです。

ナイフで切りかかり犯行に及ぶ程の理由がありそうですが、どんな理由であれ許される事ではありません。

金田隆志容疑者は「殺すつもりはなかった」と供述しているものの、一歩間違えれば被害者の命が失われていた可能性もあります。

金田隆志容疑者の犯行に及んだ経緯にも注目が集まるでしょうが、都内の人が集まるエリアでの防犯についてもさらに対応が求められる事になりそうです。

ましてや文京区の中心である区役所の前での事件ですので、区側も対策を出していく必要があるでしょう。

こういう個人の感情による突発的な事件は防ぎがたいのは事実です。

しかし来年にはオリンピックも開催されますし、より一層の防犯対策が求められていく事になりそうです。

関連の記事はこちら

セブンイレブンバイトおでんパクパク事件本名佐野泰雅の学校・住所・親情報

くら寿司不適切バイト動画損害賠償額はいくら!誰が払う?高校生なら許されるのかと物議!

池江璃花子選手がっかり発言桜田五輪担当大臣の全文!失言で辞職・存続どうなる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です