南青山の人間は冷たいですから!児童相談所反対派の過激発言一覧!賛成派もいるのか?

児童相談所に反対する南青山住民の最悪な発言

kids_1550791102

港区が南青山の児童相談所建設にあたって実施している近隣住民への説明会

8月に着工予定の児童相談所ですが、反対住民の過激発言に注目が集まっています。

とうとう「南青山の人間は冷たいですから」という南青山全体を巻き込んだ問題発言まで飛び出す始末。

一部の反対住民の過激発言が取り沙汰されているという意見もありますが、目に余る意見が飛び出しているのも事実。

世界の青山を自称しながら、世界の青山を自ら貶める過激発言の数々を見てみましょう。

関連の注目記事はこちら


児童相談所反対派過激発言一覧

「子供も習い事をたくさんしていて、レベルも高いです。もし(施設の)子達がお金ギリギリで(南青山の)青南小学校にいらっしゃるとなった時に、とてもついてはこれないし、とても辛い思いをされるのではないかと、むしろちょっと可哀そうなのではないかなと思います」

「騒音公害はどうなさるんですか。子供の声っていうのは本当によく響くんです。」

「(児童相談所の子供が)休日なんかに(外に)出ると、余りにも幸せな家族・ベビーカー・着飾った両親・カフェなどでお洒落にアレして(過ごして)いる。そういう場面と自分の家庭を見た時のギャップというのをどう思うか」

「ランチ単価が千六百円の所でなんで親が子供を施設に連れてくるんですか」

↓新過激発言↓
「児童相談所が開放的すぎて不安になるので高い塀で囲ってほしい」

「どうして他人の子供の面倒をみることができるのかわからない」

「南青山の人間は本当に冷たい」

南青山児童相談所の反対過激発言は本当に一部なのか?

南青山児童相談所建設についての反対過激意見は一部である、そこにばっかり焦点があたり困っている、という反対派の声もあります。

他にも土地の有効活用方法があるのだから検討すべき、という反対派の方々です。

一部の過激な連中が過激な発言をしているせいで、南青山みんながそう思われるのは心外、という意見ですね。

しかし我々からみたら、「本当にそう思うなら声を大にして世間に自分達の意見をもっと出していくべき」というもの。

そのための団体を立ち上げたり、webページを設置したり、やろうと思えばいくらでも手を打つ事はできます。

もし本当に事態を打開したいのであれば、ホームページ開設して住民の意見を第三者からも見える化し、町会・近隣住民の代表を通してメディアに周囲の意見を出します。

(そもそも私は賛成派なので、最低限の効果的な手段を打ち出せていない南青山反対派グループが面白くてしょうがありませんが)

普段は他の奴に言わせておいて、自分にマイクが向いたら「そこまで過激な事は思っていませんが、児童相談所についてはもっと検討してみては」と今さらながらのただの個人意見をぽつりと言う。

そんなのは独り言と変わりませんし、「お前何も考えていないだろ」と言われて当然でしょう。


失墜した南青山ブランド

今回の児童相談所の件で間違いなく南青山ブランドは失墜しています。

将来、今小学校に通っている子供たちが大人になった時に、こんなやり取りがされるかもしれません。

「自分、地元は南青山です」

「え?あの昔児童相談所設立でもめたとこ?マジで?もしかして親とか反対してた?」

「い、いや、うちは普通なんですけど」

「周り変な奴ばっかなんでしょ?なんか南青山ってみんなマジ冷たいらしいけど大丈夫?ちゃんと育った」

「あ、はぁ、まぁ」

そんな感じで南青山で育ったことが恥とみなされる可能性もあります。

もちろん過激発言をしているのはごく一部で、大多数がまっとうな意見を持つ大人だという事は外野としてもわかりますが、それを踏まえても今回の一件は世間に青山のイメージを悪く植え付けています。

南青山児童相談所反対派への世間の反応

そんな過激発言をする南青山の児童相談所反対派に対しての世間の反応はこちら。


本当に南青山に住む人はブランド人なのか

気になるのは南青山南青山と叫んでる反対派の地元住民は本当にブランド人なのかという事。

多くの国民が感じているのは、今回の児童相談所建設に反対するのが悪いのではなく、その発言や方法がどうなのかという事。

行政について地元の人間の声を出し、その上で話を進めていくのは何も悪い事ではありません。

それを説明会でギャーギャー叫ぶだけで反対運動になると勘違いしている、反対派住民の方はいかがなものなのでしょうか。

いろんな資料やデータを用意して、「例えばこういう事例があるからこういう対策が必要ではないか」と討論するわけでもありません。

ただ感情的に「ふさわしくない」「イメージに合わない」「青山の人間は冷たいから無理」と叫んでいるだけ。

複合商業施設を設立しては、という意見も一部あるようですが、「地価幾ら、周辺駅利用人数何万人の立地であればこれくらいの予算で建設し、年あたりどれだけの利用客と売り上げ・地域経済効果が見込める」など論理的に話をしていけばまだ賛同意見を得られそうなものですが、そういうアプローチすらない。

(あまり反対派の状況を打開するための意見は言いたくないのですがw)

私自身、青山に住むような方はある程度頭もよく成功している人が多いと思っているのですが、反対派に限ってバカばっかりなのでしょうか。

個人的な意見ですが、南青山を本当に愛し、ちゃんと物事を考えられる人が賛成派に多い事を祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です